KiTARA (パークタワー豊田)

KiTARA (パークタワー豊田)は愛知県豊田市喜多町で建設中の26階建て、高さ84m、総戸数161戸のタワーマンションで、再開発計画地には西側に複合映画館や商業施設の入る商業・業務棟、敷地中央には高齢者施設棟、屋上緑化や屋上菜園も設置される予定です。
豊田市駅前通り北地区第一種市街地再開発事業はA棟(商業・業務棟、高齢者施設棟)、B棟(住宅棟)、C棟(山車蔵)、D棟(駐車場棟)の4つの棟から構成され、パークタワー豊田はB棟住宅棟にあたります。※D棟駐車場棟に駐車スペース

現在、建物は竣工しており、周辺の外構整備や内装関連の工事を行っています。
また、KiTARAの開業は2017年11月25日となっています。




◆参考資料、引用元
豊田市駅前通り北地区再開発組合






■過去の記事

→2014年10月29日投稿 豊田市駅前通り北地区第一種市街地再開発事業
→2015年7月17日投稿 パークタワー豊田
→2015年10月17日投稿 パークタワー豊田
→2016年1月13日投稿 パークタワー豊田
→2016年6月15日投稿 パークタワー豊田
→2016年10月29日投稿 パークタワー豊田
→2017年4月30日投稿 KiTARA(パークタワー豊田)




DSC09293.jpg







■概要
・名称  KiTARA (パークタワー豊田)
・所在地 愛知県豊田市喜多町1丁目150番、2丁目170番、3丁目120番
・階数  地上26階、地下2階建て
・高さ  84m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 161戸(分譲戸数157戸、権利者住戸4戸、他に店舗事務所2区画)
・敷地面積 8101.02㎡
・建築面積 883.23㎡
・延床面積 17934.47 ㎡
・着工  2014年度
・竣工  2017年9月下旬
・建築主 豊田市駅前通り北地区市街地再開発組合(住宅部分:三井不動産レジデンシャル)
・施工  大成建設、神谷組
・最寄駅 豊田市、新豊田
(2017年10月31日撮影)


















南西側、豊田市駅のペデストリアンデッキを降りた所から見たKiTARA(パークタワー豊田)です。
DSC09264.jpg




再開発街区全体の施設名称が「KiTARA(キタラ)」に決定し、ロゴが取り付けられています。
ロゴは、再開発ビルは3棟の建物と間にある2本の通り抜け空間で構成されていることを一筆書きで表現したものだそうです。
「KiTARA(キタラ)」は建設地の地名である喜多町や気軽に来訪を呼びかける「来たら?」の言葉の響きを含んでおり、「新鮮で、親しみやすい」との評価で、470件の中から選ばれたようですね。

今回は黒一色でロゴが描かれていましたが、以前は緑やオレンジ色も使われていたような気がします、、
今後とそうされるのか、変更になったのか勘違いなのかよくわかりません。
DSC09274.jpg






敷地西側には「商業・業務棟」の5-8階にはシネマコンプレックスの「イオンシネマ豊田KiTARA」が入り、計9スクリーン、1,138席の座席数となります。

近隣には日進市赤池に11月24日に開業する「プライムツリー赤池」にも10スクリーン、約1700席の映画館「TOHOシネマズ赤池」ができ、隣接する長久手市にもイオンシネマ長久手、みよし市にはMOVIX三好、岡崎市には複数の映画館があり、安城、刈谷にもあります。
愛知県東部は映画館の大戦乱状態となっている状況で駅前、駅直結という点がここの利点ですね。

残る隣接自治体で映画館が無いのは瀬戸市のみで、顧客獲得競争の中で愛環一本で豊田市へ出られる瀬戸市の顧客をどう取るかですね。
20171105103354844.jpg




「商業・業務棟」と「高齢者施設棟」の間にはデッキが渡され、2階レベルでも行き来ができるようになります。
20171105103404262.jpg







敷地中央の「高齢者施設棟」です。
特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホームなど計160室が入ります。
木目調の格子や低層部分の外壁が特徴的で美しいですね。
バルコニーの手すりも半透過型ガラスパネル手摺りで、プライバシーを守りつつ、明るい室内空間が実現できていそうです。
20171105103357298.jpg





