グランタワー小田急相模原 ル・ソレイユ

グランタワー小田急相模原 ル・ソレイユは神奈川県相模原市南区南台のオダサガこと、小田急線小田急相模原駅前に建つ20階建て、高さ69.92m、総戸数134戸の超高層タワーマンションで、低層部分はラクアル・オダサガという商業施設となっています。













■概要
・名称  グランタワー小田急相模原 ル・ソレイユ
・所在地 神奈川県相模原市南区南台3丁目20番1
・階数  地上20階、地下4階建て
・高さ  69.92m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数  134戸
・敷地面積 5,275.58㎡
・建築面積 4,220.02㎡
・延床面積 ---
・着工  ---
・竣工  2007年11月
・設計  パシフィックコンサルタンツ
・建築主 日本綜合地所
・施工  安藤・藤木・小田急・櫻内建設共同企業体
・最寄駅 小田急相模原
(2016年10月24日撮影)










西側から見たグランタワー小田急相模原 ル・ソレイユです。
郊外住宅地ですが駅前再開発によって、高密度な居住と商業施設の集積、いわゆるコンパクトシティが実現しています。







低層部分はラクアル・オダサガという名の商業施設となっており、ドトールやマクドナルド、ココスなどの飲食店が入居しているほか、ファッション店や食料品店、公共サービス施設なども入っており、ここに来れば一通りのことが済ませられるような施設となっています。







北側から見たグランタワー小田急相模原 ル・ソレイユです。
ベージュ色の温かな外観が特徴的で、構造は中間免震構造や高強度の溶接閉鎖型帯筋を採用しているようです。



整理番号B-0514-01
スポンサーサイト

bono相模大野 スカイフラッツ

bono相模大野 スカイフラッツは相模原市南区相模大野3丁目3番1、2の相模大野駅西側に建つ20階建て、総戸数120戸の超高層賃貸マンションです。






DSC03942.jpg






■概要
・名称  bono相模大野 スカイフラッツ
・所在地 相模原市南区相模大野3丁目3番1、2
・階数  地上20階、地下1階建て
・高さ  約75m(詳細不明/高さ推定)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 120戸
・敷地面積 ---
・建築面積 ---
・延床面積 ---
・着工  ---
・竣工  2013年2月
・設計  アール・アイ・エー 
・建築主 相模大野駅西側地区市街地再開発組合
・施工  大成・安藤・藤木JV
・最寄駅 相模大野
(2014年12月31日撮影)






北側から見上げたbono相模大野 スカイフラッツの様子です。
エレベーターホールの連続窓が目立ちますね。








南側から見ると隣に建つプラウドタワー相模大野とバルコニー腰壁から外壁のデザインが共通しており、統一感があります。









低層部分はbono相模大野ショッピングセンターで相模大野駅からペデストリアンデッキでショッピングセンター全体では約180もの店舗が並びます。






少し遠目で見たボーノウォークです。
自分は超高層ビルを巡るだけでなく沿線開発を見るのも好きで、首都圏郊外で盛んに行われる駅前再開発された街を歩くのも楽しみであります。
地元の愛知県は郊外の駅前再開発がそれほど行われていないので、歴史的な風情が残る場所以外の近郊都市でこのbono相模大野や隣の小田急相模原、海老名のビナウォークのような開発も行って欲しいものですね。



整理番号B-0338-07

bono相模大野(プラウドタワー相模大野)

bono(ボーノ)相模大野(プラウドタワー相模大野)は神奈川県相模原市南区相模大野に建つ26階建て、高さ96.46m、総戸数308戸の超高層タワーマンションで小田急線で新宿から40分程度の相模大野駅西側で行われていた「相模大野駅西側地区第一種市街地再開発事業」によって建設されました。





DSC03954.jpg






■概要
・名称  bono相模大野(プラウドタワー相模大野)
・所在地 神奈川県相模原市南区相模大野3丁目3番1、2
・階数  地上26階、地下1階建て
・高さ  96.46m (最後部高さ103m)
・構造  鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・総戸数 308戸
・敷地面積 約9,700㎡
・建築面積 約9,700㎡
・延床面積 約68,010㎡
・着工  ---
・竣工  2013年02月
・設計  アール・アイ・エー 
・建築主 相模大野駅西側地区市街地再開発組合
・施工  大成・安藤・藤木JV
・最寄駅 相模大野
(2014年12月28日撮影)





