パークコート赤坂檜町ザ タワー

パークコート赤坂檜町ザ タワーは東京都港区赤坂で建設中の44階建て、高さ170m、総戸数322戸の超高層タワーマンションで、かつてこのエリアに群生していた檜をモチーフに、空に伸び、空に溶け込む「HINOKI TOWER」がデザインコンセプトとなっており、頂部が壁面緑化されていることが特徴的です。
設計も新国立競技場の設計を行った隈研吾氏がデザイン監修を行っています。







◆過去の記事
2015年6月20日投稿 パークコート赤坂檜町ザ タワー
→2016年5月1日投稿 パークコート赤坂檜町ザ タワー

















■概要
・名称  パークコート赤坂檜町ザ タワー
・所在地 東京都港区赤坂9丁目313番
・階数  地上44階、地下1階建て
・高さ  166.23m(軒高、建築物高さ157.18m)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 322戸(一般販売戸数163戸、事業協力者販売住戸34戸、地権者住戸125戸)
・敷地面積 4,656.24㎡
・建築面積 1,887.63㎡
・延床面積 44,443.25㎡
・着工  2015年2月26日
・竣工  2018年2月下旬予定
・設計  日建設計
・建築主 赤坂九丁目北地区市街地再開発組合 (三井不動産レジデンシャル)
・施工  大成建設
・最寄駅 乃木坂
(2016年10月31日撮影)







現在は削除されてしまいましたが、公式サイトから拝借したパークコート赤坂檜町ザ タワーの完成予想図です。
設計監修が隈研吾氏なので至るところに木目調のルーバーを用いたデザインが採用されています。
個人的にもルーバーは空間を仕切りながらも区切らない素晴らしい素材だと思うので大学の設計課題ではよく使っています。









北側から見上げた建設中のパークコート赤坂檜町ザ タワーの様子です。
四隅が丸みを帯びており、それに沿って丸みのある窓ガラスが設置されます。






傾斜地に建設されていることから、東京ミッドタウンより一段下がった場所にあり、エレベーターや階段などによってフラットアプローチが可能になるようです。
ちなみに居住者以外もこちらのアプローチは利用できるみたいなので乃木坂方面からミッドタウンへのアクセス性も改善されます。








乃木坂です。
東京メトロ千代田線の乃木坂駅が丘を登ったところにあり、大手町駅まで11分でアクセスでぎす。
ちなみにこの乃木坂駅ではアイドルグループの乃木坂46の曲である「君の名は希望」が駅メロディに採用されていました。

パークコート赤坂檜町ザ タワーの販売価格は全戸1億円超え、最高販売価格は15億円ほどでしたが既に全戸完売しており驚きました。


整理番号B-0326-03

スポンサーサイト

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)は東京日本橋タワーのすぐ南側で建設中の26階建て、高さ145mの超高層ビルで「太陽生命ビル」と「高島屋新館」跡地の再開発となります。
ちなみにA街区とC街区の超高層はアメリカ・ニューヨークの「1ワールドトレードセンター」を手掛け、世界的に著名なデザイナー Skidmore, Owings & Merrill LLP(SOM)による外観デザインとなっています。








◆過去の記事
→2015年5月20日投稿 (仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
→2016年5月27日投稿 (仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)











■概要
・名称  (仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
・所在地 東京都中央区日本橋2丁目17番1
・階数  地上27階、地下5階建て
・高さ  144.935m
・構造  鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
・敷地面積 2,991.31㎡
・建築面積 2,717.90㎡
・延床面積 60,142.88㎡
・着工  2014年11月7日
・竣工  2018年7月下旬
・設計 日本橋二丁目再開発事業 日本設計・プランテック設計共同企業体
・建築主 日本橋二丁目地区市街地再開発組合
・施工  大林組
・最寄駅 日本橋
(2016年10月24日撮影)