高齢者施設棟1-2階には商業施設が入るようで、1階にはバー?のようなものが入るのか赤いお洒落な扉が取り付けられていました。
20171105103359741.jpg




南西側から見た住宅棟のKiTARA(パークタワー豊田)です。
駅前立地でありながら自走式駐車場が住戸比約120%確保されており、自動車保有率の高い豊田市で住みやすく生活しやすいマンションとなっています。
半透過型のガラス手摺りのバルコニーが連続しており、角はL字型の大型窓が取り付けられています。
20171105103402113.jpg





北東側から見たKiTARA(パークタワー豊田)です。
世界のTOYOTAのある豊田市らしく、駅前であってもこれだけ巨大な駐車場が整備されています。
中にはトヨタの高級車、レクサスやクラウン、ランドクルーザーが並ぶのでしょうか。
DSC09299.jpg





北東側から見たKiTARA(パークタワー豊田)です。
住宅棟は黒と白のコントラストが美しく、エレベーターと階段部分の垂直移動部分が黒色で遠くから見ると黒の立てラインが目立ちます。
環境対策が重視されており、屋上緑化や太陽光パネル設置のほか、ドライミストによる気化熱で周辺気温低下に貢献するクールスポットを取り入れたり、「MEMS」と呼ばれる各邸のエネルギー使用量を確認でき、IT制御できるシステムが採用されているようです。


また、KiTARA(パークタワー豊田)の東側の通りは「ひまわり通り商店街」となっており、こちらの商店街にどう人を流すかが課題です。
DSC09308.jpg






北東側から見たKiTARA(パークタワー豊田)です。
映画館のある「商業・業務棟」の北側外壁が窓の無い真っ白な壁ですが、もう一つ北側の街区も再開発の話が進んでいるのでしょうか。
20171105103406513.jpg







北側では街路整備が進みます。
20171105103408668.jpg






KiTARA(パークタワー豊田から名鉄豊田線豊田市駅へペデストリアンデッキで接続される計画で、ペデストリアンデッキを通じて松坂屋や愛環新豊田駅まで行くことができるようになります。
20171105103411938.jpg





南側の歩道も以前に比べて広くなり、新たに整備されています。
おいでん祭りなどの際に、屋台を並べることができるくらいの余裕はありそうですね。
20171105103414611.jpg






「市駅」こと、豊田市駅のデッキです。
今後ここからペデストリアンデッキを延伸するものと思われます。
20171105103430504.jpg






再開発の次は駅前広場を整備するのか、豊田市駅前にこのような完成予想図が掲示されています。
20171105103351848.jpg






豊田市駅前から見たKiTARA(パークタワー豊田です。
豊田市駅前に新たに豊田市内最高層の超高層マンションができ、映画館も入る都市型商業施設ができたことによって豊田市の都会化が一気に進みました。
次回は開業後に訪れようと思います。完成が楽しみですね。
DSC09258.jpg


整理番号B-0233-07
スポンサーサイト

Tステージ浄水駅前ルミナリータワー

Tステージ浄水駅前ルミナリータワーは愛知県豊田市浄水に建つ20階建て、総戸数80戸のタワーマンションで、浄水駅前のタワーマンションとしては3番目に建設されるマンションとなります。
エントランスのオートロックをハンズフリーで通行可能な「Racces」や、幅の広い外車にも対応できる車幅1,950mm対応の駐車場などが特徴的なタワーマンションです。




◆過去の記事
→2016年1月11日投稿 Tステージ浄水駅前ルミナリータワー
→2016年6月13日投稿 Tステージ浄水駅前ルミナリータワー
→2016年11月2日投稿 Tステージ浄水駅前ルミナリータワー 





DSC09157.jpg






■概要
・名称   Tステージ浄水駅前ルミナリータワー 
・所在地 愛知県豊田市豊田浄水土地区画整理事業 仮換地57街区4、19
・階数  地上20階建て
・高さ  約66m(高さ推定/詳細不明)
・構造  鉄筋コンクリート造(免震構造)
・敷地面積 2,231.00㎡
・建築面積 590.36㎡
・延床面積 7,941.06㎡ (容積率対象面積:6,606.03㎡)
・総戸数  80戸
・着工  ---
・竣工  2017年1月下旬予定
・設計  岡田建築計画事務所
・建築主 トヨタすまいるライフ
・施工   徳倉建設
・最寄駅 浄水
(2017年10月31日撮影)










