スカイワードあさひから見た名古屋駅前方面の景色

本年最後の記事は名古屋の都心・栄から約20分、愛知県尾張旭市の無料展望施設「スカイワードあさひ」から見た名古屋駅駅方面の景色です。

DSC07116.jpg




今年、2016年は名古屋駅前の超高層ビルが次々と完成、開業した節目の年でした。
当ブログも名古屋駅前の再開発が無ければ成り立たなかったと言っても間違いではありません。
学生時代を名古屋、愛知県で過ごし、こうしてブログに記事としてまとめることができたことを大変嬉しく思います。
今年もありがとうございました。



では名古屋駅前に拡大してみます。
右からルーセントタワー、JPタワー名古屋、JRゲートタワー、大名古屋ビルヂング、JRセントラルタワーズ、ミッドランドスクエア、モード学園スパイラルタワーズと200m級の超高層ビルが群を成しています。
今後は更に名鉄名古屋駅直上の再開発を含め、2027年リニア開業をめどに更に再開発や超高層ビルの建設が進むと思います。 DSC07123_20161231231355946.jpg







名古屋駅からささしまライブ・伏見方面の景色です。
2020年ごろまでは伏見から栄周辺で超高層ビルやタワーマンションの建設が進みます。
DSC07139_201612312301429ab.jpg





今年は名古屋郊外地域にも目を向け、イオンモール長久手がオープンした長久手古戦場周辺や公園西駅周辺、日進赤池ヒルズ、尾張旭市北原山の区画整理についても記事をまとめました。
大都市圏は郊外にも鉄道路線や幹線道路沿いに延々と都市が続きますから、郊外の開発も更に進めばと思います。
※画像は尾張旭市旭前から印場付近の新興住宅街
今年は大変お世話になりました!来年もよろしくお願い致します!
DSC07151.jpg


整理番号P-0077-01

スポンサーサイト

晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業

晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業は東京都中央区晴海で建設予定の東京オリンピック・パラリンピック選手村で、大会後に建設されるツインタワーの高層棟(50階建て、高さ180m)、選手村として使用される選手村棟(14~18階建て、高さ約50m~70m)の計24棟、総戸数約5,650戸が計画されています。

◆参考資料、引用元

東京都 晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業の特定建築者予定者を決定しました











■全体概要
・名称  晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業
・所在地 東京都中央区晴海五丁目
・階数  地上50階、地下1階建て(高層棟)、地上14~18階建て(選手村棟)、地上4階建て(商業棟)
・高さ  180m、約50~70m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 約5,650戸
・敷地面積 約133,900㎡(事業面積:約18ha)
・建築面積 約47,400㎡
・延床面積 約677,900㎡
・着工  2017年1月上旬
・竣工  2024年3月下旬(※選手村部分のみ2019年12月)
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計 三菱地所設計
・施工  ---
・最寄駅 勝どき、市場前



■高層棟5-5街区 概要
・名称  晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-5街区
・所在地 東京都中央区晴海五丁目503番
・階数  地上50階、地下1階建て
・高さ  180m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 ---
・敷地面積 37,450㎡
・建築面積 13,000㎡
・延床面積 227,900㎡
・着工  2017年1月上旬
・竣工  2024年3月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計 三菱地所設計
・施工  ---
・最寄駅 勝どき、市場前




■高層棟5-6街区 概要
・名称  晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-6街区
・所在地 東京都中央区晴海五丁目504番
・階数  地上50階、地下1階建て
・高さ  180m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 ---
・敷地面積 35,180㎡
・建築面積 11,000㎡
・延床面積 211,200㎡
・着工  2017年1月上旬
・竣工  2024年3月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計 日建ハウジングシステム
・施工  ---
・最寄駅 勝どき、市場前
(2016年8月7日撮影)





高層棟の建築計画の概要板です。







その他5-6街区の概要です。
高層棟以外の概要は記事最下部に載せておきます。







選手村建設予定地の様子です。
撮影時は更地でした。







一部はこうして木が繁っていたり、水が溜まっていたりします。






東から見ると道路沿いはフェンスがされており、立ち入りは不可能でした。




◆まとめ

●晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-3街区
・3-A棟:地上17階、高さ約70m
・3-B棟:地上17階、高さ約70m
・3-C棟:地上15階、高さ約60m
・3-D棟:地上15階、高さ約60m


●晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-4街区
・4-A棟:地上18階、高さ約70m
・4-B棟:地上14階、高さ約50m
・4-C棟:地上14階、高さ約50m
・4-D棟:地上18階、高さ約70m
・4-E棟:地上18階、高さ約70m


●晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-5街区
・5-A棟:地上14階、高さ約50m
・5-B棟:地上14階、高さ約50m
・5-C棟:地上16階、高さ約60m
・5-D棟地上14階、高さ約50m
・5-E棟:地上18階、高さ約70m
・5-F棟:地上18階、高さ約70m
・5-T棟:地上50階、高さ約180m


●晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-6街区
・6-A棟:地上14階、高さ約50m
・6-B棟:地上18階、高さ約70m
・6-C棟:地上18階、高さ約70m
・6-D棟:地上14階、高さ約50m
・6-E棟:地上16階、高さ約60m
・6-F棟:地上14階、高さ約50m
・6-T棟:地上50階、高さ約180m


●晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-7街区
・商業施設棟:地上4階

整理番号B-0466-01

ゼスタタワー名古屋代官町

ゼスタタワー名古屋代官町は愛知県名古屋市東区代官町で建設中の19階建て、総戸数51戸高層マンションで、タワー型ながら全戸角住戸が特徴となっています。
マンション名の「ゼスタ」は岡谷鋼機のマンションブランド名で岡谷鋼機は名古屋を本社に置く鉄鋼、機械を中心に扱う商社です。
現在は地上部分の整備を行っており、ほぼ竣工といった様子でした。




◆参考資料、引用元
ゼスタタワー名古屋代官町 公式サイト





◆過去の記事
→2015年11月7日投稿 ゼスタタワー名古屋代官町
→2016年4月24日投稿 ゼスタタワー名古屋代官町
→2016年9月6日投稿 ゼスタタワー名古屋代官町












■概要
・名称  ゼスタタワー名古屋代官町
・所在地 愛知県名古屋市東区代官町3105番
・階数  地上19階建て
・高さ  約60m (詳細不明高さ推定)
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造 (免震構造)
・総戸数 51戸
・敷地面積 1,347.76㎡
・建築面積 ---
・延床面積 ---
・着工  ---
・竣工  2017年1月下旬
・建築主 岡谷鋼機
・施工  日本国土開発
・最寄駅 新栄町、高岳
(2016年12月21日撮影)







高層階の様子です。
北西、南西、南東と三つの角に採用した「スカイビューサッシ」と呼ばれる大型の窓ガラスが特徴的で
光を吸収する濃色のタイルと、光を映し込むガラス素材とのコントラストが美しいですね。







北側から見た建設中のゼスタタワー名古屋代官町の様子です。







東側から見上げたゼスタタワー名古屋代官町の様子です。








下街道から見たゼスタタワー名古屋代官町です。


整理番号B-0364-04

(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事

(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事は神奈川県横浜市西区南幸の「横浜CIAL」と「横浜エクセルホテル東急」跡地を再開発して建設中の26階建て、高さ132.264mの超高層ビルで、横浜駅西口の駅舎兼駅ビルとなります。






◆参考資料、引用元
(仮称)横浜駅西口駅ビル計画について




◆過去の記事
→2015年9月18日投稿 (仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事











■概要
・名称  (仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
・所在地 神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番2他
・階数  地上29階、地下3階建て(駅前棟)、地上9階(鶴屋町棟)
・高さ  132.264m(駅前棟)、最高部約31m(鶴屋町棟)
・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 8,675.17㎡
・建築面積 7,251.14㎡
・延床面積 97,454.82㎡
・着工  2015年10月19日
・竣工  2020年3月31日予定
・建築主 東日本旅客鉄道
・設計 ジェイアール東日本建築設計事務所
・施工  竹中工務店
・最寄駅 横浜
(2016年8月18日撮影)