建築計画の概要板です。









北東側から見上げた建設中の(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)の様子です。









低層階は柱が斜めに設置されています。
この場所にはエネルギーセンターと機械室が入る計画となっています。







参考資料から拝借した(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業の断面図です。
高島屋日本橋店の高さまでが低層部分として成り立つ、低層+高層の断面デザインとなっていました。
俗に墓石ビルと揶揄されたりもしますが、こうしたデザインは過去の高さ31m規制を継承している場合や周囲のビルとの調和、道路斜線制限の影響から日本国内ではこのようなデザインとなることが多々あります。







日本橋は東京駅からも徒歩で行ける距離で


整理番号B-0330-03

鎌倉都市景観

少し前に大学のゼミ旅行で鎌倉と横浜に行き、都市景観や近代建築物、建築意匠について調査、研究してきましたのでブログでも簡単にまとめます。


神奈川県鎌倉市は人口17万人、面積39.67K㎡、老年人口比率約28%で、東京都心の東京駅まで横須賀線で1時間、横浜までは25分ほどの場所に位置しており、首都圏郊外都市としての機能を有するほか、鶴岡八幡宮(つるがおか はちまんぐう)や由比ヶ浜、鎌倉大仏などの観光地として栄えています。
鎌倉市には中心市街地が二つあり、現代的な商業集積された拠点都市である「大船」と歴史的な街並みが残る旧市街地の「鎌倉」があるのですが、今回は鎌倉を中心にまとめます。




◆参考資料、引用元
鎌倉市 鎌倉市景観計画について
鎌倉市 都市計画等情報提供サービス
鎌倉市 景観の概要
鎌倉小町商店会公式website



◇江ノ電1日乗車券、フリー切符案内
・江ノ電のみ、江ノ電沿線のフリー切符→江ノ電1日乗車券「のりおりくん」:大人600円
・新宿などの小田急線各駅から藤沢までの往復券と小田急線(藤沢~片瀬江ノ島)と江ノ電が乗り降り自由の切符が一体になったフリー切符→江の島・鎌倉フリーパス:新宿から大人1470円、町田から大人1020円


DSC05273.jpg







●鎌倉景観地図
鎌倉の拠点である鎌倉駅と鶴岡八幡宮を若宮大路と小町通りが結んでおり、この二つの街路は賑わいの中心で人の動線となっています。

これら二つの拠点周辺と若宮大路周辺は「鎌倉景観地区」に指定されており、地区特性に合わせて住居系、商業系等7つの対象区域に分けて建築物の形態意匠、特にデザイン性や色彩、そして高さの最高限度が定められています。
ちなみに鎌倉景観地区内はすべて最高高さ15mに制限されています(第一種低層住居専用地域除く)。
鎌倉市 都市景観2





鎌倉駅から鶴岡八幡宮まで経路の順を追って、各所における都市景観をまとまていきます。
和風の外観が特徴的な鎌倉駅はJR横須賀線、JR湘南新宿ライン、江ノ電が通っており、平日の日中でJRは1時間あたり6本、江ノ電は1時間あたり5本あるので利便性はそこそこ高く、JRの始発は4:57に東京行きがあったり、通勤通学時間帯は11本/h確保され、終電は0:49に逗子行きがあったりするので観光地としてだけでなく、東京や横浜のベッドタウンとしても機能しています。

ちなみに1日平均乗降客数は8万8,752人(Wikipediaから乗車客数44,376人×2より算出)となっており、鎌倉市民の約半分が毎日鎌倉駅を利用している計算となります。
DSC05198.jpg






鎌倉駅から人の流れに従い、北北東の方向に進んみますと小町通りに出ます。
小町通りはアーケードは無いものの商店街となっており、長さ約360mの距離に飲食店や土産物店、雑貨店、工芸品店が250店舗ほど連なります。

思ったほど建物は和風であるわけでなく、手前左側のソフトクリーム建物をはじめ個性ある外観意匠の商店や看板が見やすい店舗などもあり、厳しすぎる規制ではないことがわかります。
DSC05210.jpg





