長久手中央地区まちづくり (イオンモール長久手、リニモテラス)

長久手中央地区まちづくりは名古屋市に隣接する愛知県長久手市岩作にあるリニモ長久手古戦場駅周辺の地域づくり構想の一環として、長久手市第5次総合計画で交流拠点に指定され、長久手市の玄関口として整備される計画です。
現在、長久手古戦場駅北側にはバス停やタクシープールを兼ねそろえたロータリーや連絡通路、そして開発のメインである「イオンモール長久手」や「リニモテラス」が建設中です。




DSC03744.jpg






◆イオンモール長久手
イオンモール長久手は「ファースト イン マイ ストア」をコンセプトにイオンモールが開発している大規模商業施設で、延床面積約134,000㎡、店舗面積59,000㎡を誇る県内でも有数のショッピングセンターとなります。
ちなみに愛知県内の届け出小売店舗面積で比較するとイオンモール大高(約78,900㎡)、mozo ワンダーシティ(約73,446㎡)、イオンモール木曽川(約69,118㎡)、イオンモールナゴヤドーム前(約64,809㎡)、イオンモール熱田(約62,237㎡)、イオンモール岡崎(約59,577㎡)に次いで7番目に大きなショッピングモールとなる計画です。


・参考、引用
→「イオンモール長久手」の開発計画について
→愛知県商業流通課 (仮称)イオンモール長久手・ロイヤルホームセンター長久手
→愛知県商業流通課 ロイヤルホームセンター長久手 出店概要書
→愛知県商業流通課 イオンモール長久手 配置図兼1階平面図



20160228222118111.jpg



■概要
・名称  イオンモール長久手 
・所在地 愛知県長久手市岩作
・階数  地上4階、地下1階建て
・敷地面積 58,390㎡ (イオンモール長久手資料 約46,000㎡)
・建築面積 36,620㎡
・延床面積 147,120㎡ (イオンモール長久手資料 約134,000㎡)
・店舗面積 50,000㎡ (イオンモール長久手資料 約59,000㎡)
・駐車台数 2,339台
・着工  2015年8月
・竣工  2016年春
・開店予定日 2016年12月
・最寄駅 長久手古戦場






イオンモール長久手の資料から拝借した完成予想図です。
手前の太陽光パネルで覆われた建物がリニモテラスで、イオンモールは奥の大きな建物となります。
ちなみに右端にある建物はロイヤルホームセンターで、こちらはイオンモール長久手の建設を受けて建て替えが行われました。
噂では映画館を誘致するとかしないとか・・・どうなるのか気になるところですが、できれば映画館もテナントとして入れば嬉しいものです。
20160228225828930.jpg




建て替えが行われたロイヤルホームセンター長久手です。
店舗面積は6,030㎡となっています。
20160228222152619.jpg







◆リニモテラス公益施設(仮称)
リニモテラス公益施設(仮称)は長久手古戦場駅北側のロータリーに隣接する形で建設中の広場、店舗、健康・医療相談、住民サービスコーナー、観光・イベントインフォメーション、 大学連携拠点を主とした複合商業施設で、長久手古戦場駅からイオンモール長久手へ直結するペデストリアンデッキの直上、直下に完成予定となっています。




・参考、引用
→長久手市 リニモテラス公益施設(仮称)
長久手市 リニモテラス構想 基本計画


20160228222228165.jpg




■概要
・名称  イオンモール長久手 駅前棟
・所在地 愛知県長久手市岩作
・階数  地上2階、地下1階建て
・着工  2017年度
・開店予定日 2018年度予定
・最寄駅 長久手古戦場




リニモテラスは長久手市の交流拠点として計画、建設されているためこのようなステージを有した多目的広場(2号公園)も建設中でした。
20160228222155597.jpg





◆長久手古戦場駅
長久手古戦場駅は愛知県長久手市横道にある、愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)の駅で、2005年3月6日に開業、2011年度の一日平均乗降客数3,024人となっています。
20160228222120879.jpg





リニモの長久手古戦場駅から建設中のイオンモール長久手へ通ずるペデストリアンデッキ側の出入り口には新たにエスカレーターとエレベーターが設置されていました。
20160228222124039.jpg