西側から見た(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事の様子です。
現在は基礎工事を行っているものかと思われます。








建築計画の概要板です。








西側から見た建設中の(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事です。







建物全体は、海風等の自然環境を意識した「横基調の軽快なデザイン」を基本とし、アトリウムは4層吹き抜けの明るく開放的な空間となるようです。








アトリウムの線路側の完成予想パースです。
階段で中央北、中央南改札方面へ下る時に視線が窓ガラスを突き抜け、屋外へ向けられますが、その屋外には駅であることを象徴するかのように走行する電車を眺めることができます。

整理番号B-0357-02

スイトスクエア大垣 スイトアベニュー (ライオンズ大垣駅前ローレルタワー)

スイトスクエア大垣 スイトアベニュー (ライオンズ大垣駅前ローレルタワー)は岐阜県大垣市宮町の大垣駅前に建つ17階建て、総戸数112戸の高層複合施設で、17階建ての北棟「スイトアベニュー」と商業・業務施設の3階建ての南棟「スイトテラス」、立体駐車場などで構成されています。
子育て支援日本一を掲げる水都・大垣の交流のシンボルとしてにぎわいを創り出すことを目標に、2階には大垣市の「キッズピアおおがき子育て支援センター」が開設しています。






◆参考資料、引用元
岐阜新聞 大垣駅南再開発ビル完成 市子育て支援施設開設へ
大垣市 大垣駅南街区第一種市街地再開発事業について
「ライオンズ大垣駅前ローレルタワー」 2月上旬販売開始! - 近鉄不動産












■概要
・名称  スイトスクエア大垣 スイトアベニュー (ライオンズ大垣駅前ローレルタワー)
・所在地 岐阜県大垣市宮町1丁目1番、岐阜県大垣市宮町1丁目1番地
・階数  地上17階建て
・高さ  約60m (詳細不明高さ推定)
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
・総戸数 112戸(住戸、特定分譲住戸5戸含む)
・敷地面積 7,506.61㎡
・建築面積 5,219.29㎡
・延床面積 24,865.80㎡
・着工  ---
・竣工  2016年9月20日
・建築主 大垣駅南街区市街地再開発組合(参加組合員:大京、近鉄不動産)
・施工  戸田建設
・最寄駅 大垣
(2016年8月25日撮影)






西側から見上げたスイトスクエア大垣 スイトアベニュー (ライオンズ大垣駅前ローレルタワー)の様子です。
手前の樹木が印象的でしたが、既存樹木でしょうか。








南東側から見たスイトスクエア大垣 スイトアベニュー (ライオンズ大垣駅前ローレルタワー)の様子です。
北棟「スイトアベニュー」の高層階が住戸となっており、低層階や南棟「スイトテラス」に商業施設や事務所、子育て支援施設が入ります。







敷地西側には自転車駐車場と立体駐車場があります。
元々、8階建ての西棟として計画され、福祉施設や高齢者住宅として保留床扱いとなる予定だったようです。







北西側から見たスイトスクエア大垣 スイトアベニュー (ライオンズ大垣駅前ローレルタワー)の様子です。
西棟はただの立体駐車場となってしまいました、







エントランス付近の様子です。








外観意匠デザインはバルコニーや共用廊下のスラブを白色とし、壁面を濃藍色、手すりをガラスパネルとすることで薄いスラブの積層を強調しています。







大垣駅前です。
養老鉄道の大垣駅から名古屋方面へ向かうJR東海道線への乗り換えの行列が凄かったです。
こうした乗換駅の駅前には乗換客や駅利用者をターゲットとして個人商店のみならず、牛丼屋やファミレス、専門店などの商業施設を集積したいところですね。







大垣駅はロータリーが整備済みでバスの利用者もかなりいました。
駅前の人通りが自家用車より多い印象だったので、スイトスクエア大垣も賑わっていることかと思います。


整理番号B-0463-01

プラウドタワー名古屋栄

プラウドタワー名古屋栄は愛知県名古屋市中区栄で納屋橋東地区第一種市街地再開発事業として建設中の29階建て、高さ99.25m、総戸数347戸の超高層タワーマンションで、建築主は野村不動産、NIPPO、三菱地所レジデンスで、施工は清水・大日本土木建設共同企業体となっています。
プラウドタワー名古屋栄は屋上に居住者用の展望デッキが設けられるほか、各階でゴミ出し可能な「ゴミステーション」の設置、各階鵜に設置される防災倉庫、コンシェルジュカウンターラウンジやライブラリー、パーティールームなど共用施設やサービスが充実しているようです。








