マークス・ザ・タワー清水(えじりあ)

マークス・ザ・タワー清水(えじりあ)は静岡県静岡市清水区辻の清水駅前に建つ25階建て、高さ94.9m、総戸数134戸の超高層タワーマンションで「清水駅西第一地区第一種市街地再開発業」という名称で再開発されました。













■概要
・名称  マークス・ザ・タワー清水(えじりあ)
・所在地 静岡県静岡市清水区辻1丁目2
・階数  地上25階、地下1階建て
・高さ  94.9m
・構造  鉄筋コンクリート造、(一部鉄骨造)
・総戸数 134戸
・敷地面積 3,643.80㎡
・建築面積 2,899.12㎡
・延床面積 31,654.31㎡
・着工  2010年7月
・竣工  2012年11月30日
・設計  ---
・建築主 静岡鉄道
・施工  三井住友建設・鈴与建設共同企業体
・最寄駅 清水
(2016年8月4日撮影)




再開発ビル全体の名称は「えじりあ」で1924年まで存在した江尻町や清水駅が1934年に改称される前の駅名である江尻駅から取られたと思われます。
ちなみにこの「えじりあ」の3-4階には「こどもクリエイティブタウンま・あ・る」というこどもたちを対象にした仕事体験やものづくり体験を通じて、自主性や創造性を育み、社会・経済の仕組みや地域産業を学ぶ施設が入居しています。








屋上にはテラスでもあるのでしょうか。
ガラスで覆われた場所がありました。








南側から見たマークス・ザ・タワー清水(えじりあ)の様子です。







北側には立体駐車場があります。






「えじりあ」にはカラオケからサイゼリヤまで色々と入っています。








少しごちゃごちゃした印象だった清水駅周辺が駅前再開発とロータリー整備をするだけでかなり綺麗に整ったと思います。
静岡の他の駅前でもこのように再開発が進めば良いですね。


整理番号B-0438-01

スポンサーサイト

ベイタワー清水

ベイタワー清水は静岡県静岡市清水区真砂町に建つ20階建て、高さ72.2m、総戸数92戸の超高層マンション建築主はセキスイハイム、施工は三井住友建設となっています。















■概要
・名称  ベイタワー清水
・所在地 静岡県静岡市清水区真砂町5
・階数  地上20階建て
・高さ  72.2m
・構造  鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・総戸数 92戸(他、店舗2戸、集会所1戸)
・敷地面積 2190.55㎡
・建築面積 1348.84㎡
・延床面積 ---
・着工  ---
・竣工  2011年2月
・設計  ---
・建築主 セキスイハイム
・施工  三井住友建設
・最寄駅 清水
(2016年8月3日撮影)




真下から見上げたベイタワー清水の様子です。
ヤシの木が印象的でした。






南側側から見たベイタワー清水です。
大通りから一本奥へ入った場所ですが駅から徒歩4分と利便性は高い場所です。







エントランス部分の様子です。
低層階のタイルの貼り方が特徴的でして、エントランスまわりもちょっと南国っぽい雰囲気が出ています。








北側から見たベイタワー清水です。


整理番号B-0437-01

マークス・アネシスタワー草薙

マークス・アネシスタワー草薙は静岡県静岡市清水区草薙に建つ27階建て、高さ106.35m、総戸数136戸の超高層タワーマンションで、草薙駅南口地区第一種市街地再開発事業という再開発事業によって建設されました。
JR東海道本線草薙駅は静岡駅まで2駅7分の距離で、その草薙駅前に建つ好立地のためか竣工前に完売となっていたようです。
ちなみに徒歩2分の場所に静鉄清水線の草薙駅もあるようで地方都市郊外では珍しく鉄道利便性に優れている立地です。