ペデストリアンデッキから見たイオンモール長久手方向の様子です。
20160228222128241.jpg




駅前ロータリーには名鉄バス、長久手市のコミュニティバスであるNバス、日進市のコミュニティバスのくるりんバスのお洒落な停留所があります。
20160228222131282.jpg



新たに整備された駐輪所です。
20160228222149669.jpg






駅前には凝ったデザインの公衆便所も建設中でした。
20160228222140560.jpg



◆長久手中央土地区画整理事業
長久手中央土地区画整理事業は長久手古戦場駅を中心とした約27.4ha、計画戸数692戸、計画人口1,730人の土地区画整理事業で、長久手市第5次総合計画において、シンボル・コア(都市核)として位置付けられている地区です。
現在はこの様に区画が整理された段階で、長久手市の都市計画図によると第一種中高層住居専用地域に指定されています。
リニモテラス公益施設整備について の資料から建物の最高限度の高さが高さ20mとなっており、最高でも6階建て程度のマンションしか建てることができないようです。
20160228222234192.jpg



長久手中央土地区画整理事業地内に新たに整備された公園です。
20160228222239529.jpg



イオンモール長久手の北側は主に戸建て住宅エリアとなるようです。
20160228222242501.jpg





リニモ沿線ものどかな田園地帯から一変、東山通からグリーンロードに続くロードサイドにはずらりと商業施設が建ち並び、周辺には新興の戸建て住宅街や大規模マンションが建設され、住みよさランキング県内1位にも選ばれるほどに成長してきました。
長久手市は車が便利なため、リニモの利用者数が少なく、経営もなかなか大変そうですがこのイオンモール長久手によって利用者数が増え、駅周辺もにぎわうといいですね。(逆に自家用車利用が増えて渋滞が起きてしまうとどうしようもないので、この辺は何とかリニモに乗ってイオンモールへを合言葉にしていきたいところです)


ちなみに長久手市は個人的には2005年の愛・地球博を機会に大きく変わった気がします。
当初予定されていた隣接する瀬戸市海上町の万博会場予定地にオオタカの生息が確認され、急きょ長久手市の青少年公園に会場を変更、そこで開発に勢いがつき、長久手市全体、特にリニモ沿いや愛知淑徳大学から愛知学院大学周辺で宅地開発や商業施設建設が進みました。
万博会場予定地がなくなってしまった対する、瀬戸市は?というと、現在は少子高齢化に悩まされ、海上ニュータウンや名古屋東部丘陵研究学園都市建設に失敗しすっかり影が薄くなっていしまいました。
自分は瀬戸市出身で瀬戸にも愛着があるので少し残念ですが、このような長久手の発展に刺激されながら何とか海上とはまた違った場所に学術研究都市を誘致してほしいものですね。

長久手市や瀬戸市、日進市、尾張旭市など名古屋東部のこの地域はまだまだ発展すると期待しています。

DSC03735.jpg



(2016年2月18日撮影)
整理番号 長久手-0002-01

スポンサーサイト

グローバルゲート EASTタワー

グローバルゲートは愛知県名古屋市中村区平池のささしまライブ24の中心部に建つ予定の超高層ビルです。
EASTタワーは敷地東側、愛知大学のすぐ北側に位置する18階建て、高さ88mの超高層ビルで大和ハウス工業の名古屋支社が入居し、名古屋の新拠点として整備する計画です。





■過去の記事
→2014年7月15日投稿 (仮称)グローバルゲート
→2014年8月2日投稿 (仮称)グローバルゲート
→2014年10月22日投稿 グローバルゲート
→2014年11月17日投稿 ローバルゲート EASTタワー
→2015年1月22日投稿 グローバルゲート EASTタワー 
→2015年2月20日投稿 グローバルゲート EASTタワー
→2015年3月23日投稿 グローバルゲート EASTタワー
→2015年5月16日投稿 グローバルゲート EASTタワー
→2015年7月11日投稿 グローバルゲート EASTタワー
→2015年8月20日投稿 グローバルゲートEASTタワー
→2015年9月19日投稿 グローバルゲートEASTタワー
→2015年10月12日投稿 グローバルゲート EASTタワー
→2015年11月23日投稿 グローバルゲートEASTタワー
→2015年12月15日投稿 グローバルゲートEASTタワー
→2016年1月25日投稿グローバルゲート EASTタワー