北側から見たTステージ浄水駅前ルミナリータワーの様子です。
外観は濃茶やグレー、白系の外壁や格子状の手すりやガラスパネルの手すりの組み合わせからなるシックでモダンなデザインとなっています。








北西側から見たTステージ浄水駅前ルミナリータワーです。
階段は鉄骨外付けタイプの屋外階段となっています。








エントランスアプローチには垂直水平が美しいゲートができていました。







南西側から見たTステージ浄水駅前ルミナリータワーです。











浄水駅南側の広場から見た豊田市浄水のタワーマンション群です。
浄水は名古屋都心の伏見から地下鉄鶴舞線、直通の名鉄豊田線で38分ほどの場所で豊田市駅までは7分という立地です。
世界のTOYOTAこと豊田市中心部へ通勤する層の郊外住宅地として機能しているほか、名古屋の郊外住宅地としても機能しています。
DSC09057.jpg








芝生広場と丘のある浄水公園から見たTステージ浄水駅前ルミナリータワーと周辺の高層マンション群です。
浄水は戦前、大日本帝国陸軍の飛行場である伊保原飛行場があり、そのため平らな台地に区画整理された都市となっています。
敗戦後、飛行場が廃止された後は荒れ地と農地と駐車場が点在していましたが、区画整理に伴って近代的な街並みができつつあります。
DSC09093.jpg


整理番号

KiTARA(パークタワー豊田)

KiTARA(パークタワー豊田)は愛知県豊田市喜多町で建設中の26階建て、高さ84m、総戸数161戸のタワーマンションで、再開発計画地には西側に複合映画館や商業施設の入る商業・業務棟、敷地中央には高齢者施設棟、屋上緑化や屋上菜園も設置される予定です。
豊田市駅前通り北地区第一種市街地再開発事業はA棟(商業・業務棟、高齢者施設棟)、B棟(住宅棟)、C棟(山車蔵)、D棟(駐車場棟)の4つの棟から構成され、パークタワー豊田はB棟住宅棟にあたります。※D棟駐車場棟に駐車スペース




◆参考資料、引用元
豊田市駅前通り北地区再開発組合






■過去の記事

→2014年10月29日投稿 豊田市駅前通り北地区第一種市街地再開発事業
→2015年7月17日投稿 パークタワー豊田
→2015年10月17日投稿 パークタワー豊田
→2016年1月13日投稿 パークタワー豊田
→2016年6月15日投稿 パークタワー豊田
→2016年10月29日投稿 パークタワー豊田




DSC03193.jpg







■概要
・名称  KiTARA(パークタワー豊田)
・所在地 愛知県豊田市喜多町1丁目150番、2丁目170番、3丁目120番
・階数  地上26階、地下2階建て
・高さ  84m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 161戸(分譲戸数157戸、権利者住戸4戸、他に店舗事務所2区画)
・敷地面積 8101.02㎡
・建築面積 883.23㎡
・延床面積 17934.47 ㎡
・着工  2014年度
・竣工  2017年9月下旬
・建築主 豊田市駅前通り北地区市街地再開発組合(住宅部分:三井不動産レジデンシャル)
・施工  大成建設、神谷組
・最寄駅 豊田市、新豊田
(2017年4月23日撮影)











南東側から見た建設中のKiTARA(パークタワー豊田)です。
駅前立地でありながら自走式駐車場が住戸比約120%確保されており、自動車保有率の高い豊田市で住みやすく生活しやすいマンションとなっています。







KiTARA(パークタワー豊田)の敷地西側には8階建ての「商業・業務棟」、敷地中央には8階建ての「高齢者施設棟」が建設されます。

「商業・業務棟」の5-8階にはイオンエンターテイメントの運営するシネマコンプレックス(複合映画館)が入り、計9スクリーン、1,100席の座席数を誇ります。
開業予定は2017年11月となっています。







敷地中央の「高齢者施設棟」です。
特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホームなど計160室が入ります。