◆過去の記事
→2014年1月3日投稿 草薙駅南口地区第一種市街地再開発事業











■概要
・名称  マークス・アネシスタワー草薙
・所在地 静岡県静岡市清水区草薙一丁目3番
・階数  地上27階、地下1階建て
・高さ  106.35m
・構造  鉄筋コンクリート造、(一部鉄骨造)
・総戸数 136戸
・敷地面積 3,419.14㎡
・建築面積 2,264.16㎡
・延床面積 23,675.69㎡
・着工  2013年12月1日
・竣工  2016年3月末日
・建築主 草薙駅南口市街地再開発組合
・施工  静与建設、清水建設共同体
・最寄駅 草薙
(2016年8月4日撮影)















右側の建物がJR草薙駅で画像左側がマークス・アネシスタワー草薙となっており、すぐ隣が駅であることがわかります。








北東側から見上げたマークス・アネシスタワー草薙です。
低層階にはグラソード草薙という商業施設が入っており、「草薙の剣」を意味して「草 (グラス)」と「薙の剣 (ソード)」を合わせた言葉らしく非常に格好良いネーミングセンスとなっています。






低層階の様子です。
コンビニのローソンと薬局のうさぎ薬局、補聴器のサガワ、美容室サンロード、蕎麦deカフェ、歯科等の生活利便施設が集まっています。








北側から見上げたマークス・アネシスタワー草薙です。手前側、東側には立体駐車場があり、パーク&ライドも行えるようになっています。








低層部分の外観デザインは和風モダンと洋風が合わさったような洒落たデザインとなっています。









高層階の住戸部分のバルコニーもこだわっており、下階の天井から床面に行くほど手前に庇が出てきているので、ただお洒落なだけでなく下から見上げた際のプライバシー保護にもなります。








南側から見上げたマークス・アネシスタワー草薙の様子です。
ちなみに草薙駅の一日平均乗降客数は17,062人で一時間あたり6本の電車が来るようです。
一時間あたり6本ということは10分間隔程度でやってくるので名古屋市の地下鉄並みに便利ですね。
自分は日中に東海道線で移動していましたが立ち客も結構いたので本数増と併せてそろそろ快速列車等の速達便も欲しいところですね。








草薙駅の北側には静岡銀行の本部があります。
こちらは20階建て、高さ103.60mとマークス・アネシスタワー草薙とほぼ同規模の高さとなります。
静岡は駅前の再開発が盛んで都心の静岡駅前はもちろんのこと、副都心、新都心を目指す東静岡や郊外都市にあたる草薙、清水などの駅前では超高層タワーマンションや商業施設の建設が相次ぎ、コンパクトシティ化が進められています。




整理番号B-274-02

プレミアムタワー静岡

プレミアムタワー静岡は静岡県静岡市駿河区南町に建つ26階建て、高さ95.45m、総戸数120戸のタワーマンションで、(仮称)静岡駅前南町10地区第一種市街地再開発事業という名称で計画され、新幹線も止まる静岡駅から徒歩1分の場所で建設されました。





DSC09577.jpg







■概要
・名称  プレミアムタワー静岡
・所在地 静岡県静岡市駿河区南町10番55
・階数  地上26階建て
・高さ  95.45m
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造 (免震構造)
・総戸数 120戸
・敷地面積 2,109.38㎡
・建築面積 1,507.97㎡
・延床面積 21,284.25㎡
・着工  2013年10月1日
・竣工  2016年2月9日
・建築主 静岡駅前南町10地区市街地再開発組合(売主:フジ都市開発)
・設計 アール・アイ・エー
・施工  木内建設
・最寄駅 静岡
(2016年8月4日撮影)





南東側から見たプレミアムタワー静岡の様子です。









北側から見上げたプレミアムタワー静岡の様子です。
再開発が行われる箇所は同時に電線の地中化も行われることがありますが、ここはそのままでした。。









エントランスまわりです。免震構造のため、敷地と建物が分離しているように見えます。








歩道も整備されました。
明るい色のタイルが敷き詰められ、街路樹が植えられています。
建物基礎部分に置かれた小さなベンチがかわいらしいですね。








南側から見上げたプレミアムタワー静岡の様子です。








低層部分には店舗や事務所などが入ります。








新幹線の駅徒歩一分の場所に建つ超高層タワーマンション。かなり人気のようで竣工前に全戸完売したようです。




整理番号B-0338-07

ザ・エンブル七間町

ザ・エンブル七間町は静岡県静岡市葵区七間町に建設中の27階建て、高さ90.828m、総戸数170戸の超高層タワーマンションで「静岡七間町地区優良建築物等整備事業」という計画名称で行われている再開発事業です。