20160227221816007.jpg








■概要
・名称  グローバルゲート EASTタワー 
・所在地 愛知県名古屋市中村区平池4丁目60番7
・階数  地上18階、地下2階建て
・高さ  約90m (建築計画の概要:88m)
・構造  鉄骨造、(一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造)
・敷地面積 17,267.00㎡(グローバルゲート全体)
・建築面積 11,272.08㎡(グローバルゲート全体)
・延床面積 156,857.39㎡(グローバルゲート全体)
・着工  2014年10月2日
・竣工  2017年5月予定
・建築主 ささしまライブ24特定目的会社(豊田通商、大和ハウス、日本土地建物、名鉄不動産)
・施工  竹中工務店
・最寄駅 ささしまライブ
(2016年2月16日撮影)
















北東側から見たグローバルゲート EASTタワーです。
撮影時は17階の鉄骨まで組まれています。
20160227221825676.jpg





西側から見たグローバルゲート EASTタワーです。
手前側にエントランスなどが入る低層棟ができます。
20160227221823032.jpg





低層部分は二層吹き抜けの空間があるようです。
20160227221820127.jpg


整理番号B-0168E-17

グローバルゲート WESTタワー

グローバルゲートは愛知県名古屋市中村区平池のささしまライブ24の中心部に建設中の複合施設でWESTタワーは37階建て、高さ159.96mの超高層ビルでオフィスやホテル、コンファレンスセンターなどが入居する予定です。 31階から36階にはプリンスホテルが名古屋初進出、入居します。





■過去の記事
→2014年7月15日投稿 (仮称)グローバルゲート
→2014年8月2日投稿 (仮称)グローバルゲート
→2014年10月22日投稿 グローバルゲート
→2014年11月17日投稿 グローバルゲート WESTタワー
→2014年12月20日投稿 (仮称)グローバルゲート WESTタワー 
→2015年1月22日投稿 グローバルゲート EASTタワー 
→2015年2月15日投稿 グローバルゲート WESTタワー
→2015年3月26日投稿 グローバルゲート WESTタワー
→2015年4月18日投稿 (仮称)グローバルゲート WESTタワー
→2015年5月14日投稿 グローバルゲートWESTタワー
→2015年7月9日投稿 グローバルゲート WESTタワー
→2015年8月19日投稿 グローバルゲート WESTタワー
→2015年9月15日投稿 グローバルゲートWESTタワー
→2015年10月10日投稿 グローバルゲート WESTタワー
→2015年11月21日投稿 グローバルゲート WESTタワー
→2015年12月27日投稿 グローバルゲート WESTタワー
→2015年1月23日投稿 グローバルゲート WESTタワー





20160226135853754.jpg








■概要
・名称  グローバルゲート WESTタワー 
・所在地 愛知県名古屋市中村区平池4丁目60番7
・階数  地上36階、地下2階建て
・高さ  170m (建築物高さ159.96m)
・構造  鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造
・敷地面積 17,267.00㎡(グローバルゲート全体)
・建築面積 11,272.08㎡(グローバルゲート全体)
・延床面積 156,857.39㎡(グローバルゲート全体)
・着工  2014年10月2日
・竣工  2017年5月予定
・設計  竹中工務店
・建築主 ささしまライブ24特定目的会社(豊田通商、大和ハウス、日本土地建物、名鉄不動産)
・施工  竹中工務店
・最寄駅 ささしまライブ
(2016年2月16日撮影)



撮影時は25階付近を建設していました。
20160226135857247.jpg





東側から見たグローバルゲート WESTタワーの様子です。
20160226135900052.jpg




南側の敷地には公園ができる計画となっています。
20160226135903477.jpg




グローバルゲートはツインタワーですが、東側に建つグローバルゲート EASTタワーは18階建て、高さ88mなので WESTタワーの半分くらいの高さになります。
20160226135907236.jpg




