(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画

0 0
(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画は愛知県名古屋市中区にある劇場の御園座再開発計画で老朽化した御園座のビルを積水ハウスが分譲マンションと劇場に再開発し、竣工後、低層部分に再度御園座が入居する予定です。





◆過去の記事
→2014年3月16日投稿 (仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
→2014年7月13日投稿 (仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画














■概要
・名称  (仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
・所在地 愛知県名古屋市中区栄1丁目6番14
・階数  地上40階、地下1階建て
・高さ  160m、(軒高150m)
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
・総戸数 430戸
・敷地面積 4,831.90㎡
・建築面積 3,649㎡
・延床面積 56,499㎡
・着工  2015年3月31日予定
・竣工  2017年度末予定
・建築主 積水ハウス
・施工  鹿島建設
・最寄駅 伏見
(2014年11月15日撮影)













建設通信新聞から拝借した外観完成予想図です。
現在はただの中層ビルですが立て替え後に劇場の入る低層部分は和風のデザインになり今よりも劇場っぽくなるようです。
ちなみに伏見通沿いから見た図なので東側の外観になります。






南西から見た(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画、御園座会館の様子です。
ビル全体が仮囲いに覆われて解体工事の真っ只中でした。








北西側から見た(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画です。







バリバリと轟音を立てながら御園座会館は解体されていきます。












ミッドランドスクエア展望台から見た現在の御園座の様子。
橙色の日土地名古屋ビルと白色のビルのヒルトン名古屋の間の辺りに40階建ての御園座再開発ビルが建ちます。




整理番号B-0050-03
ページトップ