南側から見上げたbono相模大野(プラウドタワー相模大野)の様子です。








相模大野駅南側のデッキから見たbono相模大野(プラウドタワー相模大野)です。
ここから見るとわからないですが、真上から見るとV字型をしています。






北側から見たbono相模大野(プラウドタワー相模大野)です。
ちなみにbono(ボーノ)とは「buono(イタリア語で素晴らしい)」と「ono(大野地区の地名)」を合わせた造語だそうです。







低層部分の商業施設です。
商業施設はbono相模大野ショッピングセンターと名付けられ、90もの店舗が入っており、元々この地にあった商店街の店舗も入っていたりします。







bono相模大野を貫く「ボーノウォーク」は大屋根が設置された幅員9mの自由通路で、両側には店舗が並びます。
現代的な商店街というイメージでしょうか。










bono相模大野西側の地上の様子です。
敷地一杯に建物が建てられているので緑地が少ないのが少し残念ですが周囲の道路も併せて整備されており、再開発でただビルを建てるだけでなく新たな街を創るということが感じられました。









東側から見たbono相模大野(プラウドタワー相模大野)です。
暑い夏には車道と歩道との間に街路樹があれば良かったなあと思います。



整理番号B-0432-01

ステーションスカイタワー小田急相模原

ステーションスカイタワー小田急相模原は神奈川県相模原市南区南台の小田急相模原駅北口の西側に建つ29階建て、高さ103.79mの超高層タワーマンションで小田急相模原駅と2階レベルのペデストリアンデッキで低層階の医療・商業施設と接続していることが特徴です。






DSC03887.jpg








■概要
・名称  ステーションスカイタワー小田急相模原
・所在地 神奈川県相模原市南区南台五丁目1番
・階数  地上29階、地下1階建て
・高さ  103.79m
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造(制震構造)
・総戸数 212戸
・敷地面積 4,746.52㎡
・建築面積 3,597.50㎡
・延床面積 33,201.37㎡
・着工  2011年7月
・竣工  2013年9月
・建築主 小田急相模原駅北口B地区市街地再開発組合(財団法人首都圏不燃建築公社、旭化成不動産レジデンス)
・施工  鹿島建設、中島建設JV
・最寄駅 小田急相模原
(2014年12月28日撮影)





東側から見上げたステーションスカイタワー小田急相模原の様子です。









北側から見たステーションスカイタワー小田急相模原の様子です。
低層階には商業施設や医療施設が入居し、サイゼリヤやドトールコーヒー等の飲食店も入ってステーションスカイタワー小田急相模原は駅直結でファミリーレストランや珈琲店、深夜まで営業しているスーパーマーケットもデッキで接続されているので非常に利便性の高い超高層マンションとなっており、日常生活であれば駅とマンションの行き来だけで生活が成り立ってしまいそうです。







ペデストリアンデッキです。
屋根も設置されているので雨天時も傘をささなくとも駅へ行けます。






お洒落な喫茶店のような店舗もありました。








地元民からはオダサガと略されて呼ばれる小田急相模原。
新宿から小田急線快速急行と各停を乗り継いで40分ちょっとで着くので便利ではありますが、電車の渋滞が発生する朝の通勤通学時間帯では1時間ほどかかります。
しかし、2018年に東北沢~和泉多摩川間の複々線化が行われ、速達化がなされるようなのでこの小田急相模原もさらに利便性が増しそうですね。





最後は横浜ランドマークタワーの展望台から見た小田急相模原方面の景色です。
駅前だけは高密度に開発され、周囲は閑静な住宅街でした。
DSC02197.jpg



整理番号B-0427-01

オラリオンサイト 2番館

オラリオンサイト 2番館は神奈川県相模原市緑区西橋本の緑区役所北西側に建つ32階建て、高さ104.3m、総戸数249戸(オラリオンサイト全体878戸)の大規模超高層タワーマンションです。









■概要
・名称  オラリオンサイト 2番館
・所在地 神奈川県相模原市緑区西橋本五丁目2番13
・階数  地上32階建て
・高さ  104.3m (詳細不明高さ推定)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 249戸(全体総戸数:878戸)
・敷地面積 23,841.20㎡(敷地全体)
・建築面積 ---
・延床面積 約116,000㎡
・着工  2001年8月
・竣工  2004年1月
・建築主 神奈川県住宅供給公社
・施工  竹中工務店、不動建設、株木建設、藤木工務店 、富山建設工業、相陽建設JV
・最寄駅 橋本
(2015年12月撮影)