新たに再開発街区全体の施設名称が「KiTARA(キタラ)」に決定し、仮囲いに掲示が追加されていました。
ロゴは、再開発ビルは3棟の建物と間にある2本の通り抜け空間で構成されていることを一筆書きで表現したものだそうです。

カラーは、シネコンが入る商業業務棟に喜多町の山車の大幕の紺を、高齢者施設棟には下水熱を給湯に使うこともありエコ・自然の緑を、2つの広場を経た住宅棟は賑わいをイメージしたオレンジで構成しています。

「KiTARA(キタラ)」は建設地の地名である喜多町や気軽に来訪を呼びかける「来たら?」の言葉の響きを含んでおり、「新鮮で、親しみやすい」との評価で、470件の中から選ばれたようですね。









真下から見上げたKiTARA(パークタワー豊田)です。
新緑の木々と澄みわたった青空が心地良いですね。







パークタワー豊田の低層部分です。
低層部分の外観デザインは濃茶色や黒色などの重厚感ある色彩が用いられています。









北側から見上げた建設中のKiTARA(パークタワー豊田)です。
KiTARA(パークタワー豊田)では環境対策が重視されており、屋上緑化や太陽光パネル設置のほか、ドライミストによる気化熱で周辺気温低下に貢献するクールスポットを取り入れたり、「MEMS」と呼ばれる各邸のエネルギー使用量を確認でき、IT制御できるシステムが採用されています。








KiTARA(パークタワー豊田)の南側にはコモ・スクエア イースト棟 タワー・ザ・トヨタ(19階建て、高さ60m、総戸数133戸)が建っており、タワーマンションの谷間ができつつあります。









豊田市駅前は商業施設が集中しており、高密度な街並みとなっていますが、少し離れると戸建て住宅街、徒歩圏内には矢作川の河川敷や緑豊かな田園風景を望める都市です。
矢作川河川敷まで歩いて十数分なので行ってみました。ちなみにこの後ろがわに豊田スタジアムがあります。
DSC03249.jpg









矢作川河川敷から見た建設中のKiTARA(パークタワー豊田)です。
手前の大胆なデザインの豊田大橋や緑豊かな木々と組み合わせて、近未来的な景観を愉しむことができました。
DSC03289.jpg



整理番号B-0233-06

Tステージ浄水駅前ルミナリータワー

Tステージ浄水駅前ルミナリータワーは愛知県豊田市浄水で建設中の20階建て、総戸数80戸のタワーマンションで、浄水駅前のタワーマンションとしては3番目に建設されるマンションとなります。
エントランスのオートロックをハンズフリーで通行可能な「Racces」や、幅の広い外車にも対応できる車幅1,950mmの駐車場などが特徴的なタワーマンションです。







◆過去の記事
→2016年1月11日投稿 Tステージ浄水駅前ルミナリータワー
→2016年6月13日投稿 Tステージ浄水駅前ルミナリータワー













■概要
・名称   Tステージ浄水駅前ルミナリータワー 
・所在地 愛知県豊田市豊田浄水土地区画整理事業 仮換地57街区4、19
・階数  地上20階建て
・高さ  約66m(高さ推定/詳細不明)
・構造  鉄筋コンクリート造(免震構造)
・敷地面積 2,231.00㎡
・建築面積 590.36㎡
・延床面積 7,941.06㎡ (容積率対象面積:6,606.03㎡)
・総戸数  80戸
・着工  ---
・竣工  2017年1月下旬予定
・設計   岡田建築計画事務所
・建築主 トヨタすまいるライフ株式会社 
・施工   徳倉建設株式会社
・最寄駅 浄水
(2016年10月28日撮影)








南側から見上げた建設中のTステージ浄水駅前ルミナリータワーの様子です。








西側から見た建設中のTステージ浄水駅前ルミナリータワーの様子です。







外観は濃茶やグレー、白系の外壁や格子状の手すりやガラスパネルの手すりの組み合わせからなるシックでモダンなデザインとなっています。








浄水駅南側から見た浄水の高層住宅群です。
左側からゼスタ浄水タワー、真ん中の幅広の超高層マンションがTステージ浄水タワーゲート、右がTステージ浄水駅前ルミナリータワーとなります。
浄水は戦前、大日本帝国陸軍の飛行場である伊保原飛行場があり、そのため平らな台地に区画整理された都市となっています。
敗戦後、飛行場が廃止された後は荒れ地と農地と駐車場が点在していましたが、区画整理に伴って近代的な街並みができつつあります。