◆過去の記事
→2014年3月13日投稿 納屋橋東地区第一種市街地再開発事業
→2014年11月24日投稿 納屋橋東地区第一種市街地再開発事業
→2014年12月17日投稿 納屋橋東地区第一種市街地再開発事業
→2015年3月7日投稿 納屋橋東地区第一種市街地再開発事業
→2015年4月14日投稿 プラウドタワー名古屋栄
→2015年6月29日投稿 プラウドタワー名古屋栄
→2015年8月21日投稿 プラウドタワー名古屋栄
→2015年10月2日投稿 プラウドタワー名古屋栄
→2015年11月24日投稿 プラウドタワー名古屋栄
→2016年2月2日投稿 プラウドタワー名古屋栄
→2016年3月20日投稿 プラウドタワー名古屋栄
→2016年4月22日投稿 プラウドタワー名古屋栄
→2016年5月20日投稿 プラウドタワー名古屋栄
→2016年6月21日投稿 プラウドタワー名古屋栄
→2016年7月19日投稿 プラウドタワー名古屋栄
→2016年8月16日投稿 プラウドタワー名古屋栄
→2016年9月11日投稿 プラウドタワー名古屋栄

→2016年10月15日投稿 プラウドタワー名古屋栄











■概要
・名称  プラウドタワー名古屋栄
・所在地 愛知県名古屋市中区栄1丁目201番 他
・階数  地上29階建て
・高さ  99.25m
・構造  鉄筋コンクリート造、(一部鉄骨造)
・総戸数 347戸
・敷地面積 10,590.79㎡
・建築面積 9,344.39㎡
・延床面積 61,583.68㎡
・着工  2015年2月15日頃
・竣工  2017年6月予定
・建築主 納屋橋東地区市街地再開発組合
     (野村不動産、NIPPO、三菱地所レジデンス)
・施工  清水・大日本土木建設共同企業体
・最寄駅 伏見
(2016年12月17日撮影)







低層の商業棟には高価格帯の商品も揃える都市型スーパーの「ピアゴ ラフーズコア納屋橋店」が入居します。
また、商業棟には医療施設やカフェ、レストラン、専門店等も入り、都市型の大規模商業施設となります。








商業棟にはテラスも整備される計画で、この場所だけ削られ、丸みを帯びた外観となっています。







南側から見た建設中のプラウドタワー名古屋栄です。









プラウドタワー名古屋栄南側にある劇団四季の新名古屋ミュージカル劇場は解体され、大和ハウス工業により、14階建て、高さ48.72mのホテルが建設されます。








堀川運河とプラウドタワー名古屋栄です。
商業施設も入るので開業後は運河沿いの遊歩道も人通りが多くなり、賑やかになりそうですね。



整理番号B-0047-17

ニッセイ浜松町クレアタワー

ニッセイ浜松町クレアタワーは東京都港区浜松町二丁目のJR浜松町駅西側で行われている(仮称)浜松町駅西口開発計画の南側街区の再開発事業でら計画名は浜松町二丁目4地区B街区 (仮称)浜松町駅前プロジェクトとなっています。
ニッセイ浜松町クレアタワーは29階建て、高さ156mで、通常は地下に配置される非常用発電機等の設備が7、8階に配置されるため、津波や浸水対策もなされたBCP(事業継続計画)対応の超高層ビルとなります。




◆参考資料、引用元
都市再生特別措置法に基づく民間都市再生事業計画の認定について(浜松町二丁目4地区 B街区 (仮称)浜松町駅前プロジェクト))
ハイグレードオフィスレポート ニッセイ浜松町クレアタワー