南側から見上げたオラリオンサイト 2番館の様子です。
このオラリオンサイト2番館には各フロアにゴミ捨て場が設けられていることが特徴です。







オラリオンサイト 2番館のエントランスの様子です。








中央にある共用施設です。
シアタールームやバスケットコート、テニスコートなど多彩な共用施設があるようです。






北側から見上げたオラリオンサイト 2番館の様子です。



整理番号B-0422-01

オラリオンサイト 3番館

オラリオンサイト 3番館は神奈川県相模原市緑区西橋本の緑区役所北西側に建つ32階建て、高さ104.3m、総戸数249戸(オラリオンサイト全体878戸)の大規模超高層タワーマンションです。












■概要
・名称  オラリオンサイト 3番館
・所在地 神奈川県相模原市緑区西橋本五丁目2番13
・階数  地上32階建て
・高さ  104.3m (詳細不明高さ推定)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 249戸(全体総戸数:878戸)
・敷地面積 23,841.20㎡(敷地全体)
・建築面積 ---
・延床面積 約116,000㎡
・着工  2001年8月
・竣工  2004年1月
・建築主 神奈川県住宅供給公社
・施工  竹中工務店、不動建設、株木建設、藤木工務店 、富山建設工業、相陽建設JV
・最寄駅 橋本
(2015年12月撮影)





北側から見たオラリオンサイト 3番館の様子です。
コア部分の吹き抜けが非常に目立つ外観デザインでした。









オラリオンサイト 3番館と2番館でツインタワーを成し、他にも高層の1番館や4番館もあります。
ちなみに建築主は神奈川県住宅供給公社となっており、民間の分譲会社では無いようです。








オラリオンサイト2番館、3番館を北側から見るとシンメトリーになります。




【お知らせ】

自分の通う大学で建築家の三分一博志氏をお呼びして展覧会を行うことになりました!

2016年7月23日(土)から8月7日(日)まで愛知淑徳大学にて行います。

展覧会場の設計から検討、施工、広報、誘導等を学生が主体となって創り上げるものです。

ちなみに自分は広報部でホームページを作らせていただきました!作業が進み次第、進捗状況等をアップしていく予定です。



また、展覧会の他にも三分一博志氏の講演会を2016年8月3日(水)に名古屋栄のナディアパーク「アートピアホール」で開催します。

こちらは定員が724名となっており、参加は無料ですが予約制です。建築関係、興味のある方は是非ともご参加ください。

予約は以下のホームページに入っていただき、下へスクロールしたところになります。



三分一博志 展 風、水、太陽 愛知巡回展 ホームページ



整理番号B-0416-01

パークスクエア相模大野タワー&レジデンス

パークスクエア相模大野 タワー&レジデンスは神奈川県相模原市南区相模大野に建つ32階建て、高さ106m、総戸数718戸の大規模超高層タワーマンションです。
ちなみに相模原市の相模大野は新宿から小田急線快速急行で33分ほどと、都心部からほどほどの距離の割に駅から数分歩くとのどかな街並みでとても住みやすそうでした。




DSC03932.jpg






■概要
・名称  パークスクエア相模大野 タワー&レジデンス センタータワー
・所在地 神奈川県相模原市南区相模大野七丁目35番2
・階数  地上32階、地下1階建て
・高さ  106m
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
・総戸数 718戸
・敷地面積 17,534.25㎡
・建築面積 8,131.84㎡
・延床面積 81,080.21㎡
・着工  2006年7月
・竣工  2009年2月
・建築主 住友不動産
・設計 戸田建設
・施工  西松建設
・最寄駅 相模大野
(2014年12月撮影)




北側から見上げたパークスクエア相模大野 タワー&レジデンスの様子です。
最も高いセンタータワーは32階建て、高さ106mとなりますが、板状のタワーマンションで住戸の両側がバルコニーまたは共用廊下となっています。








もう少し角度を変えてみると階段が外階段であることがわかります。






32階建てのセンタータワーを囲うように建つ、19階建てのパークスクエア相模大野 タワー&レジデンス サウスレジデンスです。
かなりの戸数並んでいるので横長に見えますが、高さもあり、かなり大きく感じました。