浄水の北側、愛知環状鉄道保見駅付近から見た浄水駅周辺の様子です。
手前は田園風景が残され、駅周辺は高密度な街並みとなっている所謂、コンパクトシティとなっています。
徒歩圏内に自然が残されているのも浄水の良いところですね。
ちなみにそんな浄水は名古屋都心の伏見から地下鉄鶴舞線、直通の名鉄豊田線で38分ほどの場所で豊田市駅までは7分です。
豊田は文字通りトヨタ自動車のお膝元なので鉄道は15分間隔にしか来ないので少し不便ですが、自動車だけでなく鉄道も使える浄水は将来的にも発展していくと思われます。



整理番号B-0383-03

パークタワー豊田

パークタワー豊田は愛知県豊田市喜多町で建設中の26階建て、高さ84m、総戸数161戸のタワーマンションで、再開発計画地には西側に複合映画館や商業施設の入る商業・業務棟、敷地中央には高齢者施設棟、屋上緑化や屋上菜園も設置される予定です。
豊田市駅前通り北地区第一種市街地再開発事業はA棟(商業・業務棟、高齢者施設棟)、B棟(住宅棟)、C棟(山車蔵)、D棟(駐車場棟)の4つの棟から構成され、パークタワー豊田はB棟住宅棟にあたります。※D棟駐車場棟に駐車スペース
現在は14階付近の施工しているようです。







■過去の記事
→2014年10月29日投稿 豊田市駅前通り北地区第一種市街地再開発事業
→2015年7月17日投稿 パークタワー豊田
→2015年10月17日投稿 パークタワー豊田
→2016年1月13日投稿 パークタワー豊田
→2016年6月15日投稿 パークタワー豊田












20161028130434252.jpg








■概要
・名称  パークタワー豊田
・所在地 愛知県豊田市喜多町1丁目150番、2丁目170番、3丁目120番
・階数  地上26階、地下2階建て
・高さ  84m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 161戸(分譲戸数157戸、権利者住戸4戸、他に店舗事務所2区画)
・敷地面積 8101.02㎡
・建築面積 883.23㎡
・延床面積 17934.47 ㎡
・着工  2014年度
・竣工  2017年度9月下旬
・建築主 豊田市駅前通り北地区市街地再開発組合(住宅部分:三井不動産レジデンシャル)
・施工  大成建設、神谷組
・最寄駅 豊田市、新豊田
(2016年10月28日撮影)







南東側から見た建設中のパークタワー豊田の様子です。
20161028130436711.jpg





パークタワー豊田は全戸南向きでバルコニーは白乳色のガラス手摺が採用されており、タワーマンションの高層とガラス手摺によって開放感と室内の明るさを確保できます。
20161028130438964.jpg






北側から見上げた建設中のパークタワー豊田の様子です。
ちなみにパークタワー豊田は環境対策が重視されており、屋上緑化や太陽光パネル設置のほか、ドライミストによる気化熱で周辺気温低下に貢献するクールスポットを取り入れたり、「MEMS」と呼ばれる各邸のエネルギー使用量を確認でき、IT制御できるシステムが採用されています。
20161028130441933.jpg





少し離れたところから見たパークタワー豊田です。
豊田市駅前は商業施設が集中しており、高密度な街並みとなっていますが、少し離れると戸建て住宅街、徒歩圏内には矢作川の河川敷や緑豊かな田園風景を望める都市です。
20161028130444083.jpg





こちらは敷地西側で建設中の商業・業務棟です。
商業・業務棟は1階から4階まで商業施設や事務所が入り、5階には複合映画館が入ります。
鉄道利便性の高い豊田市駅前に映画館ができるので周辺のみよし、日進、岡崎や瀬戸方面の車を持っていない人でも電車に30分ほど揺られれば映画館まで楽々アクセスできますね。
20161028130446857.jpg





