AKASAKA K-TOWER(赤坂Kタワー)

AKASAKA K-TOWER(赤坂Kタワー)は東京都港区元赤坂に建つ30階建て、高さ157.93mの超高層ビルで、鹿島建設旧本社ビルの再開発として建設され、柱梁部分を白と濃灰色を基調とする洗練された建物であった外観デザインを継
て、最新のアウトフレーム構造に反映させているようです。
ちなみに26階から30階には高級賃貸マンションである「AKASAKA K-TOWER RESIDENCE」が入居しています。






DSC01409.jpg






■概要
・名称  AKASAKA K-TOWER(赤坂Kタワー)
・所在地 東京都港区元赤坂1丁目2番7
・階数  地上30階、地下3階建て
・高さ  157.93m
・構造  鉄筋コンクリート造、鉄骨造 (制震構造)
・総戸数 44戸(AKASAKA K-TOWER RESIDENCE)
・敷地面積 5,121.21㎡
・建築面積 2,310.03㎡
・延床面積 53,777.03㎡
・着工  2008年12月
・竣工  2012年1月
・建築主 鹿島建設
・施工  鹿島・鉄建建設共同企業体
・最寄駅 赤坂見附、永田町、赤坂
(2016年3月15日撮影)





東側から見上げたAKASAKA K-TOWER(赤坂Kタワー)の様子です。








AKASAKA K-TOWER(赤坂Kタワー)はダブルアウトフレームが特徴的で耐震性を高めるだけでなく、アウトフレームにより室内へ注ぐ直射日光を防ぐことによって冷暖房の効率向上から環境負荷を減らすこともできるようです。
最も外側のフレームは2フロア分で1層となっているので実際よりも建物高さが低く感じる錯覚を起こします。







北側から見たAKASAKA K-TOWER(赤坂Kタワー)です。
黒と白のコントラストの美しさと入り組みながらもシンプルな形状の柱の構成から和の趣も感じられる外観となっています。
設計から建設まですべて鹿島建設で行い、2012年にはグッドデザイン賞も受賞しています。







構造美を重視して建物の構造体を見せる工夫をしたため、制震ダンパーもアウトフレームに取り付けられていることを確認できました。









エントランス部分はエメラルドグリーンのガラスの箱のような感じで透明感抜群でした。






地上には公開空地が設けられ、数多くの木々が植えられています。



整理番号B-0411-01

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

きりぼう

Author:きりぼう
超高層ビル、沿線開発、都市開発巡りをしております、きりぼうです。

このブログでは主に、超高層ビルをメインとして、都市開発、鉄道高架化事業、都市景観、区画整理事業、風景写真を載せていこうと思ってます。

よろしくお願い致します。


Profile:
・22歳男子大学生
・愛知県瀬戸市在住
・瀬戸西高校→愛知淑徳大学 建築4
・趣味は写真、散歩
・性格は優しめの職人気質
・好きな食べ物は焼きそば、ラーメン、甘い物

最新記事

(仮称)中区錦一丁目計画Ⅱ Nov 25, 2017
学校法人東京医科大新大学病院棟 Nov 25, 2017
名古屋(名駅、栄、伏見etc.)の超高層ビルを含む再開発 MAP 2017秋進行中の開発情報 Nov 24, 2017
栄タワーヒルズ Nov 23, 2017
ロイヤルメドゥ香里園タワー Nov 22, 2017
住友不動産御成門タワー Nov 22, 2017
錦二丁目7番第一種市街地再開発事業 Nov 21, 2017
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト Nov 21, 2017
中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。) Nov 20, 2017
Tステージ岡崎ウイングタワー Nov 20, 2017

カテゴリ

PR

PR

賃貸物件

PR

老人夫婦

閲覧者数 2016.03.25-