Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) サウスレジデンス

Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) サウスレジデンスはJR目黒駅東側の大規模再開発プロジェクトB敷地に建設中の38階建て、高さ134.96m、総戸数416戸の超高層タワーマンションです。

Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) はノースレジデンスとサウスレジデンスあわせて940戸ありますが、そのうち販売戸数661戸中、1億円以上の住戸は365戸、平均販売価格は1億1,434 万円、最高で4億5,900万円の住戸もあったりしますが、竣工前に全戸完売しています。





◆過去の記事
→2015年3月12日投稿 Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒)
→2016年4月4日投稿 Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) サウスレジデンス
→2016年11月22日投稿 Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) サウスレジデンス













■概要
・名称  Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) サウスレジデンス
・所在地 東京都品川区上大崎3丁目2番
・階数  地上38階、地下2階建て
・高さ  134.96m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 416戸(非分譲住戸76戸含む)
・敷地面積 5,536.63㎡
・建築面積 1,401.83㎡
・延床面積 43,839.36㎡
・着工  2014年8月1日
・竣工  2017年12月上旬
・建築主 目黒駅前地区市街地再開発組合(東京建物、首都圏不燃建築公社)
・施工  大成・竹中建設共同企業体
・最寄駅 目黒
(2017年3月3日撮影)




南側から見上げた建設中のBrillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) サウスレジデンスの様子です。







低層部分の様子です。
「駅前に森を創る」というコンセプトのもと、サウスレジデンスとノースレジデンスの間は「森の広場」と呼ばれる樹木本数約900本もの多種多様な樹木の植栽や、ベンチが丘段状に並ぶウッドテラスや芝生スペースを配し、自然とふれあえる憩いの空間となっているようです。
それら公開空地の緑化により、敷地内の緑地面積は約5,344㎡もの広さとなります。








南東側から見た建設中のBrillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) サウスレジデンスです。


整理番号B-0294Sー04
スポンサーサイト

Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンス

Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンスは東京都品川区上大崎3丁目1番で建設中の40階建て、高さ145.31m、総戸数528戸の超高層タワーマンションで、40階にビューラウンジ、パーティールーム、ゲストルームがあり、エントランスなどのある2階には、フィットネスルームやキッズルーム、ラウンジが配置されており、更に屋上には居住者用屋上テラスなどがあるようで、共用施設が充実しています。






◆過去の記事
→2015年3月12日投稿 Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒)
→2016年4月5日投稿 Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンス
→2016年11月19日投稿 Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンス











■概要
・名称  Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンス
・所在地 東京都品川区上大崎3丁目1番
・階数  地上40階、地下2階建て
・高さ  145.31m
・構造  鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
・総戸数 528戸(非分譲住戸208戸含む)
・敷地面積 11,674.37㎡
・建築面積 6,089.90㎡
・延床面積 126,671.42㎡
・着工  2014年8月1日
・竣工  2017年12月上旬
・建築主 目黒駅前地区市街地再開発組合(東京建物、首都圏不燃建築公社)
・施工  大成・竹中建設共同企業体
・最寄駅 目黒
(2017年3月3日撮影)










西側から見上げた建設中のBrillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンスの様子です。
遂に上棟し、タワークレーンが下ろされ始めていました。






オフィス棟と隣接して建設されており、低層部分では外から見ると繋がっているようにも見えます(内部で接続されているかは確認しておりません)。






Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンスの頂部です。
マリオンが一段高く突き抜け、シャープさが際立っていました。
ノースレジデンスのコンセプトが「多彩なライフスタイルが交差する、目黒駅に寄り添う都会派邸宅」であり、パーティルームやビューラウンジが最上階に設けられているようです。







建物の平面形状は五角形でホームベース型となっており、特徴的な形状をしています。
Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンスは逆梁工法で建物外観はガラス面よりも外壁面が目立ちます。