サウスレジデンスを北側から見た様子です。









エントランスのある1階には商業施設も入居していました。








敷地出入り口のゲート部分はガラス張りでクールな建物の外観とは相対的に暖かみのある石や植物を配したデザインとなっていました。









エントランスの様子です。
アプローチからエントランスにかけて約6,600㎡超えの公開空地が広々としていました。
建物を超高層化する代わりにこのようなゆったりとした緑地や広場ができると良いですね。自分が幼い頃は広い公園が近所には無く、戸建て住宅ばかりでここでのびのびと遊ぶ子供たちを見て羨ましく思えました。








最後に東京スカイツリーから見たパークスクエア相模大野 タワー&レジデンス方面の様子です。
東京スカイツリーからは直線距離で約40kmとかなり離れていますがはっきりと確認できました。
パークスクエア相模大野 タワー&レジデンス周辺は住宅と田畑の混在するエリアで室内からの展望はかなり良いかと思われます。
ちなみにのどかな地域と言いつつ、駅前は繁華街で商業集積がなされているエリアだったので買い物にも困らない場所だと思いました。
DSC02117.jpg


整理番号B-0414-01

リビオ橋本タワー ブロードビーンズ

リビオ橋本タワー ブロードビーンズは神奈川県相模原市緑区橋本の橋本駅北側に建つ33階建て、高さ107.21m、総戸数185戸の超高層タワーマンションです。
ちなみに橋本駅はJR横浜線、相模線、京王相模原線の三路線が乗り入れ、2027年にはリニア中央新幹線も乗り入れる計画で、今後の発展を見通してか、駅周辺にはタワーマンションが続々と建設されています。














■概要
・名称  リビオ橋本タワー ブロードビーンズ
・所在地 神奈川県相模原市緑区橋本6丁目20番1
・階数  地上33階、地下1階建て
・高さ  107.21m 
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 185戸
・敷地面積 3,038.73㎡
・建築面積 -
・延床面積 20,331.9㎡
・着工  -
・竣工  2005年3月
・設計  
・建築主 新日鉄都市開発、小田急電鉄
・施工  五洋建設
・最寄駅 橋本
(2014年12月28日撮影)







橋本駅から続くペデストリアンデッキから見たリビオ橋本タワー ブロードビーンズ の様子です。







リビオ橋本タワー ブロードビーンズの低層部分には様々な商業施設が入っています。








塔屋が三角形の特徴的な形をしていました。









北側から見たリビオ橋本タワー ブロードビーンズ の様子です。
タワーパーキングが丸みを帯びており、不思議な形状をしていました。







東側から見上げたリビオ橋本タワー ブロードビーンズ です。
タワーパーキングが15階くらいの高さまで聳えたっていました。









橋本駅周辺はこんな感じの狭めの道路に超高層タワーマンションが建ち並ぶ景色となっています。
タワーマンションの数に比べて車の数が圧倒的に少ないことに驚きました。。




整理番号B-0382-01

検索フォーム

プロフィール

きりぼう

Author:きりぼう
超高層ビル、沿線開発、都市開発巡りをしております、きりぼうです。

このブログでは主に、超高層ビルをメインとして、都市開発、鉄道高架化事業、都市景観、区画整理事業、風景写真を載せていこうと思ってます。

よろしくお願い致します。


Profile:
・22歳男子大学生
・愛知県瀬戸市在住
・瀬戸西高校→愛知淑徳大学 建築4
・趣味は写真、散歩
・性格は優しめの職人気質
・好きな食べ物は焼きそば、甘い物

最新記事

住友不動産御成門タワー Nov 22, 2017
錦二丁目7番第一種市街地再開発事業 Nov 21, 2017
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト Nov 21, 2017
中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。) Nov 20, 2017
Tステージ岡崎ウイングタワー Nov 20, 2017
プレミスト千早タワー ツインマークス エアタワー Nov 19, 2017
アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 Nov 19, 2017
新橋一丁目プロジェクト Nov 18, 2017
新国立競技場(仮称) Nov 18, 2017
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉 Nov 17, 2017

カテゴリ

PR

PR

賃貸物件

PR

老人夫婦

閲覧者数 2016.03.25-