整理番号B-0168W-19

名鉄瀬戸線喜多山付近高架化事業

名鉄瀬戸線喜多山付近高架化事業は「一般国道302号及び都市計画道路守山本通線と名古屋鉄道瀬戸線との立体交差事業」という名称で、現在、名鉄瀬戸線と平面交差する国道302号線の他に瀬戸街道などの踏切で常時発生する渋滞や朝の通勤ラッシュ時間帯に起こる開かずの踏切を廃止するために計画されました。
現在は仮線の敷設が行われ、2016年秋頃からは下り線の仮線での運用が始まると思われます。






◆過去の記事
→名鉄瀬戸線喜多山付近高架化工事 2014年8月
→名鉄瀬戸線喜多山付近高架化工事 2014年12月 
→2015年5月10日投稿 名鉄瀬戸線 喜多山付近高架化工事 2015年5月
→2015年10月25日投稿 名鉄瀬戸線喜多山付近高架化事業



20160225011654470.jpg








■概要
・名称: 一般国道302号及び都市計画道路守山本通線と名古屋鉄道瀬戸線との立体交差事業
・区間: 守山区小幡南二丁目から大森二丁目 ( 小幡駅~大森・金城学院前駅 約1.9㎞)
・着工予定:2014年度
・竣工予定:2019年度



→名古屋市 一般国道302号及び都市計画道路守山本通線と名古屋鉄道瀬戸線との立体交差事業








高架化西端にあたる小幡駅東側の様子です。
現行の線路の北側に仮線が敷かれています。
20160225011703591.jpg









架線柱は3線用の大きなものが設置されていますが、上り線が高架化されるときは切断しての使用となるのでしょうか、気になります。
20160225011706679.jpg





小幡駅ー喜多山駅間は高架化がかなり前から計画されていたため、線路脇の鉄道柵は交換されずガタガタになっています。もう後数年で撤去しなくてはいけないので、こののどかな光景も見納めとなります。
20160225011710238.jpg









途中、一部の架線柱は信号機や踏切反応灯(踏切内に障害物がある場合に作動する信号機)の設置されていた旧架線柱は残されていました。
20160225011718128.jpg






瀬戸街道と交差する小幡5号踏切の道路脇にはワイドスパンの架線柱が、道路に対して水平に設置されていました。
これから道路面を工事して踏切部の仮線を敷きます。
20160225011722938.jpg






瀬戸街道と平面交差する踏切です。朝ラッシュ時は片側だけでも4分間隔で電車が通過するので大渋滞が発生します。
昼間も平均して片側7.5分間隔で電車が通過するので、名鉄瀬戸線は都会のローカル線と呼ばれながらも意外と電車の本数が多いんですね。。
ちなみに昼間の一時間あたりの電車の本数は鶴舞線や桜通線と同じ本数となっています。
20160225011726409.jpg








喜多山駅の側線です。過去には喜多山検車区(車庫)との入れ替え時に使用したり、昼間、過剰となった電車を留置したりして使っていました。
20160225011736566.jpg






喜多山駅です。
現在は仮駅舎での営業となっています。付近には緑丘商業高校や菊華高校など高校があり、駅前のコンビニには帰り際の高校生が大勢いました。
喜多山駅周辺は高度成長期に建てられたと思われる古いアパートやマンションが多く、近年、駅の利用者が減っていることが残念なところです。高架化と同時に周囲の再開発も進めば良いですね。
20160225011802748.jpg






喜多山駅です。名古屋市内とは思えないのんびりとした田舎のローカル駅っぽい雰囲気の駅ですが、高架化後は都会的で美しい駅に生まれ変わります。この様子を見ていると、完成後の姿なんて想像できないですよね・・・
20160225011808311.jpg






喜多山駅すぐ西側にはポイントが設置されていました。駅の手前から分岐するみたいですね。
20160225011813215.jpg





駅前の踏切も仮線の敷設が完了していました。
20160225011818631.jpg





喜多山駅構内の様子です。
下り仮ホームが完成し、現在は仮駅舎からの通路整備や仮線敷設前の地ならしを行っていました。
写真を撮っているスロープ付近に下り線の内側の線路が来ると思われます。
20160225011823452.jpg