豊田市駅前は2000年以降、業務商業集積が着々と進んでいます。
将来的には町田市や立川市など、首都圏の郊外拠点都市と同等のレベルまで集積が進むと良いですね。
豊田市は世界のトヨタがあり、自動車利用率が圧倒的に高い都市で、駅前には商業施設が集中しにくい(ロードサイドの利便性が高いため)ですが、パークアンドライドによって都市部への人口流動の集中を促すことができれば、渋滞などの都市問題にも悩まされず地域の公共交通機関や自動車産業の経営安定も図りながら駅前への商業集積を進められるかと思います。
20161028130449719.jpg





豊田市駅前は「市駅」と略されて呼ばれることもあるようで、休日には豊田市内から多くの人がショッピングや娯楽に訪れるようですね。
最近ではオープンカフェが行われていたりします。
20161028130451863.jpg

整理番号B-0233-05

パークタワー豊田

パークタワー豊田は愛知県豊田市喜多町で建設中の26階建て、高さ84m、総戸数161戸のタワーマンションで、再開発計画地には西側に複合映画館や商業施設の入る商業・業務棟、敷地中央には高齢者施設棟、屋上緑化や屋上菜園も設置される予定です。
現在は4階付近の施工をしていましたが、1期販売住戸が完売している模様です。







■過去の記事
→2014年10月29日投稿 豊田市駅前通り北地区第一種市街地再開発事業
→2015年7月17日投稿 パークタワー豊田
→2015年10月17日投稿 パークタワー豊田
2016年1月13日投稿 パークタワー豊田














■概要
・名称  パークタワー豊田
・所在地 愛知県豊田市喜多町1丁目150番、2丁目170番、3丁目120番
・階数  地上26階、地下2階建て
・高さ  84m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 161戸(分譲戸数157戸、権利者住戸4戸、他に店舗事務所2区画)
・敷地面積 8101.02㎡
・建築面積 883.23㎡
・延床面積 17934.47 ㎡
・着工  2014年度
・竣工  2017年度9月下旬
・建築主 豊田市駅前通り北地区市街地再開発組合(住宅部分:三井不動産レジデンシャル)
・施工  大成建設、神谷組
・最寄駅 豊田市、新豊田
(2016年6月7日撮影)










南側から見た建設中のパークタワー豊田の様子です。
ちなみにパークタワー豊田は環境対策が重視されており、屋上緑化や太陽光パネル設置のほか、ドライミストによる気化熱で周辺気温低下に貢献するクールスポットを取り入れたり、「MEMS」と呼ばれる各邸のエネルギー使用量を確認でき、IT制御できるシステムが採用されています。









南西側から敷地全体を見渡した様子です。
敷地西側にはシネコン等の入る商業・業務棟、敷地中央には高齢者施設棟が建設されます。









北側から見上げた建設中のパークタワー豊田の様子です。
愛知県内を含め、中部圏内で初の三井不動産レジデンシャルのパークタワーブランドが採用され、豊田市最高層という名に恥じない名称となりました。










豊田市駅前のペデストリアンデッキから見た建設中のパークタワー豊田です。
駅からこの距離ですが自走式駐車場が住戸比約120%確保されており、自動車保有率の高い豊田市で住みやすく生活しやすいマンションとなっています。









現地仮囲いに掲示されている完成予想図です。
パークタワー豊田は全戸南向き、開放的なガラス手摺の設置されたバルコニーが採用されています。







パークタワー豊田の建設が行われている豊田市駅前通り北地区を中心として東西に公園、競技施設を端とした軸が広がっていくイメージです。



整理番号B-0233-04

Tステージ浄水駅前ルミナリータワー

Tステージ浄水駅前ルミナリータワーは愛知県豊田市浄水で建設中の20階建て、総戸数80戸のタワーマンションで、浄水駅前のタワーマンションとしては3番目に建設されるマンションとなります。
エントランスのオートロックをハンズフリーで通行可能な「Racces」や、幅の広い外車にも対応できる車幅1,950mmの駐車場などが特徴的なタワーマンションです。












■概要
・名称   Tステージ浄水駅前ルミナリータワー 
・所在地 愛知県豊田市豊田浄水土地区画整理事業 仮換地57街区4、19
・階数  地上20階建て
・高さ  約66m(高さ推定/詳細不明)
・構造  鉄筋コンクリート造(免震構造)
・敷地面積 2,231.00㎡
・建築面積 590.36㎡
・延床面積 7,941.06㎡
・総戸数  80戸
・着工  ---
・竣工  2017年1月下旬予定
・設計   岡田建築計画事務所
・建築主 トヨタすまいるライフ株式会社 
・施工   徳倉建設株式会社
・最寄駅 浄水
(2016年6月7日撮影)





西側から見上げたTステージ浄水駅前ルミナリータワーの様子です。








南西側から見た建設中のTステージ浄水駅前ルミナリータワーの様子です。










ちなみに南東側はこの様な低層戸建て住宅街なので猿投方面の山々まで見渡せる開放的な展望が売りのようです。







浄水駅前の広場から見たTステージ浄水駅前ルミナリータワー等のタワーマンション群です。
浄水駅周辺は再開発され、高密度な都市景観と緑豊かな低密度な住宅街がはっきりと分かれていることが特徴ですね。
浄水駅は名古屋都心の伏見から地下鉄鶴舞線、直通の名鉄豊田線で38分ほどの場所で駅から少し離れた場所は緑豊かな田園風景が広がっています。



整理番号B-0383-02

パークタワー豊田

パークタワー豊田は愛知県豊田市喜多町で建設中の26階建て、高さ84m、総戸数161戸のタワーマンションで、再開発計画地には西側に複合映画館や商業施設の入る商業・業務棟、敷地中央には高齢者施設棟、屋上緑化や屋上菜園もできる予定です。







■過去の記事
→2014年10月29日投稿 豊田市駅前通り北地区第一種市街地再開発事業
→2015年7月17日投稿 パークタワー豊田
→2015年10月17日投稿 パークタワー豊田











■概要
・名称  パークタワー豊田
・所在地 愛知県豊田市喜多町2丁目31番の一部他
・階数  地上26階、地下2階建て
・高さ  84m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 161戸(分譲戸数157戸、権利者住戸4戸、他に店舗事務所2区画)
・敷地面積 8,101.02㎡
・建築面積 890.36㎡
・延床面積 17,933.92 ㎡
・着工  2014年度
・竣工  2017年度9月下旬
・建築主 豊田市駅前通り北地区市街地再開発組合(住宅部分:三井不動産レジデンシャル)
・施工  大成建設、神谷組
・最寄駅 豊田市、新豊田
(2016年1月9日撮影)














南側から見た建設中のパークタワー豊田の様子です。
現在は地階の施工が行われており、次回の撮影の時には躯体が現れていると思われます。







北側から見たパークタワー豊田の建設予定地です。






パークタワー豊田の最寄り駅は名鉄豊田線、三河線の豊田市駅と愛知環状鉄道の新豊田駅です。
豊田市駅からは名古屋都心の伏見まで直通で一本で行けることができる上、始発駅なので座って通勤が可能、更に2027年には名鉄名古屋駅から直通特急が三河線経由で運行されるようになるので、利便性が高くなる予定です。
愛知環状鉄道の方は岡崎や瀬戸に直通で行けますが、東京の武蔵野線のような郊外間路線なので本数は非常に少ないです。



整理番号B-0233-03

検索フォーム

プロフィール

きりぼう

Author:きりぼう
超高層ビル、沿線開発、都市開発巡りをしております、きりぼうです。

このブログでは主に、超高層ビルをメインとして、都市開発、鉄道高架化事業、都市景観、区画整理事業、風景写真を載せていこうと思ってます。

よろしくお願い致します。


Profile:
・22歳男子大学生
・愛知県瀬戸市在住
・瀬戸西高校→愛知淑徳大学 建築4
・趣味は写真、散歩
・性格は優しめの職人気質
・好きな食べ物は焼きそば、甘い物

最新記事

錦二丁目7番第一種市街地再開発事業 Nov 21, 2017
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト Nov 21, 2017
中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。) Nov 20, 2017
Tステージ岡崎ウイングタワー Nov 20, 2017
プレミスト千早タワー ツインマークス エアタワー Nov 19, 2017
アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 Nov 19, 2017
新橋一丁目プロジェクト Nov 18, 2017
新国立競技場(仮称) Nov 18, 2017
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉 Nov 17, 2017
プラウド高岳 Nov 17, 2017

カテゴリ

PR

PR

賃貸物件

PR

老人夫婦

閲覧者数 2016.03.25-