■概要
・名称  ザ・エンブル七間町
・所在地 静岡県静岡市葵区七間町14番4
・階数  地上27階、地下1階建て
・高さ  90.828m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 170戸
・敷地面積 1,658.26㎡
・建築面積 879.66㎡
・延床面積 19,506.30㎡
・着工  2015年8月初旬
・竣工  2017年7月末日
・設計  奥村組
・建築主 静岡七間町地区優良建築物等整備事業(ヨシコン)
・施工  奥村組
・最寄駅 静岡、新静岡
(2016年8月4日撮影)






建築計画の概要板です。








東側から見た建設中のザ・エンブル七間町の様子です。









北東側から見た建設中のザ・エンブル七間町の様子です。










常磐公園へ続く青葉緑地から見た建設中のザ・エンブル七間町です。
タワークレーン1基で建設が進められています。








別雷神社越しに建設中のザ・エンブル七間町です。
神社のすぐ裏手で建設されており、ザ・エンブル七間町が竣工するとこの雰囲気も結構変わりそうですね。
変わりゆく街並みを神社の神様も見守っていてくれそうです。

公式ホームページから拝借した外観完成予想図です。

ザ・エンブル七間町 公式サイト



整理番号B-0435-01

エンブルタワー七間町

エンブルタワー七間町は静岡県静岡市葵区七間町に建つ20階建て、高さ64.80mのタワーマンションで、 常磐公園や伊勢丹、静岡駅が徒歩圏内の七間町にヨシコンが分譲中です。







DSC09630.jpg






■概要
・名称  エンブルタワー七間町
・所在地 静岡県静岡市葵区七間町17番1
・階数  地上20階建て
・高さ  64.80m
・構造  鉄筋コンクリート造(免震構造)
・総戸数 111戸(他店舗1戸)
・敷地面積 650.20㎡
・建築面積 10,896.56㎡
・延床面積 9794.72㎡
・着工  2013年10月1日
・竣工  2015年3月31日
・建築主 ヨシコン
・施工  奥村組
・最寄駅 静岡
(2016年8月4日撮影)





地上の様子です。
敷地西側の道路はアスファルト舗装ではなく、美しくタイルで整備されていました。
エンブルタワー七間町の1階にはエントランスだけでなく、コンビニのローソンも入っています。
いつも見上げる高さにあるローソンの看板が地面に程近い場所に埋まっていたのが印象的でした。








南側から見上げたエンブルタワー七間町の様子です。









北側から見たエンブルタワー七間町です。
敷地北側では現在、ザ・エンブル七間町(27階建て、高さ90.828m)が建設中です。








エンブルタワー七間町は免震マンションで積層ゴムの他にオイルダンパーを組み込み、東海地震などが懸念される静岡県の揺れの係数をクリアした設計になっているようです。
免震構造であれば地震を心配せずに安心して住めますね。




整理番号B-0270-02

サーパスタワー東静岡

サーパスタワー東静岡は静岡県静岡市の副都心、東静岡で建設中の20階建て、高さ63.55mのタワーマンションでマンション名からもわかる通り、穴吹工務店によって分譲、施工されています。









■概要
・名称  サーパスタワー東静岡
・所在地 静岡県静岡市駿河区静岡都市計画事業東静岡駅周辺土地区画整理事業10街区符号7
・階数  地上20階建て
・高さ  63.55m
・構造  鉄筋コンクリート造(免震構造)
・総戸数 93戸(店舗1戸含む)
・敷地面積 1,380.77㎡
・建築面積 863.49㎡
・延床面積 11,559.17㎡
・着工   -
・竣工  2015年7月
・建築主 穴吹工務店
・施工  穴吹工務店
・最寄駅 東静岡
(2014年12月21日撮影)