仮ホームの様子です。仮ホームは下り線のみ緩急接続が可能な2面3線の駅になります。
上屋には折半屋根がかけられ、照明も設置されました。
上り線の仮ホームは今後建設されますが、上屋の柱部分の基礎の位置と、ホーム本体の基礎の位置関係から尾張旭駅のよなタイプの2面3線の駅ではなく、栄町方面側は対向式のホームとなるのでは?と思います。
20160225011830009.jpg






喜多山検車区跡地です。高架化時に北側半分くらいは高架になりますが南側は多少余裕があると思われ、ロータリーか駅ビルができると思います。
個人的には高架下にロータリーを設けて、駅南側には商業施設と集合住宅の入る駅ビルを建ててほしいものです。
20160225011833895.jpg






国道302号線との平面交差部分も整備されました。
ちなみにここも渋滞の名所となっています。
20160225011908894.jpg







国道302号線の踏切西側では何やら工事が行われています。
巨大な円筒形の筒が置かれ、大型のクレーンや掘削機も留置されているのですが何の工事でしょうか・・・
自分は建築を学んでいますが、土木の知識はそれほどないのでよくわかりません。
円筒形の筒の側面に円状の穴があるので、下水道の大型マンホールか地下電気工事用の空洞の設置でしょうか??
20160225011842717.jpg





喜多山ー大森・金城学院前間も仮線敷設が完了しています。
20160225011912714.jpg





【おまけ1】
栄町トンネル内に漏洩同軸ケーブルが設置され、地下トンネル内でも携帯電話やスマートフォンの電波が届くようになりました。
ちなみに壁面に設置されているケーブルが漏洩同軸ケーブルというものです。
20160225011922844.jpg




【おまけ2】
尾張旭市の三郷駅東側の渡り線が撤去され、PC枕木化やレールの更新などの道床の整備も進んできました。
せとでんこと名鉄瀬戸線は粗悪な道床や規格の低いレールで本線に比べて乗り心地は最悪なものでしたが、最近、各所でこうした道床の工事が行われ、乗り心地が改善していると感じます。
ちなみに三郷駅では再開発が計画され、高架化まではいかなくとも何らかの動きがあるものかと思われます。

名鉄瀬戸線は昼間はあまり乗客が乗っておらず名古屋で過疎路線のイメージなのですが、一日平均利用者数88,281人(2013年度、全駅一日平均乗降客数÷2)となっており、名鉄では本線、犬山線、常滑線に次いで利用者が多い路線です。
こうした改善や利便性の向上で利用者がさらに増え、まずは目指せ1日利用者数10万人といった感じですかね。
今後も自分の出身地を通る沿線の発展を願って、高架化工事の記事をまとめていこうと思います。
20160225011925482.jpg




整理番号k-2016-02-01

ブランズタワーみなとみらい

ブランズタワーみなとみらいは神奈川県横浜市西区みなとみらいで建設中の29階建て、高さ99.7mの超高層タワーマンションで、計画時には(仮称)みなとみらい21 32街区プロジェクト(住宅棟)という名称で計画されていました。
タワーマンションですが、地域冷暖房システムが取り入れられていることが特徴で、横浜・みなとみらいという観光地にありながら高島中央公園や臨港パークなど公園にも恵まれる立地です。




◆過去の記事
→2014年11月10日投稿 ブランズタワーみなとみらい
→2015年3月30日投稿 ブランズタワーみなとみらい





DSC02539.jpg






■概要
・名称  ブランズタワーみなとみらい
・所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目7番2
・階数  地上29階、地下1階建て
・高さ  99.70m
・構造  鉄筋コンクリート造 免震構造
・総戸数 228戸
・敷地面積 3,025.00㎡
・建築面積 1,500.00㎡
・延床面積 26,600.00㎡
・着工  2014年10月1日
・竣工  2017年2月28日予定
・建築主 東急不動産
・施工  清水建設
・設計  清水建設
・最寄駅 みなとみらい、新高島、桜木町
(2016年1月1日撮影)




