横浜市市庁舎移転新築工事

横浜市市庁舎移転新築工事は神奈川県横浜市中区本町で建設中の32階建て、高さ155mの超高層ビルで、市役所執務室や議場、商業施設などが入る計画となっています。

フロア構成は地下が駐車場、1から3階は商業施設、3階にグランドロビーと総合受付、3階から8階は議場となっており、8階より上は市役所が入ります。
ちなみに31階にあるレセプションルームはパーティー等も開ける大きな部屋となる模様です。




◆参考資料、引用元
横浜市 新市庁舎整備について




◆過去の記事
→2017年3月5日投稿 横浜市市庁舎移転新築工事












■概要
・名称  横浜市市庁舎移転新築工事
・所在地 神奈川県横浜市中区本町6丁目50番地10
・階数  地上32階、地下2階建て
・高さ  155.4m
・構造  鉄骨造 (コンクリート充填鋼管造)、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
・敷地面積 13,155.38㎡
・建築面積 約8,080㎡
・延床面積 140,700㎡
・着工  2017年8月1日
・竣工  2020年5月29日
・建築主 横浜市
・設計  竹中工務店
・施工  竹中・西松建設共同企業体
・最寄駅 馬車道、桜木町
(2016年9月7日撮影)






建築計画の概要板です。









南側から見た建設中の横浜市市庁舎移転新築工事の様子です。
建物東側にはみなとみらい線の馬車道駅へ通じるアトリウム空間が整備されるようです。










仮囲いの覗き窓から中を見ると、基礎工事や杭・構真柱工事を行っていることがわかります。
全てで約120本の杭が打ち込まれる計画で、杭を打ち込んだ後で地上階と地下階を同時に施工する逆打工法が採用されています。







仮囲いに貼られていた北西側の外観完成予想図です。
手前側、低層階には店舗などの商業機能が入る計画となっています。
壁面緑化や角ばったガラス張りの窓など、特徴的な外観ですね。


整理番号B-0495-02

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

きりぼう

Author:きりぼう
超高層ビル、沿線開発、都市開発巡りをしております、きりぼうです。

このブログでは主に、超高層ビルをメインとして、都市開発、鉄道高架化事業、都市景観、区画整理事業、風景写真を載せていこうと思ってます。

よろしくお願い致します。


Profile:
・22歳男子大学生
・愛知県瀬戸市在住
・瀬戸西高校→愛知淑徳大学 建築4
・趣味は写真、散歩
・性格は優しめの職人気質
・好きな食べ物は焼きそば、ラーメン、甘い物

最新記事

名古屋(名駅、栄、伏見etc.)の超高層ビルを含む再開発 MAP 2017秋進行中の開発情報 Nov 24, 2017
栄タワーヒルズ Nov 23, 2017
ロイヤルメドゥ香里園タワー Nov 22, 2017
住友不動産御成門タワー Nov 22, 2017
錦二丁目7番第一種市街地再開発事業 Nov 21, 2017
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト Nov 21, 2017
中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。) Nov 20, 2017
Tステージ岡崎ウイングタワー Nov 20, 2017
プレミスト千早タワー ツインマークス エアタワー Nov 19, 2017
アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 Nov 19, 2017

カテゴリ

PR

PR

賃貸物件

PR

老人夫婦

閲覧者数 2016.03.25-