東側から見た建設中のサーパスタワー東静岡の様子。
完全に養生シートで覆われての建設なので外観はわかりませんでした。
タワーマンション建設は大抵、施工階の5階前後まで足場を組んで、完成したフロアは足場が取り外されていきますが、20階前後ではこのように足場を組み、完全に養生シートで覆われることもしばしばあります。







北東側から見たサーパスタワー東静岡の様子です。
サーパスタワー東静岡は東海地震の危惧される静岡県という事もあり、防災対策がかなり行き届いたマンションで免震構造はもちろん、停電した際には自家発電機で発電した電力を各戸へ供給できるほか、エレベーターも自家発電による電力で動き、各フロアに設置された共用水栓から水を確保することができます。






北側から見たサーパスタワー東静岡の様子です。






サーパスタワー東静岡のエントランス付近です。
建物内モデルルームも公開されているためかエントランスホールの部分だけはシートが外されていました。
2フロア分の巨大な窓ガラスが目立ちます。








最後に現地に掲載されていた完成予想図です。




整理番号B-0276-01

草薙駅南口地区第一種市街地再開発事業

草薙駅南口地区第一種市街地再開発事業は静岡県静岡市清水区草薙の草薙駅南口で建設中の27階建て、高さ106.35mの超高層タワーマンションです。












■概要
・名称  草薙駅南口地区第一種市街地再開発事業
・所在地 静岡県静岡市清水区草薙一丁目40番14
・階数  地上27階、地下1階建て
・高さ  106.35m
・構造  鉄筋コンクリート造、(一部鉄骨造)
・総戸数 136戸
・敷地面積 3,419.14㎡
・建築面積 2,264.16㎡
・延床面積 23,675.69㎡
・着工  2013年12月1日
・竣工  2016年3月末日竣工予定
・建築主 草薙駅南口市街地再開発組合
・施工  静与建設、清水建設共同体
・最寄駅 草薙
(2014年12月21日撮影)










草薙駅南口地区第一種市街地再開発事業の完成予想図です。
外観デザインはバルコニーで囲われたデザインになるようです。







タワークレーンを少しアップしてみます。








北側から見た草薙駅南口地区第一種市街地再開発事業の様子です。






静岡銀行の目の前から見た草薙駅南口地区第一種市街地再開発事業の様子です。






仮囲いに貼ってあった草薙駅南口地区第一種市街地再開発事業の完成予想図です。



整理番号B-274-01

検索フォーム

プロフィール

きりぼう

Author:きりぼう
超高層ビル、沿線開発、都市開発巡りをしております、きりぼうです。

このブログでは主に、超高層ビルをメインとして、都市開発、鉄道高架化事業、都市景観、区画整理事業、風景写真を載せていこうと思ってます。

よろしくお願い致します。


Profile:
・22歳男子大学生
・愛知県瀬戸市在住
・瀬戸西高校→愛知淑徳大学 建築4
・趣味は写真、散歩
・性格は優しめの職人気質
・好きな食べ物は焼きそば、ラーメン、甘い物

最新記事

名古屋(名駅、栄、伏見etc.)の超高層ビルを含む再開発 MAP 2017秋進行中の開発情報 Nov 24, 2017
栄タワーヒルズ Nov 23, 2017
ロイヤルメドゥ香里園タワー Nov 22, 2017
住友不動産御成門タワー Nov 22, 2017
錦二丁目7番第一種市街地再開発事業 Nov 21, 2017
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト Nov 21, 2017
中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。) Nov 20, 2017
Tステージ岡崎ウイングタワー Nov 20, 2017
プレミスト千早タワー ツインマークス エアタワー Nov 19, 2017
アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 Nov 19, 2017

カテゴリ

PR

PR

賃貸物件

PR

老人夫婦

閲覧者数 2016.03.25-