(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事

(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事は神奈川県横浜市西区南幸の「横浜CIAL」と「横浜エクセルホテル東急」跡地を再開発して建設中の26階建て、高さ132.264mの超高層ビルで、横浜駅西口の駅舎兼駅ビルとなります。





◆過去の記事
→2015年9月18日投稿 (仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
→2016年12月29日投稿 (仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事












■概要
・名称  (仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事 駅前棟
・所在地 神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番2他
・階数  地上29階、地下3階建て(駅前棟)、地上9階(鶴屋町棟)
・高さ  132.264m(駅前棟)、最高部約31m(鶴屋町棟)
・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 8,675.17㎡
・建築面積 7,251.14㎡
・延床面積 97,454.82㎡
・着工  2015年10月19日
・竣工  2020年3月31日予定
・建築主 東日本旅客鉄道
・設計 ジェイアール東日本建築設計事務所
・施工  竹中工務店
・最寄駅 横浜
(2017年3月18日撮影)













北側から見た建設中の(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事の様子です。
超高層ビルとなるのは敷地北側半分で、写真の場所には商業施設が入り、6階と12階には屋上広場が整備されます。







超高層ビルの建つ敷地北東側です。
超高層が建つ側も鉄骨立方が始まりました。



整理番号B-0357-03
スポンサーサイト

シティタワー東梅田パークフロント

シティタワー東梅田パークフロントは大阪府大阪市北区野崎町で建設中の地上30階建て、高さ107.68m、総戸数490戸の超高層タワーマンションです。













■概要
・名称  シティタワー東梅田パークフロント
・所在地 大阪府大阪市北区野崎町26番1
・階数  地上30階、地下1階建て
・高さ  107.68m
・構造  鉄筋コンクリート造、(一部鉄骨造)
・総戸数 490戸
・敷地面積 4,944.12㎡
・建築面積 2,650.41㎡
・延床面積 49,818.03㎡
・着工  2016年6月中旬頃
・竣工  2019年1月上旬予定
・建築主 住友不動産
・設計  前田建設工業
・施工  前田建設工業
・最寄駅 扇町、南森町、東梅田、大阪天満宮
(2017年3月3日撮影)









現地仮囲いに設置されている完成予想図です。
横方向に長く、フロア数は30ですが延床面積がかなり広くなっています。


 



公開空地のガーデンフォレストの完成予想図です。
人工的な直線で区切られた植栽が特徴的ですね。








西側から見たシティタワー東梅田パークフロントの建設地です。



整理番号B-0505-01

名鉄 名古屋駅地区再開発

名鉄 名古屋駅地区再開発は愛知県名古屋市中村区名駅の名鉄名古屋駅直上、名鉄百貨店本店、近鉄パッセ、名鉄バスセンター・名鉄百貨店メンズ館、ヤマダ電機LABI名古屋(三井不動産所有ビルとの情報あり)、名鉄レジャック、日本生命笹島ビルの合計6棟、南北長さ約400mを再開発し、30階建て程度、高さ約180m、全長400mの超高層ビルに建て替える計画です。

利便性の高いターミナル機能の形成を図るとともに、南北に長い敷地特性を活かし、まちに開かれ、まちと一体となって賑わいを創出することにより、再開発エリアの価値最大化を目指すとのことで、商業、オフィス、ホテル(近鉄もホテル進出検討)、レジデンスを中心とした用途を、適正規模で効率的に配置するようです。

また、名鉄名古屋駅は、面的にも機能的にも拡張し、利便性の向上を図り、名鉄バスセンターは、高速路線バスの集約化も可能とする機能・規模を確保し、利便性の向上を図ることが今回の計画発表で示されました。





◆参考資料、引用元
名古屋鉄道株式会社 名鉄名古屋駅地区再開発全体計画
流通ニュース 名鉄/名古屋駅地区再開発、全体計画公表
CBCテレビ 名古屋鉄道の名駅エリア再開発計画を公表




◆過去の記事
→2014年12月28日投稿 名鉄名古屋駅ビル(名鉄百貨店)再開発計画




meitetusaikaihatu.jpg





■概要
・名称  名鉄 名古屋駅地区再開発
・所在地 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目2番
・階数  30階建て程度
・高さ  約180m
・構造  -
・敷地面積 約28,000㎡
・建築面積 -
・延床面積 -
・着工  2023年予定
・竣工  2027年予定
・建築主 名古屋鉄道、近畿日本鉄道、三井不動産
・施工   -
・最寄駅 名鉄名古屋、近鉄名古屋、名古屋
(2017年1月撮影)