郊外の大通り沿いのショッピングモールが人気の現代でも、この小町通りの商店街は非常に活気があり賑わっている商店街でした。
建物の高さと街路の幅員の比率、いわゆるD/Hは1~1.5でヒューマンスケールから都会的なやや密度の高めな景観が形成されています。ただし都会的な密度であるものの、小町通りの街路幅員が約6mなので、D/Hから建物高さは基本的に約9m程度であることがわかります。

また、この賑わいは鶴岡八幡宮のブランディングによってそこへ訪れる人が創りだしているため、鶴岡八幡宮が無いとこの人や商業の密度とまではいかなかったかと思います。
DSC05220.jpg






小町通りはアーケードこそないものの一定間隔で写真のような看板があったり、お洒落な尖塔型の街灯があったりするほか、電柱の地中化が行われているため、景観上、非常に美しく整備されています。

こういったストリートファニチャーについてもガイドラインがあり、店先の小スペースと植栽や瀟洒な看板、商売毎の雰囲気を演出した店先、秩序の感じられるスカイライン、統一的な色づかいの自動販売機・・・と多岐にわたって留意すべき点がまとめられています。
DSC05208_20161127225103b64.jpg







小町通りから若宮大路へ向かう裏路地のような街路に入っても様々な店舗が並びます。
こちらは電線電柱がありましたが、建物の外観は濃茶系や白、黒、薄橙を基調とした地味な色を用いています。

鎌倉景観地区内では素材や色彩についても詳細な指定があり、「素材は美しい経年変化やメンテナンスを考慮し、また光沢のある素材、反射性のある素材の使用」や「基調色は、色相がR、YR、Yの場合は彩度6以下、その他の色相は彩度3以下とする。」などの指定があります。
DSC05228_20161127225100a9f.jpg





裏路地を東へ進むと「若宮大路」に出ます。
「若宮大路」は鶴岡八幡宮前から相模湾の由比ヶ浜へと大路は約1.8kmの距離を一直線に延びており、鎌倉幕府を開く直前の1182年(寿永元年)に源頼朝が京都の平安京、朱雀大路を参考にして、鎌倉の都市計画の第一歩として、また、妻である政子の安産祈願のため造られた街路となっています。

ちなみに幅員は30mもある大通りですが、現在は中央に参道(段葛)、両側に車道が整備されており、戦後数多く造られたスタイルの大通りに似ています。

豆知識ですがこの中央部分の参道(段葛)は鶴岡八幡宮に近づくにつれて幅が狭くなっています。
これは遠近法を使用して鶴岡八幡宮を遠く美しく見せるためだとか、幕府時代に敵の侵入を想定して道幅が狭くなる際に混乱するように造られた等の諸説ありますが、いかがなものでしょうか。

都市景観で遠近法が用いられた景観を見ることは稀なので面白いですね、ゼミ旅行で気づいている人はいませんでしたが・・・
ちなみにこの写真ではわかりにくいので気になる方は、休日にでもぜひ行ってみてください。
DSC05241.jpg






この若宮大路沿いには鎌倉市景観重要建築物に登録された建物もあり、写真の三河屋本店もその一つです。
ちなみにこの三河屋本店は1927年に竣工、酒屋であり、伝統的な出桁造りの店構えが特徴的です。
分厚い木造の桁がとても力強い印象でした。
DSC05238.jpg
DSC05240_20161127225147e32.jpg







鎌倉地区の観光の的であり、核である「鶴岡八幡宮」です。
三の鳥居と呼ばれている真っ赤な鳥居は鶴岡八幡宮と若宮大路のエッジであり、ランドマークとしても効いています。
◎都市用語 ケビン・リンチ「パス・ノード・エッジ・ランドマーク・ディストリクト」
DSC05249.jpg