■概要
・名称  ニッセイ浜松町クレアタワー
・所在地 東京都港区浜松町二丁目5番2他
・階数  地上29階、地下3階建て
・高さ  156m
・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 7,646.56㎡
・建築面積 5,411.44㎡ (5,573.31㎡)
・延床面積 99,195.46㎡ (99,542.14㎡)
・着工  2015年11月1日
・竣工  2018年8月31日予定
・建築主 日本生命保険相互会社、大林組 
・設計 大林組(実施設計)、日建設計(基本設計)
・施工  大林・大末・太啓・岩田地崎 建設共同企業体
・最寄駅 浜松町、大門
(2016年8月17日撮影)







建築計画の概要板です。







東側から見た建設中のニッセイ浜松町クレアタワーです。
少し前の写真ですので現在はタワークレーンが設置され、鉄骨立方が進んでいるようです。








北側から見た建設中のニッセイ浜松町クレアタワーの様子です。
オフィス基準階は80坪~最大790坪まで対応可能で自由度の高いオフィスレイアウトが可能な平面となり、連続して2フロア以上賃借した場合、貸室内に階段を設置することが可能となっていることが特徴的です。








浜松町の世界貿易センタービルの展望台から見下ろした建設中のニッセイ浜松町クレアタワーの様子です。
かなり広々とした平面構成で約86m x 約41mあり、640㎡のコンベンションホールから小会議室まである大型カンファレンス施設も入ります。








拝借した断面図です。
地下鉄大江戸線大門駅から直結のステーションコアを通り、商業施設やエントランスへ向かうことができます。



整理番号B-0462-01

(仮称)東区相生町計画 新築計画

(仮称)東区相生町計画 新築計画は愛知県名古屋市東区相生町で建設中の18階建て、高さ56.23mの高層マンションで、憧れの高級住宅街として知られる橦木町、主税町に隣接するエリアで建設が進められています。
ちなみに野村不動産分譲とのことでマンション名はプラウドシリーズとなるものかと思います。











■概要
・名称  (仮称)東区相生町計画 新築計画
・所在地 愛知県名古屋市東区相生町32番1、33番、34番、35番、36番
・階数  地上18階建て
・高さ  56.23m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 ---
・敷地面積 1,237.92㎡
・建築面積 503.05㎡
・延床面積 6,488.30㎡
・着工  2016年12月上旬
・竣工  ---
・建築主 野村不動産
・設計 田中綜合設計
・施工  大末建設
・最寄駅 高岳、新栄町、尼ヶ坂
(2016年12月20日撮影)






現地に掲載されている建築計画の概要板です。







東側から見た建設中の(仮称)東区相生町計画 新築計画の様子です。
最寄り駅が桜通線高岳駅まで約13分、東山線新栄町駅、瀬戸線尼ヶ坂駅まで約15分となっており最寄り駅までは少し歩きますが、この地域は市バスが移動の中心となっているので最寄り駅よりは最寄りのバス停を意識したいところですね。



整理番号B-0463-01

検索フォーム

プロフィール

きりぼう

Author:きりぼう
超高層ビル、沿線開発、都市開発巡りをしております、きりぼうです。

このブログでは主に、超高層ビルをメインとして、都市開発、鉄道高架化事業、都市景観、区画整理事業、風景写真を載せていこうと思ってます。

よろしくお願い致します。


Profile:
・22歳男子大学生
・愛知県瀬戸市在住
・瀬戸西高校→愛知淑徳大学 建築4
・趣味は写真、散歩
・性格は優しめの職人気質
・好きな食べ物は焼きそば、甘い物

最新記事

錦二丁目7番第一種市街地再開発事業 Nov 21, 2017
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト Nov 21, 2017
中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。) Nov 20, 2017
Tステージ岡崎ウイングタワー Nov 20, 2017
プレミスト千早タワー ツインマークス エアタワー Nov 19, 2017
アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 Nov 19, 2017
新橋一丁目プロジェクト Nov 18, 2017
新国立競技場(仮称) Nov 18, 2017
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉 Nov 17, 2017
プラウド高岳 Nov 17, 2017

カテゴリ

PR

PR

賃貸物件

PR

老人夫婦

閲覧者数 2016.03.25-