仮囲いに貼られている建築計画の概要板です。
延床面積に若干の変更があったようなので修正しました。
20160223222053896.jpg







北西側から見た建設中のブランズタワーみなとみらいの様子です。
みなとみらい駅に近いこちら側にエントランスアプローチができるようです。
20160223222050610.jpg





南側から見たブランズタワーみなとみらいの様子です。
手前の仮囲いのある敷地には15階建て、高さ83mの「(仮称)MM21-32街区 オフィス計画」が建設されます。
20160223222100797.jpg





横浜、みなとみらいのタワーマンション群とパシフィコ横浜、そして建設中のブランズタワーみなとみらいです。
タワーマンションが林立するみなとみらいで横浜港に面した一等地で、東京湾方向の展望が開けています。
それにしてもこの光景、もの凄い迫力ですね。
DSC02541.jpg

整理番号B-0242-03

犬山城から見た景色

少し前に犬山城に行ってきました。
犬山城は愛知県犬山市に建つ国宝の天守で、日本国内に現存する江戸時代以前に建造された現存天守12城の一つとなっています。この犬山城は内部に入れるようになっており、最上階は展望台として機能しています。
ということで、今回は犬山城からの景色を載せます。
201601DSC03166 (1)





犬山市中心部、名鉄犬山線の犬山駅周辺の様子です。
犬山駅は犬山線、小牧線、広見線の三路線が分岐する駅で、一日平均16,057人の乗降客数があり、構内の自由通路に店舗なども並ぶ大きな駅となっています。
201601DSC03166 (2)





こちらは西側、岐阜市方面の景色です。
岐阜シティタワー43や岐阜スカイウィング37の建つ岐阜駅周辺や、左真ん中に少し見える航空自衛隊岐阜基地(各務原飛行場)を見ることができます。
201601DSC03166 (5)




犬山城の北側には鵜飼で有名な木曽川が流れ、飛騨方面の山々を眺めることができます。
201601DSC03166 (3)




各務原市鵜沼方面の景色です。
ちなみに真ん中やや右側の白い建物は「テラスノバ鵜沼」で18階建ての高層マンションです。眺めがよさそうですね。
201601DSC03166 (4)




東側には日本モンキーセンターのある日本モンキーパークがあります。
少し前までは日本初の旅客営業用跨座式モノレールがありましたが、利用者の減少で廃止されていしまいました。
201601DSC03166 (6)




犬山城から犬山城下町を見下ろした様子です。
古い美しい街並みが残されており、木造の商店が連なります。過去には道幅拡張でこの景観が壊されてしまう危機にも瀕したそうですが、現在ではこの歴史的な街並みを活かして観光都市を創り上げています。
犬山は木曽川の鵜飼、モンキーパーク、国宝の犬山城と城下町と観光名所が数多く存在するので、愛知県を観光するならぜひ一度は訪れてほしいなと思う場所の一つです。
201601DSC03166 (8)



最後は犬山城から見た名古屋都心方面の様子です。
位置関係は右側の超高層ビルが連なる場所が名古屋駅、真ん中のひと際目立つ超高層マンションが「ザ・シーン城北」でその奥が栄周辺となります。
栄周辺が70~100m程度の高層ビル、名古屋駅周辺に170~250m程度の超高層ビルが並びますが、やはり200m級の超高層ビルは巨大で約25km離れた犬山からでも目立ちますね。
201601DSC03166 (7)

整理番号 P0059-01

JRゲートタワー

JRゲートタワーは愛知県名古屋市中区名駅の名古屋ターミナルビルの建て替えに伴う再開発事業で、46階建て、高さ211.10m(最高高さ220m)の超高層ビルが建設中で、愛知県ではミッドランドスクエア、JRセントラルタワーズオフィスタワー、ホテル棟に次ぐ4番目に高い超高層ビルとなる予定です。