この鶴岡八幡宮には坂倉順三氏が設計したモダニズム建築である「神奈川県立美術館 鎌倉館」があります。
現在は残念ながら閉館してしまい、このように外から眺めることしかできませんが、ル・コルビュジエをはじめとしたモダニズム建築の特徴である1階を吹き抜けにしたピロティ空間やシンプルな外観、水平垂直の外観意匠であることはわかります。
DSC05271.jpg






奥へ進むと鶴岡八幡宮の本殿があります。
鶴岡八幡宮は縁結びの御利益があるので結婚式が行えるほか、様々な恋愛ものの映画での撮影で使われており、最近では「ストロボ・エッジ」の遠足シーンに出てきましたね。

こういったロケ地や今人気のパワースポットになることで人気スポットとなり、神社や寺院に人が集まり、過去に栄えた周辺の商店街も栄えるので似たような都市を持つ地方も頑張ってほしいものですね!

今回は鶴岡八幡宮の歴史については割愛しますので興味のある方は下のリンクから公式サイトにアクセスしてみてください。
鶴岡八幡宮 公式サイト
DSC05311.jpg






鶴岡八幡宮まで到着しましたので今回はこの辺で終わりにします。
ちょうどこの場所、ストロボ・エッジの映画で・・・映画のワンシーンからも景観を気にしていたりしてあまりストーリー入っていなかったので細かいことは忘れました!汗
『ストロボ・エッジ』予告
DSC05328.jpg








話が脱線してしまいましたが、
最後に鎌倉市の都市景観資料から拝借した景観形成ガイドラインの図面と鶴岡八幡宮で撮影した観光マップです。
鎌倉 中心部 都市景観
DSC05281.jpg

○まちづくり・都市景観 No.6 鎌倉都市景観

プレミストセンターレジデンス

プレミストセンターレジデンスは愛知県名古屋市西区幅下で建設中の18階建て、総戸数66戸の高層マンションで、大和ハウス工業が分譲、矢作建設工業が施工しています。
都心部にも関わらず全戸比100%の駐車場が整えられるほか、最上階の18階は1フロア2邸のみ最大154.90㎡の部屋があるなどが特徴となっています。




◆過去の記事
→2016年5月16日投稿 プレミストセンターレジデンス











■概要
・名称  プレミストセンターレジデンス
・所在地 愛知県名古屋市西区幅下二丁目901番1
・階数  地上18階建て
・高さ  約58m (詳細不明高さ推定)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 66戸
・敷地面積 1,316.34㎡
・建築面積 547.32㎡
・延床面積 6528.75㎡
・着工  2016年2月1日
・竣工  2018年2月上旬予定 (建設データバンクには2017年11月30日と記載)
・建築主 大和ハウス工業株式会社
・施工  矢作建設工業
・最寄駅 浅間町、丸の内、国際センター
(2016年5月12日撮影)




西側から見上げた建設中のプレミストセンターレジデンスです。
最上階の特別住戸はトップフロアプランと呼ばれ、142.25㎡3LDKのプランと154.90㎡4LDKのプランの二つのプランがあり、天井埋め込み型のエアコンが標準装備、約2.7mの天井高、最大3.5m幅のバルコニーや納戸があります。
ちなみに両住戸とも玄関を入って目の前の視界にニッチが入ってくるため、玄関先からリビングが見えなくなっているという点が通常の住戸との違いでもあります。







付近は建設中の建物がちらほら見受けられ、南側ではスターツグループが高層マンションを建てていました。
スターツグループはアルファグランデをはじめとした分譲マンションやピタッとハウスで知られる賃貸事業を行っている会社です。








北側から見た建設中のプレミストセンターレジデンスの様子です。








北側では名古屋市立なごや小学校の新校舎が建設中となっています。
なごや小学校は江西小学校、那古野小学校、幅下小学校が統合してできた小学校で平成27年度から開校した新しい小学校です。
なごや小学校の新校舎建設では日本国内では珍しい水平式タワークレーン(トンボクレーン)が稼働していました。








