リニア中央新幹線 岐阜県駅(美乃坂本駅)

2027年にリニア中央新幹線が品川から名古屋間を最速40分で結ぶ計画となっています。
リニア中央新幹線の岐阜県駅は中津川市千旦林地区(せんたんばやしちく)のJR中央本線美乃坂本駅に近接して設置されるリニア中央新幹線の中間駅で神奈川、山梨、長野、岐阜の4県に設置されるリニア中央新幹線の中間駅の一つとなります。





◆参考資料、引用元
岐阜県リニア中央新幹線活用戦略研究会基盤整備部会 リニア岐阜県駅周辺整備概略設計
中津川市  リニア駅周辺整備課














リニア中央新幹線岐阜県駅との乗換駅となるJR中央本線美乃坂本駅です。
美乃坂本駅は一日平均乗降客数2,716人の小さな駅ですが、両隣は恵那駅と中津川駅に挟まれており、将来的には両隣の駅と同じような規模になるのではと思います。







現在の美乃坂本駅駅舎です。
完成予想図を見ると、美乃坂本駅の駅舎もガラス張りの橋上駅舎に建て替えられるようです。










リニア中央新幹線岐阜県駅建設予定地付近の現在の様子です。
奥の集落、手前側の田園地帯に高架駅舎が建設されます。









参考資料から拝借したリニア中央新幹線岐阜県駅の計画平面図です。
リニア中央新幹線は全席指定席で新たな販売システムで予約購入となるため、切符売り場を設けません。
他にも駅の改札口は1カ所で、待合室なども設置せず、営業専任要員も配置しないようです。
恐らく、駅ナカ商業施設や電車待ちのための休憩施設は地元で出店、営業してくださいとのことだと思います。








駅周辺はリニア駅周辺土地区画整理事業として区画整理が行われるようで、参考資料から区画整理計画図を引用してきました。









参考資料から拝借したリニア中央新幹線岐阜県駅とJR中央本線美乃坂本駅の航空写真です。








リニア中央新幹線岐阜県駅建設予定地付近を流れる千旦林川です。
「清流の国ぎふ」とのことで、ちょうどこの反対側付近に駅前広場から通じる親水公園ができるようです。
自然豊かな立地を活かし、真夏の暑い日に川遊びのできるような空間ができれば良いですね。









千旦林川付近にはリニア中央新幹線の建設予定地であることを示す標識も立っていました。








この付近には新たに整備される幹線道路(2車線)から駅前広場へ通じる道路との交差点ができる計画です。

2車線では足りないのではという意見をインターネット上で見かけましたが、各地域や集落からバスでアクセスすることにより渋滞は減らすことができます。
また、リニア中央新幹線岐阜県駅は各駅停車しか止まらないため、恐らく、1時間に1本か2本程度の本数かと思いますのでバス便もそれに合わせて運行すれば問題ありません。







リニア中央新幹線岐阜県駅と駅前ロータリー、美乃坂本駅への乗り換えのための連絡通路です。









北側から美乃坂本駅を見た様子です。
この付近が親水公園とロータリーになります。
計画では駅前の賑わい創出施設が連絡通路に隣接して約1,400㎡割り当てられています。
わりと小さめの施設になりそうなので、周辺の土地に商業施設が集積し、中津川市や恵那市から常時人が訪れるような施設、都市となって欲しいものですね。








リニア中央新幹線岐阜県駅予定地北側は田園地帯が広がります。
農業体験施設やこの地の歴史を学べるような資料館のほか、豊かな自然を活かしたレクリエーション施設ができ、川沿いでBBQなどができるような街になって欲しいものですね。








山沿いには集落があります。
集落には倉のある住宅も数多く残っており、ここ数百年間変化が殆ど無さそうな場所です。

今までは名古屋へ中央本線の快速で1時間10分程かかっていたものが、リニア中央新幹線が開通することにより、13分でアクセス可能になります。また、今までは眼中にすらなかったと思われる東京は58分でアクセス可能です。
恐らく、この周辺は天と地がひっくり返るくらい激しく変化することでしょう。








この真上にリニア中央新幹線岐阜県駅ができます。
名古屋駅まで13分ということで、駅周辺や中央本線沿線の東濃地域には工場の立地が進むものかと思われます。
名古屋に本社や支社機能を構え、東濃地域に工場を構えることにより、高速道路(貨物輸送)、鉄道(貨物、通勤輸送等)、リニア中央新幹線(業務関連での利用)の三種類の交通機関の軸が日本経済を支える国土軸へと変化するかもしれません。









美乃坂本駅北東側の現在の様子です。
耕作されていない荒れ地も点在していますが、このような駅に近い場所を開発し、駅から離れた工業団地や住宅ニュータウンから工場や住宅を移転させることができれば、自動車利用距離も短縮し排気ガス削減になるだけでなく、必要とされる道路の距離も短くなるため舗装を剥がしてアスファルト面積も減らすことができます。

温暖化対策のみならず、インフラ整備にかかる費用や税金も削減できるためこうしたコンパクトシティ化は今後必須となります。
また、今まであった駅から離れた工業団地やニュータウン跡地は緑化することで緑地面積増加も望めます。










殆ど田園地帯の写真ばかりでしたが、あと10年後に一つの街ができているとは到底思えないような場所で、今後の変化に注目ですね。
昔、こち亀の漫画で寺井家がマイホームを購入して「ここがこうなる」といって田舎が大都会になる予想図を見た記憶がありますが、まさにそのような感じの場所でした。



整理番号 リニア中央新幹線 工事進捗0005-01

スポンサーサイト

コメント

No title

恵那市と中津川市合併して
中心部を坂本にしたほうがいいのかも?