再開発されるヤマダ電機LABI名古屋、名鉄百貨店メンズ館(名鉄バスターミナルビル)、近鉄パッセの現在の様子です。
名鉄バスターミナルビルは日本初の本格的なバスターミナルで、1967年の竣工当時は世界最大規模であったようです。
高層階11階から18階には名鉄グランドホテルが入居しており、現在のビルの高さは64.1mとなっています。
DSC09701.jpg






現在、バスターミナルが3階と4階に入り、5階と6階には名鉄スカイパーキングという駐車場があります。
そのため、途中、道路をまたぐ三層の高架道路があります。
DSC02123.jpg







笹島交差点南西側の名鉄レジャック、日本生命笹島ビルも解体され、一体的に再開発されます。
DSC09706.jpg




現在の笹島交差点付近の様子です。
後ろ側に名古屋名物ナナちゃん人形がいます。
現在は道幅が狭く、ささしまライブの愛知大学やZepp、名駅南部の予備校へ向かう学生や若者で大混雑しています。
この混雑を賑わいとして活かし、全長400mの商業施設の内部または商業施設沿い(外部)を移動できるような構造になればと思います。
DSC00525.jpg






再開発によって建設されるのは新しい超高層ビルだけではありません。
迷駅こと名駅の複雑さの象徴である名鉄名古屋駅も整備されます。
面的にも機能的にも拡張し、利便性の向上を図る旨や、ニュースなどからは空港特急(ミュースカイ)専用ホームの増設や2面4線化などが検討されていることが伺えます。
JRや地下鉄、近鉄との兼ね合いもあるターミナルスクエアの整備状況に応じ、改札口の設置や駅拡張の詳細を決定する予定だそうです。

広さや長さを考えると6番線(3面6線)くらい造れそうな気もしますが、どうなんでしょうか。
個人的には名鉄本線、名鉄犬山・常滑線、空港特急でホームが分かれていると分かりやすいかと思いました。
meitetusaikaihatu2.jpg





Google Eathを用いて名鉄 名古屋駅地区再開発完成時の景観シミュレーションをしてみました。
かなり巨大な超高層ビルで、イメージとしてはルーセントタワーを横に5つ前後並べたものと同じくらいです。

3棟の超高層ビルを庇で接続しているデザインですが、個人的にはマリーナベイサンズのように完全な分棟型の方でも景観上は良かったのかなと思います。
ただ、壁のような超高層ビルは日本国内にかなり少なく、斬新で、東京や大阪が高さ競争に明け暮れている中、日本の超高層建築界に新たな風を吹かせてくれました。
屋上には広大な緑地空間を有する屋上庭園もでき、名古屋都心に新たな憩いの空間が創出されるようです。

それにしてもこれほどまでに巨大な規模で計画が発表されるとは思いもよらず、驚きました。
今後、名駅のみならず栄や伏見、金山、大曽根等の都心や名古屋市外の郊外都市でも再開発が盛んに行われ、都市の拠点整備が進められ、賑わいを創出できればと思います。
meitetu00001-tile.jpg

整理番号B-0272-02

サクランド岩倉 エムズシティ岩倉ステーションタワー ノース棟

サクランド岩倉 エムズシティ岩倉ステーションタワー ノース棟は愛知県岩倉市本町神明西の名鉄犬山線岩倉駅東側に建つ17階建て、高さ60m、総戸数98戸の高層マンションで、岩倉駅東地区北街区市街地再開発事業によって建設されました。
住居はノース棟とサウス棟の2棟が建設され、低層部分は1階に商業施設(スーパーマーケットバロー岩倉店など)、2階に公益施設、地下に駐輪場が整備されています。





DSC00070.jpg







■概要
・名称  エムズシティ岩倉ステーションタワー ノース棟
・所在地 愛知県岩倉市本町神明西20番
・階数  地上17階、地下1階建て
・高さ  60m
・構造  鉄筋コンクリート造、(一部鉄骨造)
・総戸数 98戸(ノース棟60戸、サウス棟28戸)
・敷地面積 5,668.07㎡
・建築面積 4,409.26㎡
・延床面積 23,289.12㎡
・着工  2008年
・竣工  2009年10月 10日
・建築主 名鉄不動産
・設計  アール・アイ・エー
・施工  鴻池組
・最寄駅 岩倉
(2011年11月4日撮影)






北側から見上げたエムズシティ岩倉ステーションタワー ノース棟の様子です。
北東側にエレベーターと鉄骨屋外階段が設置されています。








敷地南側に9階建てのエムズシティ岩倉ステーションタワー サウス棟が建ち、目の前には岩倉駅の駅前ロータリーがあります。








低層部分にはスーパーマーケットバローが入ります。
駅前再開発の規模としてはコンパクトな再開発でスーパーマーケットも規模が小さめです。







エムズシティ岩倉ステーションタワー ノース棟のエントランスです。
植栽が無いというのが惜しいですが、黒系の色の壁に白色のマンション名称が浮かび上がる点や出入口のみガラス面である点がデザイン面で美しいと思いました。







敷地北側には立体駐車場があります。







岩倉駅西口から見たエムズシティ岩倉ステーションタワーです。
岩倉駅は名鉄名古屋駅から名鉄犬山線快速特急で11分(急行14分、普通21分)の場所にあり、一日平均乗降客数23,764人となっています。

元々は犬山線で最も利用者の多い駅で1日に3万人以上の利用があった年もありましたが、近年は江南駅に抜かれ、減少傾向にありました。
この再開発が完了した2009年からは年々利用者も増加し、4年間で800人ほど増加しています。







ミッドランドスクエアから見たエムズシティ岩倉ステーションタワーです。
周辺に高層マンションは少ないので日当たりや展望が良さそうですね。
名古屋市外の郊外駅前であれば、開放的な居住環境が確保できそうです。
DSC00808.jpg



整理番号B-0506-01

赤坂インターシティAIR

赤坂インターシティAIRは東京都港区赤坂のアメリカ大使館北側で行われている再開発で、37階建て、高さ200.58mの超高層ビルが建設されます。
ビル名称の赤坂インターシティAIRのインターシティは“都市を結ぶ”に由来する、新日鉄興和不動産の大規模複合型オフィスビルのフラッグシップブランドで、AIRは事業コンセプトである「世界から選ばれる国際都市東京の顔へ」に相応しく、緑豊かな街の雰囲気や空に伸びゆく建物のイメージから来る名称となったようです。






◆参考資料、引用元
赤坂インターシティair 公式サイト




■過去の記事
→2014年10月21日投稿 赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
→2015年6月26日投稿 赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
→2015年12月5日投稿 赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
→2016年5月19日投稿 赤坂インターシティAIR
→2016年9月13日投稿 赤坂インターシティAIR










■概要
・名称  赤坂インターシティAIR
・所在地 東京都港区赤坂1丁目5番の一部、6番、8番、9番の一部
・階数  地上37階、地下3階建て
・高さ  205.08m
・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
・敷地面積 16,088.32㎡
・建築面積 7,130.00㎡
・延床面積 178,328.01㎡
・着工  2014年9月9日
・竣工  2017年8月31日日予定
・建築主 赤坂一丁目地区市街地再開発組合(新日鉄興和不動産)
・施工  大林組
・最寄駅 六本木一丁目、赤坂、国会議事堂前
(2017年2月17日撮影)














北側から見上げた赤坂インターシティAIRの様子です。手前は首都高速都心環状線の高架で撮影場所は溜池交差点です。







低層階の様子です。
エントランス付近のピロティ空間も施工が進んでいます。
低層階のフロア構成は地下に地下鉄駅直結の連絡通路、1階に全体のエントランス、2階にオフィスエントランスロビー(二層吹抜)があり、地下1階から地上5階までのフロアがワーカーサポートフロアとして、カフェやレストラン等の飲食店、小売店、コンファレンス施設、クリニックモール、託児施設の入る計画となっています。









東側から見た赤坂インターシティAIRの様子です。
撮影したこの場所、米国大使館前という交差点で、自分が写真を撮った際に警察から「大使館(赤坂インターシティAIR南側の建物)の写真は撮らないで」と言われました。
日本国内では法律で罰せられはしませんが、保安上の問題に関わるそうなので大使館の撮影は禁止のようです。








建設中の低層棟と「カツラの大木」や「木もれ日の丘」が造られる場所です。
敷地内緑化に力を入れており、「赤坂・虎ノ門緑道構想」の西側起点として整備、東側は環状二号線方面まで抜ける緑道が続きます。
ちなみに赤坂インターシティAIRは敷地内緑化率は50%となっており、敷地南東側には約5,000㎡もの広大な緑地空間があるようです。



整理番号B-0226-05

ささしまライブ土地区画整理事業1号公園整備工事

愛知県名古屋市のささしまライブのグローバルゲート南側では1号公園整備が行われ、ささしまライブ土地区画整理事業1号公園整備工事という正式名称で整備が進められています。





◆過去の記事
→2016年11月13日投稿 ささしまライブ土地区画整理事業1号公園整備工事














1号公園南側、名古屋高速5号万場線直下と南側にも公園が整備されています。
子供用の遊具も設置されています。









名古屋高速5号万場線直下と南東側には水上バスの乗降場が整備中でした。
ちなみに中川運河を通じて名古屋港や金城ふ頭方面へ水上バス網の整備が行われる計画案が出ています。
名古屋でも自動車交通や鉄道バスの陸上交通にこだわらない、新たな交通形態が生まれると良いですね。








グローバルゲートもほぼ完成し、ささしまライブ1号公園も殆ど完成しています。



○まちづくり・都市景観 No.4-2 ささしまライブ 都市景観

Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンス

Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンスは東京都品川区上大崎3丁目1番で建設中の40階建て、高さ145.31m、総戸数528戸の超高層タワーマンションで、40階にビューラウンジ、パーティールーム、ゲストルームがあり、エントランスなどのある2階には、フィットネスルームやキッズルーム、ラウンジが配置されており、更に屋上には居住者用屋上テラスなどがあるようで、共用施設が充実しています。






◆過去の記事
→2015年3月12日投稿 Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒)
→2016年4月5日投稿 Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンス
→2016年11月19日投稿 Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンス











■概要
・名称  Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンス
・所在地 東京都品川区上大崎3丁目1番
・階数  地上40階、地下2階建て
・高さ  145.31m
・構造  鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
・総戸数 528戸(非分譲住戸208戸含む)
・敷地面積 11,674.37㎡
・建築面積 6,089.90㎡
・延床面積 126,671.42㎡
・着工  2014年8月1日
・竣工  2017年12月上旬
・建築主 目黒駅前地区市街地再開発組合(東京建物、首都圏不燃建築公社)
・施工  大成・竹中建設共同企業体
・最寄駅 目黒
(2017年3月3日撮影)










西側から見上げた建設中のBrillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンスの様子です。
遂に上棟し、タワークレーンが下ろされ始めていました。






オフィス棟と隣接して建設されており、低層部分では外から見ると繋がっているようにも見えます(内部で接続されているかは確認しておりません)。






Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンスの頂部です。
マリオンが一段高く突き抜け、シャープさが際立っていました。
ノースレジデンスのコンセプトが「多彩なライフスタイルが交差する、目黒駅に寄り添う都会派邸宅」であり、パーティルームやビューラウンジが最上階に設けられているようです。







建物の平面形状は五角形でホームベース型となっており、特徴的な形状をしています。
Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンスは逆梁工法で建物外観はガラス面よりも外壁面が目立ちます。


整理番号Bー0294Nー04

(仮称)マストスクエア池下

(仮称)マストスクエア池下は愛知県名古屋市千種区仲田で建設中の17階建て、高さ59.10mの高層マンションで、建築主は積和不動産中部、施工は矢作建設となっています。






◆過去の記事
→2017年7月5日投稿 (仮称)マストスクエア池下
→2016年10月20日投稿 (仮称)マストスクエア池下










■概要
・名称  (仮称)マストスクエア池下
・所在地 愛知県名古屋市千種区仲田2丁目1804、1806、1807、1808、1809番
・階数  地上17階建て
・高さ  59.10m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 ---
・敷地面積 1052.20㎡
・建築面積 595.84㎡
・延床面積 7174.01㎡
・着工  2016年7月1日
・竣工  2018年6月30日
・建築主 積和不動産中部
・施工  矢作建設
・最寄駅 今池、池下
(2016年3月23日撮影)










南側から見上げた(仮称)マストスクエア池下です。
マストスクエアは積和不動産中部の分譲マンションブランドで一宮や春日井、金沢などで分譲実績があるようです。







鉄筋が出ていますが現場打ち施工でしょうか。







南側の広小路通りは沿道に中高層ビルが建ち並びますが、(仮称)マストスクエア池下の南側は駐車場となっており、低層階でも暫くの間は開放的な都市居住ができますね。


整理番号B-0420-03

検索フォーム

プロフィール

きりぼう

Author:きりぼう
超高層ビル、沿線開発、都市開発巡りをしております、きりぼうです。

このブログでは主に、超高層ビルをメインとして、都市開発、鉄道高架化事業、都市景観、区画整理事業、風景写真を載せていこうと思ってます。

よろしくお願い致します。


Profile:
・22歳男子大学生
・愛知県瀬戸市在住
・瀬戸西高校→愛知淑徳大学 建築4
・趣味は写真、散歩
・性格は優しめの職人気質
・好きな食べ物は焼きそば、甘い物

最新記事

錦二丁目7番第一種市街地再開発事業 Nov 21, 2017
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト Nov 21, 2017
中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。) Nov 20, 2017
Tステージ岡崎ウイングタワー Nov 20, 2017
プレミスト千早タワー ツインマークス エアタワー Nov 19, 2017
アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 Nov 19, 2017
新橋一丁目プロジェクト Nov 18, 2017
新国立競技場(仮称) Nov 18, 2017
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉 Nov 17, 2017
プラウド高岳 Nov 17, 2017

カテゴリ

PR

PR

賃貸物件

PR

老人夫婦

閲覧者数 2016.03.25-