手前の通りにある街路樹の紅葉がとても綺麗でした。都心近くながら四季の移ろいを感じられる場所ですね。



整理番号B-0399-02

プラウドタワー武蔵浦和レジデンス

プラウドタワー武蔵浦和レジデンスは埼玉県さいたま市の南区役所、プラウドタワー武蔵浦和マークスの北側で建設中の20階建て、高さ63.48m、総戸数165戸のタワーマンションで建築主は野村不動産、施工は鴻池組となっています。
別所幼稚園跡地に建設され、JR武蔵浦和駅までペデストリアンデッキで直通徒歩3分の立地となっています。






◆過去の記事
→2015年12月2日投稿 プラウドタワー武蔵浦和レジデンス
→2016年3月25日投稿 プラウドタワー武蔵浦和レジデンス












■概要
・名称  プラウドタワー武蔵浦和レジデンス
・所在地 埼玉県さいたま市南区別所7丁目239番
・階数  地上20階建て
・高さ  63.48m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 165戸
・敷地面積 2,303.98㎡
・建築面積 1,145.53㎡
・延床面積 16,606.26㎡
・着工  2014年12月末日
・竣工  2017年3月末日
・建築主 野村不動産
・施工  鴻池組
・最寄駅 武蔵浦和
(2016年10月25日撮影)





東側から見上げたプラウドタワー武蔵浦和レジデンスの様子です。







東側に隣接しているサウスピアの駐車場屋上からは武蔵浦和駅へ直結するペデストリアンデッキが整備されます。
武蔵浦和周辺はペデストリアンデッキで主要な商業施設や超高層住宅へ移動できる完全な歩車分離都市となっています。
ボンエルフが提唱した歩車分離という考え方は時代の変化とともに立体化によって解決されるようになり、高度経済性長期のより早い時期にペデストリアンデッキが用いられた郊外都市は「多摩ニュータウン」(東京都)や千里ニュータウン(大阪府)、高蔵寺ニュータウン(愛知県・津端修一氏設計)、菱野団地(愛知県・黒川紀章氏設計)等があります。








周辺街路では街路樹の整備も進められ、周辺の再開発前に比べて都市景観上とても美しくなりました。
ちなみに街路樹の高さと道路の比率、D/Hはほぼ1で、これも美しく感じられる一つの要素だと思います。








北側から見上げた建設中のプラウドタワー武蔵浦和レジデンスの様子です。
高層階になるほど、外観のガラス面積が増え、空と調和するようなデザインとなっており、地面に近い低層階は重厚感ある濃茶系のタイル張りとなっています。



整理番号B-0310-03

シンフォニー豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋プレミア)

シンフォニー豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋プレミア)は1973年7月に東和不動産が建てた第二豊田ビルを25階建て、高さ114.597mの超高層ビルに建て替える再開発計画です。
シンフォニー豊田ビルの「シン」はギリシャ語で共に、「フォニー」は響くで4つの要素(オフィス、シネマ、ホテル、店舗)が響き合う一体感を表しているそうです。
ちなみに竣工は6月30日で既に竣工しており、竣工式は7月12日、映画館のミッドランドシネマ2の開業日は2016年7月15日、全面開業は9月16日でした。。




■過去の記事
→2014年2月19日投稿 新・第二豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋)
→2014年5月15日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋)
→2014年6月24日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋)
→2014年7月20日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋)
→2014年9月18日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)
→2014年10月20日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋)
→2014年11月23日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)
→2014年12月15日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)
→2015年1月18日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)
→2015年2月17日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)
→2015年4月16日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)
→2015年5月12日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)
→2015年6月16日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)
→2015年7月14日投稿 シンフォニー豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)
→2015年8月14日投稿 シンフォニー豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)
→2015年9月17日投稿 シンフォニー豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋)
→2015年10月16日投稿 シンフォニー豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋)
→2015年11月19日投稿 シンフォニー豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋)
→2015年12月12日投稿 シンフォニー豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋)
→2016年1月18日投稿 シンフォニー豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)
→2016年2月21日投稿 シンフォニー豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋)
→2016年3月21日投稿 シンフォニー豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋プレミア)
→2016年4月10日投稿 シンフォニー豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋プレミア)
→2016年5月9日投稿 シンフォニー豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋プレミア)
→2016年6月6日投稿 シンフォニー豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋プレミア)
→2016年7月12日投稿 シンフォニー豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋プレミア)





DSC02656.jpg






■概要
・名称  シンフォニー豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋プレミア)
・所在地 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目27番2
・階数  地上25階、地下2階建て
・高さ  114.597m
・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
・敷地面積 4,234.26㎡
・建築面積 2,198.93㎡
・延床面積 47,583.21㎡
・着工  2014年5月
・竣工  2016年6月30日
・設計  竹中工務店
・建築主 東和不動産
・施工  竹中工務店
・最寄駅 名古屋、名鉄名古屋、近鉄名古屋
(2016年10月撮影)







北西側から見上げたシンフォニー豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋プレミア)の様子です。







地上にはグリーンモールと名付けられた公開空地があり、低層階には「ミッドランドスクエアシネマ2」が入っており、ミッドランドスクエアシネマと合わせると14スクリーンとなり、名古屋市内では最大規模のシネコンとなります。
ちなみにデジタル3D上映システム「RealD 3D」、最新音響システム「DOLBY ATMOS」を導入するなど、最新技術の導入も行われています。








元々、敷地中央を分断していた街路は西側に移設され、街路の両端に街路樹が整備されました。






オフィスのエントランスは金属とガラスが多用され、クールな印象でした。








北側から見上げたシンフォニー豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋プレミア)の様子です。








地下と地上を繋ぐサンクンガーデンの様子です。








地下道も隣の名古屋クロスコートタワーやセンチュリー豊田ビルと接続されました。







地下ネットワークが形成されたことを示すマップが貼られていました。








高層階のアップです。
シンフォニー豊田ビルは、地下1階~地上1階に商業施設、2階~5階にシネマコンプレックス、6階~17階にオフィスが入居し、18階~25階がホテルである三井ガーデンホテル名古屋プレミアとなりますが、ホテルの入居する18階付近にホテルエントランスと思われるガラス張りのフロアがあります。








シンフォニー豊田ビル南側には駐輪場と西柳公園という小さな公園が整備されています。
映画館には小さな子ども連れのファミリーも大勢来ると思うので、こうした子ども達が遊べる空間が都心部にも確保されたのは良いですね!
DSC02658.jpg







整理番号 B-0017-27

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業は東京都品川区小山の東急電鉄目黒線武蔵小山駅南側で建設中の41階建て、高さ144.95mの超高層タワーマンションで、日本一元気な商店街とも呼ばれる「武蔵小山商店街PALM」というアーケード商店街に隣接した立地で再開発が行われています。






◆参考資料、引用元
東京都 武蔵小山パルム駅前地区市街地再開発組合の設立認可について










■概要
・名称  武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
・所在地 東京都品川区小山三丁目15番他
・階数  地上41階、地下2階建て
・高さ  144.95m (141.95m)
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
・総戸数 約640戸
・敷地面積 7,418.67㎡
・建築面積 4,964.69㎡
・延床面積 75,313.82㎡
・着工  2016年3月1日
・竣工  2019年5月31日
・設計 日建設計
・建築主 武蔵小山パルム駅前地区市街地再開組合(三井不動産レジデンシャル、旭化成不動産レジデンス)
・施工  鹿島建設
・最寄駅 武蔵小山
(2016年10月24日撮影)





南側から見た武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業の様子です。










商店街に隣接した箇所も再開発区域に含まれており、既に店舗が解体されていました。









東京都内では最長を誇る長さ800mにも及ぶアーケード商店街の武蔵小山商店街パルムです。
完成当時は東洋一と称えられ、現在でも大変賑わいがあります。
雰囲気は名古屋の大須商店街にとても似ていました。









