DEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) EAST棟

  •   29, 2015 07:47
  •  0
  •  0
DEUX TOURS CANAL&SPA(ドゥ・トゥール)は東京都中央区晴海で建設中のツインタワー形式、総戸数1450戸、52階建て、高さ177.3mの超高層タワーマンションで2014年8月現在、ほぼ最上階を施工中でした。




◆過去の記事
→2014年4月29日投稿 DEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) EAST棟
→2014年8月22日投稿 DEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) EAST棟











■概要
・名称  DEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) EAST棟
・計画名 (仮称)晴海三丁目西地区A街区A2棟
・所在地 東京都中央区晴海3丁目102番
・階数  地上52階、地下1階建て
・高さ  177.3m
・構造  鉄筋コンクリート造、(一部鉄骨造) (免震構造)
・総戸数 1450戸 (その他SOHO216区画、店舗2区画)
・敷地面積 15,222.35㎡
・建築面積 10,073.63㎡
・延床面積 174,801.03㎡
・着工  2012年12月17日
・竣工  2015年9月下旬
・建築主 住友不動産
・施工  三井住友建設
・最寄駅 勝どき
(2014年12月30日撮影)










北側から見たDEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) EAST棟の様子です。







西側から見たDEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) EAST棟です。
ちなみに一番奥の完成済みのタワーマンションはベイシティ晴海 スカイリンクタワー(49階建て、高さ168.95m)です。






南側から建設中のDEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール)を見上げると、まさに建設ラッシュという感じでかなり迫力がありました。
晴海には東京オリンピックで選手村ができるのでさらに開発が勢いづくと思われます。





近未来的な都市景観が形成されつつも、建物による圧迫感も感じず、ヒューマンスケールに調節されてなかなか良い感じです。







天空に向かってツインタワーが伸びていきます。
こうした大規模な超高層マンションの建設を見ていると何かもの凄いエネルギーというかパワーを感じますね!






東側から見上げたDEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) EAST棟です。







運河沿いの遊歩道と連続したスカイデッキなどのデッキも工事が進んでいました。
ちなみに低層棟には様々な共用施設、EAST棟の2階にはスパ(温泉)ができ、エントランスやロビーのある部分の屋上には樹木などが植えられ、ヒートアイランド現象を抑える効果があるようです。







中間免震層の免震装置である積層ゴムです。
この DEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール)は基礎免震と中間免震の2つの免震層があり、ダブルで地震の揺れを低減するようです。
ほかにも溶接閉鎖型帯筋という鉄筋の組み方が採用されたり、通常のコンクリートの最大5倍の強度の高強度コンクリートが採用されていたりします。





DEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) EAST棟にも斜めになった柱がありました。
こういう不思議なデザインは見ていて楽しいですね。







ツインタワーのDEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) と先行開発されたベイシティ晴海 スカイリンクタワー(49階建て、高さ168.95m)。






晴海大橋から見たDEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール)です。
写真左側の埠頭には東京オリンピックの選手村が17階までの中高層住宅と50階建ての超高層マンション2棟が建設されます。








最後はカレッタ汐留から見たDEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール)の夜景です。


整理番号B-0100-03
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment