ポートフォリオ(建築設計作品集)

ポートフォリオ(建築設計作品集)を作成致しました。
どうぞご覧ください。



平野泰史 作品集
↑こちらがリンクとなります。


※一部文章中の読点、句点のミスとフィクションで製作した瀬戸水野の再開発ページ・8-30階図面と7階図面が真逆でした。



ポートフォリオあ




整理番号 ---

スポンサーサイト

(仮称)錦一丁目プロジェクト

(仮称)錦一丁目プロジェクトは愛知県名古屋市中区錦のザ・グローオリエンタル名古屋に隣接する場所で建設中の21階建てのタワーマンションで、分譲は野村不動産、設計施工は矢作建設工業となっています。



◆過去の記事
→2017年1月22日投稿 (仮称)中区錦一丁目計画新築工事




20170228015627976.jpg





■概要
・名称  (仮称)錦一丁目プロジェクト
・所在地 愛知県名古屋市中区錦1丁目826番
・階数  地上21階建て
・高さ  ---
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 ---
・敷地面積 924.47㎡
・建築面積 596.77㎡
・延床面積 8106.29㎡
・着工  2017年1月6日
・竣工  2019年3月31日
・建築主 野村不動産
・設計 矢作建設工業
・施工  矢作建設工業
・最寄駅 伏見、丸の内、国際センター
(2017年2月27日撮影)










南東側から見た(仮称)錦一丁目プロジェクトの建設地です。
20170228015814770.jpg





建設地から東へ少し歩いた場所からは名古屋駅前の超高層ビルが見えます。
災害時など交通がマヒしても、徒歩で帰宅可能な距離ですね。
20170228015817533.jpg


整理番号B-0476-02

瀬戸蔵展望塔から見た名古屋駅前の超高層ビル群と瀬戸蔵ミュージアム

名古屋都心・栄から約30分、愛知県瀬戸市の尾張瀬戸駅から徒歩約5分のところにある「瀬戸蔵」に行ってきました。
この瀬戸蔵にはせとものショップやカフェの他に古い瀬戸の街並みや窯元が保存されている「瀬戸蔵ミュージアム」という博物館もあり、建物東側には展望塔もあります。



◆参考資料、引用元
瀬戸市 瀬戸蔵



DSC01600.jpg




瀬戸蔵です。中央のガラスの塔が展望塔です。
DSC01690_20170227010901be2.jpg







瀬戸蔵展望塔から見た瀬戸の街並みです。
瀬戸川の両側に広がる傾斜地に建ち並ぶ住宅や窯業の工場、晴れた日には遠く、名古屋駅前や養老山脈も見えます。
ちなみにここの展望塔は無料で入館料がかかりませんが、あまり知名度が無いので殆ど人がいませんでした。
DSC01594_20170227010854d50.jpg






名古屋駅前に拡大してみます。
瀬戸から名古屋駅までは直線距離で20km超。東京で例えると新宿から聖蹟桜ヶ丘や渋谷から青葉台と同じような距離ですが、名古屋駅へは栄で乗り換えが必要なので約50分(栄からは約30分)ほどかかります。
ただそれだけ時間のかかる場所でもこのように高層マンションの谷間ができ、奥に小さく名古屋駅前の超高層ビルという景色が望めます。名古屋都市圏は首都圏や関西圏よりも規模が小さいとはいえ、結構広いですね。
DSC01598.jpg






展望塔から降り、瀬戸蔵ミュージアムに入ります。
瀬戸蔵ミュージアムは入館料が一般500円、高校・大学生・65歳以上300円、中学生以下、障害をお持ちの方、妊婦の方は無料となっています。

この瀬戸蔵ミュージアムには様々なせとものや窯業の歴史、職人の息遣いを感じられる窯業関連道具などが展示されており、エントランスが在りし日の瀬戸電の瀬戸駅に降り立った場所からで突然、昭和時代にタイムスリップしたかのような気持ちになります。
DSC01626-tile12.jpg




上の階まで全てくまなく見て回った人だけがこの宇宙人を見つけることができます。
地元の子供たちではそこそこ話題ですが、場所が暗く、自分が小学生時代にはこれを見ることができたら勇者だ!みたいな扱いでした、懐かしいですね。
ぜひ、皆さんも見つけてみてください。
DSC01662.jpg





最後に。
同じ瀬戸市内の新瀬戸駅東側にある大通りと名鉄瀬戸線との立体交差計画が、ループを用いて計画されているようです。
ただのループではつまらないので東京都にある「大橋JCT・目黒天空庭園」のようにループ道路屋上を公園化できればなと思いました。

民間企業も参入しながら周辺の再開発も進め、新瀬戸駅や愛環瀬戸市駅、バローショッピングセンターとペデストリアンデッキで接続し、現在のタクシーロータリー上には新たに図書館を移転、カフェや都市型商業施設、駅直結超高層住宅も併設すれば若者も住みたいと思える都市になるのでは?と思います。

夢物語ですが、瀬戸は歴史があり、知名度は高いものの現在の都市がいまいち(自然や観光地があっても都会が無い)なので、過去の加藤民吉氏のように優れたものを他所から学んで持ってくるという意気込みで頑張って欲しいものですね。

記事引用元:建通新聞 瀬戸市 追分線など整備 立体交差化を検討
大橋JCTの参考:都市の風景 Building and Subculture In Tokyo 目黒天空庭園 Meguro Sky Garden &完成したクロスエアタワー CROSS AIR TOWER
目黒天空庭園の参考:目黒区 目黒天空庭園・オーパス夢ひろばの概要
setopatinkosinseto.jpg


整理番号 P-0080-01

芝浦アイランド グローヴタワー

芝浦アイランド グローヴタワーは東京都港区芝浦に建つ49階建て、高さ168.8m、総戸数833戸の超高層タワーマンションで、再開発地区芝浦アイランドのA2街区として建設されました。
共用施設にコンシェルジュデスクやパーティルーム、ゲストルーム、フィットネスルーム等の大規模マンションによく見られる共用施設のほか、テニスコートが儲けられていることが特徴です。





DSC01263.jpg








■概要
・名称  芝浦アイランド グローヴタワー
・所在地 東京都港区芝浦四丁目31番1
・階数  地上49階、地下1階建て
・高さ  168.8m
・構造  鉄筋コンクリート造、(一部鉄骨造)
・総戸数 833戸
・敷地面積 12,595.60㎡
・建築面積 4,375.35㎡
・延床面積 98,829.73㎡
・着工  2004年5月10日 
・竣工  2006年11月28日
・建築主 三井不動産レジデンシャル、三菱商事、オリックス不動産、住友商事、新日鉄都市開発、伊藤忠都市開発
・設計 鹿島建設
・施工  鹿島建設 
・最寄駅 田町、三田、芝浦ふ頭
(2016年8月17日撮影)





北東側から見た芝浦アイランド グローヴタワーの様子です。









総戸数が1棟の超高層マンションで833戸と大変戸数が多いので、外観を見ていると格子のようにバルコニーが並んでいます。









エントランス部分です。
車寄せがあり、白色の明るく薄い屋根が印象的でした。







南側から見上げた芝浦アイランド グローヴタワーです。








敷地内はガーデンコテージやさくら広場など自然豊かに緑化されています。







六本木ヒルズ森タワーの東京シティビューから見た芝浦アイランド方面です。
DSC03609.jpg



整理番号B-0493-01

渋谷駅街区開発計画Ⅰ期

渋谷駅街区開発計画Ⅰ期は東京都渋谷区渋谷で建設中の47階建て、高さ229.706mの超高層ビルで、渋谷駅周辺最大級となる賃貸面積約73,000㎡のオフィスのほか、エンタテイメントシティ「渋谷」の魅力を高める屋外、屋内の展望施設、店舗面積約30,000㎡の大規模商業施設が入る計画となっています。





◆参考資料、引用元
東京急行電鉄 渋谷駅街区開発計画Ⅰ期(東棟)への展望施設設置について ~日本最大級の規模を誇る屋外展望施設が渋谷駅直上に誕生~





■過去の記事
→2014年12月9日投稿 渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟
→2015年12月9日投稿 渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟
→2016年4月3日投稿 渋谷駅街区開発計画Ⅰ期
→2016年8月31日投稿 渋谷駅街区開発計画Ⅰ期










■概要
・名称  渋谷駅街区開発計画Ⅰ期
・所在地 東京都渋谷区渋谷2丁目23番、24番他
・階数  地上47階、地下7階建て
・高さ  229.706m(東棟)
・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 15,275.55㎡ 
・建築面積 18,216.49㎡ 
・延床面積 276,010.18㎡ (東棟:約174,000㎡)
・着工  2014年6月10日
・竣工  2019年7月末予定(東棟)
・建築主 東京急行電鉄、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東京メトロ
設計 渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
・施工  東急建設、大成建設共同企業体
・最寄駅 渋谷
(2017年2月17日撮影)












参考資料のPDFから拝借した渋谷駅街区開発計画Ⅰ期の完成予想図です。
渋谷駅街区開発計画Ⅰ期はJR山手線、埼京線、湘南新宿ラインを跨いで建設され、鉄道の東側に47階建て、高さ229.706mの東棟、西側に地上13階建て、高さ約76mの西棟、そして渋谷駅直上に地上10階建て、高さ約61mの中央棟が建設されます。







東側から見た渋谷駅街区開発計画Ⅰ期です。
現在は3階前後の鉄骨建方が行われています。







東急東横線の高架橋と渋谷駅街区開発計画Ⅰ期です。
元々ここには東横線の渋谷駅がありましたが、副都心線との直通運転開始に伴い、駅が地下へ移転しました。








主に小中高校の友人とだけ繋がっているインスタにも載せましたが、非常に太さのある鉄骨と制震ダンパーです。
渋谷駅街区開発計画Ⅰ期は逆打工法と呼ばれる、先に1階を施工して作業床として使い、地上と地下を同時に施工する工法が用いられています。
逆打工法は地上と地下の同時施工を行えるので工期短縮が可能という点が特徴です。









渋谷駅西口、モヤイ像のある側から見た渋谷駅街区開発計画です。
周辺は超高層ビルの建設ラッシュで渋谷全体が工事現場のようで凄まじい変貌ぶりです。







渋谷の再開発全てが完成するとこのような超高層ビル群が生まれます。
新たな若者文化やクリエイティブな方々が育っていくと良いですね。


整理番号B-0259-05

JR中央本線春日井駅自由通路、橋上駅舎整備

JR中央本線春日井駅自由通路、橋上駅舎整備は「JR春日井駅自由通路および橋上駅舎の整備」という計画名の駅施設整備です。
名古屋駅からJR中央本線の快速に乗って約20分、名古屋郊外の愛知県春日井市中央部に位置する春日井駅では、駅南北地域間交通の円滑化やバリアフリー整備などを目的として橋上駅舎の建設が行われ、2016年10月30日から供用開始となっています。




■過去の記事
→2015年8月5日投稿 JR中央本線 春日井駅自由通路、橋上駅舎整備











■概要
・名称: JR春日井駅自由通路
   および橋上駅舎の整備
・面積:約1,300㎡
・構造:鉄骨造
・バリアフリー:エレベーター2基、エスカレーター上下各2基、多目的トイレ 
・着工:2011年度
・竣工:2016年10月30日(供用開始)
(2017年2月18日撮影)










美しく整備された春日井駅南口です。
ガラスカーテンウォールの壁と水平垂直の直線が都会的でシャープな印象を与えます。







春日井駅南口側の街並みです。
南側は駅裏で商業施設は少なく、閑静な住宅街となっています。
ただ、22階建ての超高層住宅と商業施設の入る「JR春日井駅南東地区第一種市街地再開発事業」が駅前で行われるため、再開発が完了すると賑やかになるものかと思います。
JR春日井駅南東地区第一種市街地再開発事業








春日井駅橋上駅舎のコンコースの様子です。
書のまち春日井とのことで市民の書道作品も展示されていました。

春日井駅の一日平均乗降客数は30,864人で近年は微増微減を繰り返しながら推移しています。
前回の撮影時は人が少なく、賑わいが感じられませんでしたが今回は駅利用者も滞留人口も多く、駅を降りた瞬間活気を感じることができました。






駅構内には売店のベルマートがあります。
新たな駅舎は天井高も高く、幅員も広いのでとても開放的で快適な空間でした。
利用者も増えているような印象で都会的で羨ましく思えます。








改札を出た目の前では巨大なディスプレイが様々な情報を流しています。
都会の駅ではこのようなデジタルサイネージが数多く設置され、様々な広告や情報が視覚的に入ってくるようになっています。
東京や大阪では駅のみならず、電車の車内でもドアの上に2つのディスプレイがあり、一つは駅や路線案内、もう一つは広告を流していたりします。







春日井駅北側の駅前は雑居ビルや高層マンションが建ち並び、名古屋市内と同じような景観が形成されています。
名古屋都市圏は市内の地下鉄信仰が強く、地上の鉄道路線沿いはあまり開発されずに名古屋市外に出た瞬間田んぼ畑荒れ地の連続だったりしますが、このJR中央本線は春日井市内へも住宅街が続き、勝川や春日井、高蔵寺など駅前に商業地が栄えている駅もあります。

ただ、中央本線は駅間が長いのでもう少し駅が増えれば便利になるのでは思います。
大都市圏は沿線に切れ目なく続く市街地を形成しているので、他の沿線も開発が進めば良いですね。









駅前のロータリーです。
まだ仮設の屋根が設置されたままでしたから、これから整備がなされるものかと思います。








春日井情報発信センター「Lirick リリック」 です。
駅舎が大きいので1階も空間が有効活用されています。







春日井駅北口です。
北口は南口と違い、アーチを描いている外観デザインです。

北口にはバスターミナルやタクシーロータリーがあり、駅前には商業ビルが並びます。
駅前に商業施設が充実しているのでここでは東京郊外都市と同様の生活を営むことができそうです。








駅東側には送迎用の自家用車停車場があります。
名古屋都市圏は自動車利用比率が60%を超えるため、自宅から都心までも自動車を使うことがあります。

個人的には駅まで車で行って駐車して電車に乗る「パーク&ライド」や駅まで車で送り迎えする「キャッチ&ライド」を推進して駅周辺に賑わいをもたらし、都会的になっていって欲しいものです。








春日井駅のホームです。
2面3線の駅でエスカレーターも設置されています。


鉄道-高新0001-02

(仮称) 大阪市中央区・高麗橋2丁目計画

(仮称) 大阪市中央区・高麗橋2丁目計画は大阪府大阪市中央区高麗橋(こうらいばし)で建設中の42階建て、高さ140mの超高層タワーマンションで、建築主は野村不動産と大林組グループの大林新星和不動産、施工は大林組となっています。










■概要
・名称  (仮称) 大阪市中央区・高麗橋2丁目計画
・所在地 大阪府大阪市中央区高麗橋二丁目16番1
・階数  地上42階、地下1階建て
・高さ  140m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 ---
・敷地面積 2,069.10㎡
・建築面積 1,066.07㎡
・延床面積 28,768.52㎡
・着工  2016年7月11日
・竣工  2020年2月28日予定 
・建築主 野村不動産、大林新星和不動産 (大林組グループ)
・設計 大林組
・施工  大林組
・最寄駅 北浜
(2016年12月撮影)









建築計画の概要板です。








東側隣地には歴史的建築物の高麗橋野村ビルがあります。
1927年に建築家安井武雄氏によって建設された鉄骨鉄筋コンクリート造のビルです。
現在は7階建てですが、建設当時は5階建てで戦後に6、7階が増築されました。
重厚な構えがモダニズム時代を感じさせますね。



整理番号B-0490-01

アイランドタワー スカイクラブ

アイランドタワー スカイクラブは福岡県福岡市香椎照葉のアイランドシティ中央公園南側に建つ42階建て、高さ145.3m、総戸数409戸の超高層タワーマンションです。
A棟からC棟の3棟が中心の六角形の3辺から飛び出るように配置され、上空の3ヶ所の空中庭園で接続している形状が特徴的で2008年にはグッドデザイン賞を受賞しています。






DSC08792.jpg










■概要
・名称  アイランドタワー スカイクラブ
・所在地 福岡県福岡市東区香椎照葉三丁目3番1
・階数  地上42階、地下1階建て
・高さ  145.3m
・構造  鉄筋コンクリート造、(一部鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
・総戸数 409戸
・敷地面積 14,089.53㎡
・建築面積 6,997.58㎡
・延床面積 60,831.26㎡
・着工  2006年6月9日
・竣工  2008年8月22日
・建築主 新栄住宅
・設計 竹中工務店・司建築設計事務所 設計監理共同企業体
・施工  竹中工務店・松本組建築工事共同企業体
・最寄駅 千早からバス「アイランドシティ中央公園前バス停」
(2016年12月30日撮影)












北側から見上げたアイランドタワー スカイクラブです。
遠目で見ると一棟のみのトライスター型タワーマンションに見えますが分棟型3棟構成となっています。

アイランドタワースカイクラブは3棟連結免震・制震ハイブリッド構造で空中庭園部分に制震装置を取り付けることにより、3棟連結の効果を発揮します。
近年は巨大地震も頻発しているのでこうした免震構造や制震構造のマンションであれば、室内の家具転倒や食器類の散乱による二次被害を防ぐことが可能になるので耐震構造のマンションより安心ですね。








南東側から見上げたアイランドタワー スカイクラブです。
角度によって見える棟が異なるのでツインタワーに見える角度があります。







下から見た空中庭園です。
空中庭園は上から「清光の庭」、「爽風の庭」、「雄景の庭」、「大地の庭」と命名されているようです。
空中庭園の下側の天井面も不思議なデザインで円の中心からビームが出そうなデザインとなっています。







アイランドシティ中央公園から拡大して見た空中庭園です。
ズームすると空中庭園には樹木が植えられていることがわかります。
細身の超高層タワーマンションに緑豊かな空中庭園が幾重にも重なる、まさに近未来都市の様相です。








建物足下の立体駐車場も外壁面が緑化され、更に屋上にも樹木が植えられていることがわかります。










アイランドタワースカイクラブのエントランスアプローチです。
車寄せまでキャノピーが延び、3棟の超高層の中心にある六角形部分がエントランスとなっているようです。









アイランドシティ中央公園の修景池から見たアイランドタワースカイクラブとアイタワーです。
ちなみにこの修景池は雨水を貯めて作られた人工の池だそうです。
DSC08723.jpg







東側から見たアイランドタワースカイクラブ。
この日は快晴で青空が美しかったです。






福岡タワーから見たアイランドシティ方面の景色です。
DSC09116.jpg




更に拡大してみると白と赤の超高層タワーマンションが確認でき、白色の方がこのアイランドタワー スカイクラブとなります。
DSC09131.jpg



整理番号B-0491-01

検索フォーム

プロフィール

きりぼう

Author:きりぼう
超高層ビル、沿線開発、都市開発巡りをしております、きりぼうです。

このブログでは主に、超高層ビルをメインとして、都市開発、鉄道高架化事業、都市景観、区画整理事業、風景写真を載せていこうと思ってます。

よろしくお願い致します。


Profile:
・22歳男子大学生
・愛知県瀬戸市在住
・瀬戸西高校→愛知淑徳大学 建築4
・趣味は写真、散歩
・性格は優しめの職人気質
・好きな食べ物は焼きそば、甘い物

最新記事

錦二丁目7番第一種市街地再開発事業 Nov 21, 2017
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト Nov 21, 2017
中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。) Nov 20, 2017
Tステージ岡崎ウイングタワー Nov 20, 2017
プレミスト千早タワー ツインマークス エアタワー Nov 19, 2017
アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 Nov 19, 2017
新橋一丁目プロジェクト Nov 18, 2017
新国立競技場(仮称) Nov 18, 2017
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉 Nov 17, 2017
プラウド高岳 Nov 17, 2017

カテゴリ

PR

PR

賃貸物件

PR

老人夫婦

閲覧者数 2016.03.25-