恵那と中津川は更に過疎化しそうな気はしますね。

Re: No title

個人的にも美乃坂本を中心にした方が色々と便利かと思いました。
中央線沿いの東濃地域に大規模な工場が次々と建てば、通勤輸送のための電車の本数も増えますし、鉄道だけでなく高速道路もあるので貨物や物流の面でも優れています。
多治見から南木曽、阿智・飯田までベルト状に国の政策で開拓し、工業や農業などの産業を集積してもらいたいところです。

No title

恵那・中津川の新中心にするという考え方もなかなか興味深いですね。ただ旧市街地の衰退を考えると複雑ではあります。
私としては東京と大阪の中間でもありますし、恵まれた自然環境もある事から工業地団地よりも公民・日本内外・大学企業・基礎応用を問わず様々な研究機関を集積した国際的な研究都市を目指すのも佳いかと思います。また工場にしても医薬などの先端分野に特化して国際的な競争力を持った方が将来性も高いかと。
また東農の新中心市街を創り上げるのでしたら中国やドイツ等で計画・建設が進められている極めて先端的な環境都市に匹敵するモノを創るべきだと思います。交通は現行のモノのみならず都市内はLRT、名古屋へのアクセスは名鉄瀬戸線の延伸(栄~神宮前新線と空港乗り入れセット)が必要かと。また物流もなるべく鉄道を重視したものにすべきかと思います。

Re: No title

仰る通り、個人的にも学術研究都市にする方が良いかもしれないと思いました。
東濃地域につくばを超えるような新たな研究都市を創造して、工業の豊田(三河)方面へ新たに鉄道や高速道路を敷いて連携を行い、名古屋方面へはJR中央線、名鉄瀬戸線(東濃へ延伸)を行ってこちらも沿線開発を行い、名古屋通勤圏、都市圏の広域化を図り、中枢都市名古屋の発展を支えてもらいたいものです。

また、学術研究都市につきましては、仰る通り、医薬などの最先端産業を中心として、ICTや情報関連産業、ロボット工学などこれからの時代を支える新たな産業を国策で集積させることができればと思います。

No title

うーん
そこまでの規模の開発はなかなか難しそうではありますね。

もう少し規模の小さい話で人を呼んで発展する方法としては
都会からの移住者(田舎に憧れる都会育ちの人)には東京へ30分ほどで出られますし、車を使えば自然豊かな場所もすぐです。

観光地への拠点とする。
馬籠、妻籠等へのアクセス拠点として
車で行く人が多いですが、外国人観光客などは電車の人も多いですし、リニア自体も観光になる。
大正村なんかも整備して明智鉄道にSLを定期運航させる。
恵那も中継地点として(ry


敵はお堅いJR東海
営業かけて行かないといけません。

これぐらいかな?

坂本を利用する人が増えたら自然と周辺の中津川に住もうかとか
恵那に住もうとかって人も増える…かも(笑

No title

目指す処、対抗する場所は「つくば」というより『シリコンバレー』にすべきではないでしょうか。最高の研究環境だけでなく起業しやすい条件(連帯保証人制度など以ての外)も整えて内外の最高度の人材を集めるべきかと。

Re: No title

そうですね、やはりそこまでの規模は厳しいですよね。
現実的なものとしては観光拠点として機能し、田舎に住みたい人が周辺で生活するイメージでしょうか。

Re: No title

シリコンバレー、そうですね!
日本国内にも世界的な学術研究機関があると日本の大学レベルも上がりますし、産業も栄えますよね。
何とかそういう場所を創れないものなんでしょうか。


No title

結局はハイリターンに繋がる新しい何かを生み出す際のハイリスクを許容できるかの政治的決断が必要ですね。経済的を重視するとローリスクですがリターンもローの可能性が高いので。

Re: No title

なかなか難しいですが、日本の発展に繋がるような世界的な機関や学術研究都市を誘致できたら良いですよね。

No title

もし攻めの大規模開発するんでしたら
このあたりを包括的に見る政治的な期間が必要ですよね。
岐阜県では大きすぎますし(岐阜市なんて名古屋圏の西の端ですし)
市単位では小さすぎますし
中津川恵那市多治見市あたりにもまたがりますし
非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

きりぼう

Author:きりぼう
超高層ビル、沿線開発、都市開発巡りをしております、きりぼうです。

このブログでは主に、超高層ビルをメインとして、都市開発、鉄道高架化事業、都市景観、区画整理事業、風景写真を載せていこうと思ってます。

よろしくお願い致します。


Profile:
・22歳男子大学生
・愛知県瀬戸市在住
・瀬戸西高校→愛知淑徳大学 建築4
・趣味は写真、散歩
・性格は優しめの職人気質
・好きな食べ物は焼きそば、ラーメン、甘い物

最新記事

名古屋(名駅、栄、伏見etc.)の超高層ビルを含む再開発 MAP 2017秋進行中の開発情報 Nov 24, 2017
栄タワーヒルズ Nov 23, 2017
ロイヤルメドゥ香里園タワー Nov 22, 2017
住友不動産御成門タワー Nov 22, 2017
錦二丁目7番第一種市街地再開発事業 Nov 21, 2017
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト Nov 21, 2017
中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。) Nov 20, 2017
Tステージ岡崎ウイングタワー Nov 20, 2017
プレミスト千早タワー ツインマークス エアタワー Nov 19, 2017
アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 Nov 19, 2017

カテゴリ

PR

PR

賃貸物件

PR

老人夫婦

閲覧者数 2016.03.25-