◆過去の記事
→2014年2月10日投稿 JRゲートタワー
→2014年5月12日投稿 JRゲートタワー
→2014年7月17日投稿 JRゲートタワー
→2014年8月11日投稿 JRゲートタワー
→2014年9月14日投稿 JRゲートタワー
→2014年10月13日投稿 JRゲートタワー
→2014年11月20日投稿 JRゲートタワー
→2014年12月10日投稿 JRゲートタワー
→2015年1月13日投稿 JRゲートタワー
→2015年2月12日投稿 JRゲートタワー
→2015年3月13日投稿 JRゲートタワー
→2015年4月14日投稿 JRゲートタワー
→2015年5月15日投稿 JRゲートタワー
→2015年6月10日投稿 JRゲートタワー
→2015年7月13日投稿 JRゲートタワー
→2015年8月13日投稿 JRゲートタワー
→2015年9月14日投稿 JRゲートタワー
→2015年10月11日投稿 JRゲートタワー
→2015年11月20日投稿 JRゲートタワー
→2015年12月20日投稿 JRゲートタワー
→2015年1月19日投稿 JRゲートタワー








201602DSC03587 (20)






■概要
・名称  JRゲートタワー
・所在地 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1015番
・階数  地上46階、地下6階建て
・高さ  211.10m (最高高さ220m)
・構造  鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 97,191.00㎡
・建築面積 10,492.78㎡
・延床面積 265,337.92㎡(うち名古屋駅新ビル264,903.23㎡)
・着工  2012年9月28日頃
・竣工  2017年2月予定
・設計  コーン・ペダーセン・フォックス、大成建設、日建設計、ジェイアール東海コンサルタンツ
・建築主 JR東海、ジェイアールセントラルビル
・施工  名古屋駅新ビル(仮称)新設他工事共同企業体(大成建設、鹿島建設による共同企業体)
・最寄駅 名古屋、名鉄名古屋、近鉄名古屋
(2016年2月16日撮影)











東側から見上げたJRゲートタワーの様子です。
こちらがわから見ると外観が4層に分けられ、地上階のエントランス部分、低層階、中層階、高層階という感じで高くなるほど、窓ガラス面積が増えていきます。
20160222123744590.jpg





最頂部に拡大してみるとタワークレーンの解体が行われていました。
20160222123735500.jpg







JRゲートタワーの低層棟です。低層棟は商業施設で、高島屋とビックカメラが入居します。
JRゲートタワーのテナントは1階にバスターミナル、1階から14階にJR名古屋タカシマヤとビックカメラ、15階に中庭とスカイストリート(南側にあるJRセントラルタワーズの15階と接続される)、19階から25階には名古屋JRゲートタワーホテル、16階から17階と27階28階には保育、健康、医療施設、金融機関などが入居し、29階から44階は主にオフィスフロアとなる予定です。
20160222123727284.jpg






外観はカーテンウォールが取り付けられてほとんど完成しているように見えますが、地上階はまだ作業床でこのようにトラックが出入りしている状態です。
20160222123732241.jpg









西側の太閤通口から見上げたJRゲートタワーの様子です。
こちら側は低層棟が無いので、200m級超高層ビルのスラッとした美しさが際立ちます。
低層部分は隣に建つJRセントラルタワーズの駐車場棟に合わせた腰高で分けられたカーテンウォールが取り付けられています。
20160222123741638.jpg








西側から見た名古屋駅前もかなり迫力が出てきましたね。
20160222123738446.jpg

整理番号B-0004-23

高島屋南地区第一種市街地再開発事業

高島屋南地区第一種市街地再開発事業は岐阜県岐阜市の高島屋岐阜店の南側の柳ヶ瀬地区と呼ばれる岐阜の中心的な商業地を再開発する計画で、35階建ての超高層タワーマンションと商業施設ができる予定です。
当初の計画では27階建て、高さ100m、約34,000㎡での再開発計画でしたが、地権者などの積極的な参加により、敷地面積が約4,400㎡から約6,500㎡に増加し、規模が拡大されています。