北側から見た武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業の様子です。
現在は基礎工事が行われています。



整理番号B-0455-01

(仮称)錦二丁目計画

(仮称)錦二丁目計画は愛知県名古屋市中区錦の広小路通沿いにある「旧大和生命ビル」跡地の駐車場を再開発して三菱地所と積水ハウスが21階建て、高さ97.100mの超高層ビルを建設する計画です。
敷地東隣にある 「三菱東京UFJ銀行名古屋ビル」から本部機能を移転し、その後、「三菱東京UFJ銀行名古屋ビル」を解体、そちらも再開発される予定です。
ちなみに西隣に建つ「旧名古屋銀行ビル」は近代建築としての価値が高いため、再開発は行われず、保存されます。
現在はタワークレーンが設置され、2階の鉄骨建方が行われているところです。





■過去の記事
→2015年7月16日投稿 (仮称)錦二丁目計画
→2015年10月8日投稿 (仮称)錦二丁目計画
→2014年12月28日投稿 (仮称)錦二丁目計画
→2016年3月28日投稿 (仮称)錦二丁目計画
→2016年5月24日投稿 (仮称)錦二丁目計画
→2016年6月22日投稿 (仮称)錦二丁目計画
→2016年8月3日投稿 (仮称)錦二丁目計画
→2016年11月10日投稿 (仮称)錦二丁目計画













■概要
・名称  (仮称)錦二丁目計画
・所在地 愛知県名古屋市中区錦2丁目2011番他
・階数  地上21階、地下1階建て
・高さ  97.100m
・構造  鉄骨造、(一部鉄筋コンクリート造)
・敷地面積 3,383.23㎡(A敷地)
・建築面積 2,373.80㎡(A敷地)
・延床面積 45,410.13㎡(A敷地)
・着工  2016年3月1日頃
・竣工  2018年2月末予定
・設計  三菱地所設計、竹中工務店
・建築主 名古屋デベロップメント特定目的会社、積水ハウス
・施工  竹中工務店
・最寄駅 伏見、栄、栄町
(2016年11月16日撮影)







西側から見上げた建設中の(仮称)錦二丁目計画です。








保存されることとなっている敷地西側の「旧名古屋銀行ビル」はシートで覆われ、改修工事を行っています。
こちらは商業施設となる計画でレストランやホテルを手掛けているPlan・Do・Seeが入居するようですね。









南側から見た建設中の(仮称)錦二丁目計画です。







目の前を通る広小路通は木々が大きく成長し、木のトンネルになっていました。


整理番号B-0338-09

検索フォーム

プロフィール

きりぼう

Author:きりぼう
超高層ビル、沿線開発、都市開発巡りをしております、きりぼうです。

このブログでは主に、超高層ビルをメインとして、都市開発、鉄道高架化事業、都市景観、区画整理事業、風景写真を載せていこうと思ってます。

よろしくお願い致します。


Profile:
・22歳男子大学生
・愛知県瀬戸市在住
・瀬戸西高校→愛知淑徳大学 建築4
・趣味は写真、散歩
・性格は優しめの職人気質
・好きな食べ物は焼きそば、甘い物

最新記事

住友不動産御成門タワー Nov 22, 2017
錦二丁目7番第一種市街地再開発事業 Nov 21, 2017
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト Nov 21, 2017
中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。) Nov 20, 2017
Tステージ岡崎ウイングタワー Nov 20, 2017
プレミスト千早タワー ツインマークス エアタワー Nov 19, 2017
アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 Nov 19, 2017
新橋一丁目プロジェクト Nov 18, 2017
新国立競技場(仮称) Nov 18, 2017
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉 Nov 17, 2017

カテゴリ

PR

PR

賃貸物件

PR

老人夫婦

閲覧者数 2016.03.25-