栄タワーヒルズ

栄タワーヒルズは愛知県名古屋市中区栄の栄ヘラルド跡地で建設中の27階建て、高さ100.80mのホテル型高級賃貸タワーマンションで、白川公園東側に立地しています。

元々、2009年頃に竣工予定だったものが中断し、2015年着工予定で再度計画、21階建て、高さ80mの規模で建築計画の概要板まで設置されましたが、更に計画が変更され、規模が拡大されました。






◆参考資料、引用元
栄タワーヒルズ 公式サイト






■過去の記事
→2014年8月24日投稿 (仮称)栄タワーヒルズ
→2014年10月17日投稿 (仮称)栄タワーヒルズ
→2015年6月19日投稿 (仮称)栄タワーヒルズ
→2016年12月19日投稿 栄タワーヒルズ
→2017年2月15日投稿 栄タワーヒルズ
→2017年4月26日投稿 栄タワーヒルズ
→2017年5月31日投稿 栄タワーヒルズ
→2017年8月13日投稿 栄タワーヒルズ
→2017年9月16日投稿 栄タワーヒルズ
→2017年10月18日投稿 栄タワーヒルズ













■概要
・名称  栄タワーヒルズ
・所在地 愛知県名古屋市中区栄三丁目3517番1,2、3518番ほか
・階数  地上27階、地下1階建て
・高さ  100.80m
・構造  鉄筋コンクリート造、鉄骨造
・総戸数 156戸(他にショールーム、オフィス、店舗)
・敷地面積 3,102.41㎡
・建築面積 1,970.80㎡
・延床面積 26,866.69㎡
・着工  2016年10月1日
・竣工  2019年春頃予定
・建築主 東建大津通B
・設計  日本設計
・施工  東建コーポレーション、清水建設
・最寄駅 大須観音、矢場町
(2017年11月22日撮影)
















南東側から見た建設中の栄タワーヒルズと若宮大通沿いの紅葉です。








建設中の低層部分の様子です。
低層部分にはショールームもできる予定で、住宅設備関連メーカーのナスラックの展示場と、約60本の日本刀が展示される刀剣コレクションホール(仮称)」が入居します。
1-2階に上記のショールームや商業施設、3-4階にオフィスフロア、5階に屋上庭園が設置されます。









北東側から見上げた建設中の栄タワーヒルズです。
現在は3-4階を施工中でしょうか。
栄タワーヒルズのフロア構成は最上階の28階が展望デッキ、27階が1フロア2邸造りのスイートプレミアム、24階~26階がプレミアム、18階~23階がハイデラックス、12階~17階がデラックス、5階~11階がコンフォートとなっています。








栄タワーヒルズは北側の道路にも敷地が面しています。





整理番号B-0191-11
スポンサーサイト

錦二丁目7番第一種市街地再開発事業

錦二丁目7番第一種市街地再開発事業は愛知県名古屋市中区錦で建設が計画されている30階建て、高さ111m、総戸数約350戸の超高層タワーマンションで、サービス付き高齢者向け住宅や商業施設、生活支援施設等が入る計画となっています。
以前は41階建て、高さ150m、総戸数約300戸で計画されていましたが、高さが縮小され、総戸数が増えています。

本日、2017年11月20日に名古屋市長の認可を受け、錦二丁目7番第一種市街地再開発事業市街地再開発組合が設立されました。





◆参考資料、引用元
日刊建設工業新聞 錦二丁目7番街区再開発(名古屋市中区)/市都計審で事業計画承認/準備組合  [2017年1月26日11面]
日刊建設工業新聞 錦二丁目7番再開発(名古屋市中区)/市に組合設立認可を申請/18年度着工めざす
「名古屋・錦二丁目7番第一種市街地再開発事業」市街地再開発組合設立認可のお知らせ~錦二丁目地区の再生に向けたリーディングプロジェクト~






◆過去の記事
→2016年6月18日投稿 錦二丁目7番街区市街地再開発
→2017年11月7日投稿 錦二丁目7番地区第一種市街地再開発事業












■概要
・名称  錦二丁目7番第一種市街地再開発事業
・所在地 愛知県名古屋市中区錦二丁目7番6
・階数  地上30階、地下1階建て、(B棟:地上5階建て)
・高さ  111m、(B棟:約21m)
・構造  ---
・総戸数 約350戸
・敷地面積 A棟:約3,720㎡、B棟:約1,220㎡
・建築面積 A棟:約2,420㎡、B棟:約960㎡
・延床面積 A棟:約45,120㎡、B棟:約4,720㎡(容積対象延べ面積:A棟:約31,760㎡、B棟:約3,780㎡)
・着工  2018年9月予定
・竣工  2021年度予定
・建築主 錦二丁目7番地区市街地再開発組合(事業協力者:野村不動産、旭化成不動産レジデンス、NTT都市開発、長谷工コーポレーション)
・設計  長谷工コーポレーション
・施工  長谷工コーポレーション
・最寄駅 伏見、丸の内
(2017年11月4日撮影(再利用))












市街地再開発組合の設立発表と同時に完成予想パースも発表されています。
長島町通側から見た東側路地空間のイメージ図です。
低層部分には商業施設が入り、長島町通の歩道には「グリーンクロス」と名付けられた街路樹の整備が行われます。







こちらは西側路地空間、会所(広場)のイメージ図です。
ここの広場には錦二丁目地区のイベントや地域活動の拠点となり、エリアマネジメントの活動拠点のための空間も設けられます。







1階平面図です。
南北、東西の歩行者動線軸が描かれ、街区を回遊できるような設計となっています。
30階建て、高さ111mの超高層タワーマンションは街区北側に配置され、南側は駐車場と店舗の入るB棟となります。








断面図です。
店舗や都市型の高層住宅以外にも生活支援サービスや高齢者向け住宅も入ります。
近年の再開発では、高齢社会であることを念頭に高齢者向け住宅も併設されることが多々あります。








南側から見た錦二丁目7番第一種市街地再開発事業の計画地です。
発表された外観完成予想図はプラウドタワー名古屋栄に何となく似ています。

周辺は「長者町繊維問屋街」と呼ばれ、戦後全国有数の繊維問屋街として賑わいをみせていたそうです。
現在は、繊維、衣料、雑貨のお店のほかに輸入家具が立ちならぶインテリアショップや人気のカフェなどの店舗が入っていたりしており、愛知トリエンナーレではアートイベントも支援しているため、周辺地域では建物外壁にアートが施されたものも見受けられます。

この再開発によって、錦二丁目に賑わいが生まれると良いですね。


整理番号B-0409-03A

中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。)

名古屋市中区丸の内の地下鉄名城線、桜通線久屋大通駅から北東側、大津通沿いのコインパーキング跡で、東建コーポレーションが20階建てで上層階にレストランなどを備えた、111室の高級ホテルを計画しています。

宿泊料はスイートルームタイプで1泊1室12万円台、標準タイプで3万~5万円台と高価格帯を想定しており、1階が会議などに使える応接室、2階が宿泊室という2階構造のスイートルームがホテルの目玉として位置付けられています。

※様々な方から計画についてコメントをいただきました。情報提供してくださった方々、ありがとうございます!




◆参考資料、引用元
日本経済新聞 東建コーポ、ホテルに参入都市部の宿泊需要狙う










■概要
・名称  中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。)
・所在地 愛知県名古屋市中区丸の内3丁目709番付近
・階数  地上20階建て
・高さ  約70m(詳細不明、高さ推定)
・構造  ---
・敷地面積 ---
・建築面積 ---
・延床面積 ---
・着工  2019年予定
・竣工  2022年までに開業予定
・建築主 東建コーポレーション
・設計  ---
・施工  ---
・最寄駅 久屋大通、栄、栄町
(2017年11月20日撮影)












建設予定地は大津通に面しており、南東側にはザ・パークハウス久屋大通ローレルタワーが建っています。(恐らくこのコインパーキングです)
日本経済新聞には訪日外国人客(インバウンド)や中部圏への出張者の宿泊需要が増え、名古屋市内のビジネスホテルの平均稼働率は10月に88.2%、エリア別にみると名古屋駅周辺が92.2%、栄地区が84.8%で、予約を取りにくい目安とされる80%を超えており、ほぼ満室の状態だと記載されており、ホテルの慢性的な不足状態が続いています。








同じ大津通沿いでやや南東側へ行った場所ではアパホテル〈名古屋栄駅北〉(15階建て、高さ46.765m、客室数350室)が建設中で、こちらは2018年9月開業予定となっています。



整理番号B-0577-01

プラウド高岳

プラウド高岳は計画名(仮称)東区相生町プロジェクトとして、愛知県名古屋市東区相生町で建設中の18階建て、高さ56.23mのタワー型高層マンションで、高級住宅街として知られる橦木町、主税町に隣接するエリアで建設が進められています。





◆過去の記事
→2016年12月25日投稿 (仮称)東区相生町計画 新築計画
→2017年3月10日投稿 (仮称)東区相生町プロジェクト
→2017年4月21日投稿 (仮称)東区相生町プロジェクト
→2017年8月17日投稿 (仮称)東区相生町プロジェクト
→2017年10月23日投稿 (仮称)東区相生町プロジェクト











■概要
・名称  プラウド高岳
・所在地 愛知県名古屋市東区相生町32番1、33番、34番、35番、36番
・階数  地上18階建て
・高さ  56.23m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 71戸
・敷地面積 1,237.92㎡
・建築面積 503.05㎡
・延床面積 6,488.30㎡
・着工  2016年12月上旬頃
・竣工  2018年(平成30年)12月下旬
・建築主 野村不動産
・設計  田中綜合設計
・施工  大末建設
・最寄駅 高岳、新栄町
(2017年10月8日撮影)











南側から見た建設中のプラウド高岳です。







北側から見た建設中プラウド高岳です。







マンション名は高岳ですが、地下鉄東山線の新栄町駅も使えます。
駅までは徒歩10分以上かかるため、時間はかかりますが、途中、下街道の交差点は紅葉が美しく、四季の変化を感じられました。
他にも北側には森下駅や尼ヶ坂駅もありますが、利用頻度が低いと思われることやこちらの方が若干遠いため、最寄り駅ではありませんでした。








ついでに新栄町駅北側のカローラ中京旧本社跡地にも寄りましたが、タワーマンションが建設されるのではないかと噂されています。
個人的には都心部なのでオフィスや商業施設が良いのかなと思いましたが、昨今の高級マンションブームの波に乗って都市型の高級マンションかもしれません。


整理番号B-0463-06

(仮称) 相鉄フレッサイン 名古屋駅前

(仮称) 相鉄フレッサイン 名古屋駅前は愛知県名古屋市中村区名駅の現在、パチンコ大都会名駅店跡地に建設予定の18階建て、総客室数250室の高層ホテルです。
現在、敷地は2017年10月9日に閉店したパチンコ大都会の建物が残されており、2020年春のホテル開業に向け、今後解体される計画となっています。



◆参考資料、引用元
(仮称)相鉄フレッサイン 名古屋駅前を出店












■概要
・名称  (仮称) 相鉄フレッサイン 名古屋駅前
・所在地 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4番14付近
・階数  地上18階建て
・高さ  約65m程度(未発表のため、高さ推定、詳細不明)
・構造  鉄骨造
・敷地面積 ---
・建築面積 ---
・延床面積 6,667.32㎡
・着工  ---
・竣工  2020年春(開業予定)
・建築主 古村産業(土地所有)、三井住友ファイナンス&リース(建物所有)、相鉄ホテル開発、相鉄ホテルマネジメント(運営)
・設計  ---
・施工  ---
・最寄駅 名古屋、名鉄名古屋、近鉄名古屋
(2017年9月7日撮影)






南側から見た(仮称) 相鉄フレッサイン 名古屋駅前の建設地です。









計画の概要についての看板などが無いか確認していると、パチンコ大都会が閉店したとの貼り紙が。
1950年から67年もの間ここにあったのですね、もの凄い歴史です。
こうした長い歴史を変えてしまうほど、リニア中央新幹線開通というポテンシャルは大きいのです。









こうしたポテンシャルある名駅でもなかなか開発が進まない場所もあり、近隣のコメ兵が建っている三井ビル北館、菱信ビル、白川第三ビル跡地も街区を一体的に再開発できずにいます。
こちらも超高層ビルになれば、名駅スカイラインの迫力が増しますね。








シンフォニー豊田ビルの西側の街路から見た(仮称) 相鉄フレッサイン 名古屋駅前の建設予定地です。
現在は背後にそびえ立つミッドランドスクエアが目立ちますが、(仮称) 相鉄フレッサイン 名古屋駅前が完成すると半分くらい隠れそうですね。


整理番号B-0571-01

グランドメゾン御園座タワー

グランドメゾン御園座タワーは愛知県名古屋市中区の伏見駅前で建設中の40階建て、高さ160m、総戸数304戸の超高層タワーマンションで、劇場の「御園座」を分譲マンションと劇場に再開発し、複合施設に再開発する計画です。
設計と施工は鹿島建設、建築家の隈研吾氏が監修を行っています。





◆過去の記事
→2014年3月16日投稿 (仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
→2014年7月13日投稿 (仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
→2014年11月30日投稿 (仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
→2015年5月6日投稿 (仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
→2015年6月18日投稿 (仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
→2015年8月25日投稿 (仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
→2015年11月25日投稿 (仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
→2016年1月29日投稿 (仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
→2016年3月12日投稿 (仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
→2016年4月19日投稿 グランドメゾン御園座タワー
→2016年5月18日投稿 グランドメゾン御園座タワー
→2016年6月20日投稿 グランドメゾン御園座タワー
→2016年7月18日投稿 グランドメゾン御園座タワー
→2016年8月20日投稿 グランドメゾン御園座タワー
→2016年9月10日投稿 グランドメゾン御園座タワー
→2016年10月8日投稿 グランドメゾン御園座タワー
→2016年11月20日投稿 グランドメゾン御園座タワー
→2016年12月23日投稿 グランドメゾン御園座タワー
→2017年1月25日投稿 グランドメゾン御園座タワー
→2016年2月8日投稿 グランドメゾン御園座タワー
→2017年3月2日投稿 グランドメゾン御園座タワー
→2017年4月9日投稿 グランドメゾン御園座タワー
→2017年5月21日投稿 グランドメゾン御園座タワー
→2017年8月8日投稿 グランドメゾン御園座タワー
→2017年9月6日投稿 グランドメゾン御園座タワー
→2017年10月14日投稿 グランドメゾン御園座タワー





DSC09423.jpg







■概要
・名称  グランドメゾン御園座タワー
・所在地 愛知県名古屋市中区栄1丁目6番14
・階数  地上40階、地下1階建て
・高さ  160m (軒高150m)
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
・総戸数 304戸
・敷地面積 4,831.90㎡
・建築面積 3,641.04㎡
・延床面積 56,128.96㎡
・着工  2015年3月31日予定
・竣工  2017年12月予定
・建築主 積水ハウス
・設計 鹿島建設
・施工  鹿島建設
・最寄駅 伏見
(2017年11月3日撮影)


 












南西側真下から見上げた建設中のグランドメゾン御園座タワーの様子です。
手前側にはタワーパーキングが設置されています。
DSC09415.jpg








少し離れた場所から見たグランドメゾン御園座タワーの様子です。
両端はガラス張りで、中央のバルコニー手すりもガラスパネルの手すりのため、透明感があります。







最上階から4階分は庇が設置されていないことが特徴で、網入りガラスなどの防火ガラスになっているかまたは高価な防火透過ガラスになっているものと思われます。

少し前ですが、イギリスで高層住宅が一棟まるごと焼けてしまう大規模な火災がありました。
この火災はある住戸で発生した火災が延焼し、被害が拡大しましたが、日本国内の高層住宅ではバルコニーや庇、防火ガラスによって延焼を防ぐよう法律で義務付けられており、そうしたことから庇やバルコニーの目立つタワーマンションが多くなっています。
DSC09413_201711072022536ca.jpg










御園座タワーの足元、街路沿いの外構整備もほぼ完了しています。
遠目で見ていて樹木の種類まではわかりませんでしたが、欅の木でしょうか。。高さはだいたい5mほどありました。









マンション部分のエントランスでしょうか、「GRANDMAISON MISONOZA TOWER」と書かれた紙が恐らくロゴか何かの上に貼り付けられていますが、正式名称は全く異なるものなのでしょうか。
読者の方に見せていただいたパンフレットにはグランドメゾン御園座タワーと書かれていた気がしますが、もしかしたら違うマンション名称なのかもしれませんね。






こちらは御園座のエントランスです。
朱色の外壁や大階段が特徴的なエントランスアプローチで、黒地に白の格子が目立つなまこ壁の角が落とされた朱色の空間が素敵ですね。
この特徴的な建物の設計を監修したのは新国立競技場を設計した隈研吾氏で、和モダンなデザインが美しいです。









南東側真下から見上げたグランドメゾン御園座タワーの様子です。








特徴的な立体のなまこ壁と御園座のロゴです。









建物角はガラス張りで、周囲を庇が出ていて水平ラインの強調された外観デザインとなっています。
こうした庇は直射日光を受ける室内面積を減らし、冷暖房にかかる環境負担を減らすことができるようです。








伏見通りから見た低層部分の様子です。
低層部分の2階から4階には御園座が入居しますが、歌舞伎などの他にミュージカルなども開けるような設備とするようです。
また、御園座の商業地区に面した南側と西側は商業施設とし、2階には中部地区唯一の演劇専門図書館ができます。









北東側から見上げたグランドメゾン御園座タワーです。










伏見通と竣工間近のグランドメゾン御園座タワーです。
劇場とマンションという前代未聞な組み合わせで建設され、2018年4月に開園が予定されている御園座。
こけら落としは、九代目松本幸四郎改め二代目松本白鸚、七代目市川染五郎改め十代目松本幸四郎、四代目松本金太郎改め八代目市川染五郎の襲名披露興行「柿葺落四月大歌舞伎」により、行われる予定だそうです。
また、平成30年度上半期はアニメやジャニーズ、ミュージカルなど新たな花形候補を加えたラインナップとなっているようです。

(間違えていたら申し訳ないです。)
DSC09433_20171107202257f6c.jpg



整理番号B-0050-28

錦二丁目7番地区第一種市街地再開発事業

錦二丁目7番地区第一種市街地再開発事業は愛知県名古屋市中区錦で建設が計画されている30階建て、高さ111m、総戸数約350戸の超高層タワーマンションで、サービス付き高齢者向け住宅や商業施設、生活支援施設等が入る計画となっています。
以前は41階建て、高さ150m、総戸数約300戸で計画されていましたが、高さが縮小され、総戸数が増えています。






◆参考資料、引用元
日刊建設工業新聞 錦二丁目7番街区再開発(名古屋市中区)/市都計審で事業計画承認/準備組合  [2017年1月26日11面]
日刊建設工業新聞 錦二丁目7番再開発(名古屋市中区)/市に組合設立認可を申請/18年度着工めざす




◆過去の記事
→2016年6月18日投稿 錦二丁目7番街区市街地再開発














■概要
・名称  錦二丁目7番地区第一種市街地再開発事業
・所在地 愛知県名古屋市中区錦二丁目7番
・階数  地上30階、地下1階建て
・高さ  111m
・構造  ---
・総戸数 約350戸
・敷地面積 約0.7ha (東A:0.5ha、同B:0.2ha)
・建築面積 ---
・延床面積 A棟:約45,120㎡、B棟:約4,720㎡
・着工  2018年9月予定
・竣工  2021年度予定
・建築主 錦二丁目7番地区市街地再開発組合(事業協力者:野村不動産、旭化成不動産レジデンス、NTT都市開発、長谷工コーポレーション)
・設計  長谷工コーポレーション
・施工  長谷工コーポレーション
・最寄駅 伏見、丸の内
(2017年11月4日撮影)






北側から見た錦二丁目7番地区第一種市街地再開発事業の建設予定地です。
東と西の街区があり、超高層住宅が建つのは東街区の北側、A棟となります。






A棟建設予定地の敷地北東側に建つエスリード伝馬町ビルです。
既に空き家と化しているのかガランとしていました。










以前出ていた完成予想図です。








再開発区域ではまだ営業を続けている店舗もありました。








周辺は「長者町繊維問屋街」と呼ばれ、戦後全国有数の繊維問屋街として賑わいをみせていたそうです。
現在は、繊維、衣料、雑貨のお店のほかに輸入家具が立ちならぶインテリアショップや人気のカフェなどの店舗が入っていたりしており、愛知トリエンナーレではアートイベントも支援しているため、周辺地域では建物外壁にアートが施されたものも見受けられます。


整理番号B-0409-03

マストスクエア池下

マストスクエア池下は愛知県名古屋市千種区仲田で建設中の17階建て、高さ59.10mの高層マンションで、広小路通沿いの今池駅から池下駅の間に立地しています。




◆参考資料、引用元
マストスクエア池下 公式サイト




◆過去の記事
→2017年7月5日投稿 (仮称)マストスクエア池下
→2016年10月20日投稿 (仮称)マストスクエア池下
→2017年3月26日投稿 (仮称)マストスクエア池下
→2017年6月8日投稿 (仮称)マストスクエア池下












■概要
・名称  マストスクエア池下
・所在地 愛知県名古屋市千種区仲田2丁目1804、1806、1807、1808、1809番
・階数  地上17階建て
・高さ  59.10m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 64戸
・敷地面積 1052.20㎡
・建築面積 595.84㎡
・延床面積 7174.01㎡
・着工  2016年7月1日
・竣工  2018年6月30日
・建築主 積和不動産中部
・施工  矢作建設工業
・最寄駅 今池、池下
(2017年10月27日撮影)










南東側から見上げた建設中のマストスクエア池下です。
マストスクエア池下は総戸数64戸という規模ながら、池下というワンランク上の立地であるためコンシェルジュカウンターが配置されたり、大型のエレベーターが2基設置されていたりします。








南西側から見上げた建設中のマストスクエア池下です。







北西側から見た建設中のマストスクエア池下の様子です。






タワークレーンによって建築資材を運び込み、建物が高くなっていきます。







池下駅前には「サンクレア池下(26階建て、高さ88m)」と「グランドメゾン池下ザ・タワー(42階建て、高さ152.78m)」の2棟のタワーマンションが建っています。
池下駅周囲には商業施設も集積しているほか、名古屋セントラルガーデンなどの“お洒落な街”もあることから名古屋近郊エリアでは大変人気のあるエリアとなっています。


整理番号B-0420-04

検索フォーム

プロフィール

きりぼう

Author:きりぼう
超高層ビル、沿線開発、都市開発巡りをしております、きりぼうです。

このブログでは主に、超高層ビルをメインとして、都市開発、鉄道高架化事業、都市景観、区画整理事業、風景写真を載せていこうと思ってます。

よろしくお願い致します。


Profile:
・22歳男子大学生
・愛知県瀬戸市在住
・瀬戸西高校→愛知淑徳大学 建築4
・趣味は写真、散歩
・性格は優しめの職人気質
・好きな食べ物は焼きそば、ラーメン、甘い物

最新記事

名古屋(名駅、栄、伏見etc.)の超高層ビルを含む再開発 MAP 2017秋進行中の開発情報 Nov 24, 2017
栄タワーヒルズ Nov 23, 2017
ロイヤルメドゥ香里園タワー Nov 22, 2017
住友不動産御成門タワー Nov 22, 2017
錦二丁目7番第一種市街地再開発事業 Nov 21, 2017
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト Nov 21, 2017
中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。) Nov 20, 2017
Tステージ岡崎ウイングタワー Nov 20, 2017
プレミスト千早タワー ツインマークス エアタワー Nov 19, 2017
アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 Nov 19, 2017

カテゴリ

PR

PR

賃貸物件

PR

老人夫婦

閲覧者数 2016.03.25-