◆過去の記事
→2015年4月3日投稿 高島屋南地区第一種市街地再開発事業



2016-DSC03103.jpg





■概要
・名称  高島屋南地区第一種市街地再開発事業
・所在地 岐阜県岐阜市徹明通2丁目、神室町2丁目、金町4丁目
・階数  地上35階建て
・高さ  約120m(高さ推定/詳細不明)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数  250戸-300戸(計画)
・敷地面積  約6,500㎡
・建築面積   -
・延床面積   -
・着工   2017年度以降
・竣工    -
・建築主 高島屋南市街地再開発組合(マンション部分:大京)
・施工  戸田建設
・最寄駅 岐阜、名鉄岐阜
(2016年2月4日撮影)














高島屋南地区第一種市街地再開発事業の完成予想図です。
地権者の積極的な参加により敷地面積が大幅に増えたため、35階建てに規模が拡大しました。
また、組合参加員に大京、定業務代行者を戸田建設にそれぞれ決まり、大京がマンション部分に関わるということで、マンション名は「ライオンズタワー○○」?になるものかと思われます。
→日刊建設工業新聞 高島屋南地区再開発(岐阜市)/特定業務代行者に戸田建設/組合
20160221102857607.jpg





東側から見た高島屋南地区第一種市街地再開発事業の計画地です。
現在は老朽化した家屋や店舗が並びます。
20160221102904853.jpg




南側から見た高島屋南地区第一種市街地再開発事業の計画地です。
アーケード付きの商店街の通りがあり、通りに面した建物は中層の雑居ビルとなっていました。
ちなみに再開発後の建物は1~4階は商業施設と公的施設、5~35階を住宅とするようで、公的施設は岐阜市が再開発ビルの保留床を取得してトレーニング施設やプール施設、健康相談、子どもの遊び場や子育て相談、保育所などの公共施設の設置を検討しているそうです。
※ドルフィンの看板の右側辺りに35階建て、超高層棟ができます。
20160221102910811.jpg





アーケードのある通りです。
人通りも少なく、閑散としていましたが再開発が行われて賑やかになるといいですね。
20160221102907762.jpg






高島屋南地区第一種市街地再開発事業の南側に位置する金公園から見た再開発区域の様子です。
20160221102901604.jpg




最後に、再開発区域南側の金公園に自分が幼少期に見た路面電車が展示されていました。
記憶が曖昧でどんな路面電車だったかなと少し忘れていましたが、丸い窓があるなど色々と思い出しました。
岐阜市民に愛されたこの車両が再開発区域に移転されてカフェなどになれば良いなとは思いますが、痛みも激しく、再開発区域での設置場所も限られるためこのまま展示となるのかなと思います。

岐阜は再開発や様々な施設誘致に積極的で、再開発であれば市内の岐阜シティタワー43、大規模施設であれば飛騨のカミオカンデなどがあります。過去には「首都を東農へ」というキャッチフレーズで首都移転運動も行われていました。
この勢いで岐阜が発展していけば良いですね。今後に期待です。
20160221103144356.jpg



整理番号B-0389-02

検索フォーム

プロフィール

きりぼう

Author:きりぼう
超高層ビル、沿線開発、都市開発巡りをしております、きりぼうです。

このブログでは主に、超高層ビルをメインとして、都市開発、鉄道高架化事業、都市景観、区画整理事業、風景写真を載せていこうと思ってます。

よろしくお願い致します。


Profile:
・22歳男子大学生
・愛知県瀬戸市在住
・瀬戸西高校→愛知淑徳大学 建築4
・趣味は写真、散歩
・性格は優しめの職人気質
・好きな食べ物は焼きそば、甘い物

最新記事

錦二丁目7番第一種市街地再開発事業 Nov 21, 2017
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト Nov 21, 2017
中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。) Nov 20, 2017
Tステージ岡崎ウイングタワー Nov 20, 2017
プレミスト千早タワー ツインマークス エアタワー Nov 19, 2017
アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 Nov 19, 2017
新橋一丁目プロジェクト Nov 18, 2017
新国立競技場(仮称) Nov 18, 2017
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉 Nov 17, 2017
プラウド高岳 Nov 17, 2017

カテゴリ

PR

PR

賃貸物件

PR

老人夫婦

閲覧者数 2016.03.25-