整理番号Bー0294Nー04

目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟

目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟は東京都品川区上大崎で建設中の27階建て、高さ約135mの超高層ビルでBrillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒)ノースレジデンスと同一敷地に建つオフィス棟となります。
現在、この目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟が再開発区域で最も建設が進んでいます。







◆過去の記事
→2015年3月12日投稿 Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒)
→2016年4月7日投稿 目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟
→2016年11月17日投稿 目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟












■概要
・名称  目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟
・所在地 東京都品川区上大崎3丁目1番
・階数  地上27階、地下2階建て
・高さ  約135m(詳細不明/高さ推定)
・構造  鉄筋コンクリート造、鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 11,674.37㎡
・建築面積 6,089.90㎡
・延床面積 126,671.42㎡
・着工  2014年8月1日
・竣工  2017年11月30日予定
・設計  大成建設・竹中工務店設計共同企業体
・建築主 目黒駅前地区市街地再開発組合(東京建物、首都圏不燃建築公社)
・施工  大成・竹中建設共同企業体
・最寄駅 目黒
(2017年3月3日撮影)










西側から見上げた目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟です。
アルミカーテンウォールの方立が格子状に配された一般的な外観のオフィスビルです。







エントランス部分のピロティ空間です。
三層吹き抜けの空間が開放的で、ガラス張りの外観と白い列柱の組み合わせが現代的な印象を与えています。






エントランス奥の低層部分にはカフェやレストラン、物販などの入る商業施設となる計画です。








南側はブリリアタワーズ目黒ノースレジデンスが建っているため、目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟の南側壁面は窓がほとんどありませんでした。



整理番号Bー0294oー03

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業は東京都品川区小山の東急電鉄目黒線武蔵小山駅南側で建設中の41階建て、高さ144.95mの超高層タワーマンションで、日本一元気な商店街とも呼ばれる「武蔵小山商店街PALM」というアーケード商店街に隣接した立地で再開発が行われています。






◆参考資料、引用元
東京都 武蔵小山パルム駅前地区市街地再開発組合の設立認可について










■概要
・名称  武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
・所在地 東京都品川区小山三丁目15番他
・階数  地上41階、地下2階建て
・高さ  144.95m (141.95m)
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
・総戸数 約640戸
・敷地面積 7,418.67㎡
・建築面積 4,964.69㎡
・延床面積 75,313.82㎡
・着工  2016年3月1日
・竣工  2019年5月31日
・設計 日建設計
・建築主 武蔵小山パルム駅前地区市街地再開組合(三井不動産レジデンシャル、旭化成不動産レジデンス)
・施工  鹿島建設
・最寄駅 武蔵小山
(2016年10月24日撮影)





南側から見た武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業の様子です。










商店街に隣接した箇所も再開発区域に含まれており、既に店舗が解体されていました。









東京都内では最長を誇る長さ800mにも及ぶアーケード商店街の武蔵小山商店街パルムです。
完成当時は東洋一と称えられ、現在でも大変賑わいがあります。
雰囲気は名古屋の大須商店街にとても似ていました。









北側から見た武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業の様子です。
現在は基礎工事が行われています。



整理番号B-0455-01

Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) サウスレジデンス

Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) サウスレジデンスはJR目黒駅東側の大規模再開発プロジェクトB敷地に建設中の38階建て、高さ134.96m、総戸数416戸の超高層タワーマンションです。
Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) はノースレジデンスとサウスレジデンスあわせて940戸ありますが、そのうち販売戸数661戸中、1億円以上の住戸は365戸、平均販売価格は1億1,434 万円、最高で4億5,900万円の住戸もあったりしますが、竣工前に全戸完売しています。







◆過去の記事
→2015年3月12日投稿 Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒)
→2016年4月4日投稿 Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) サウスレジデンス











■概要
・名称  Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) サウスレジデンス
・所在地 東京都品川区上大崎3丁目2番
・階数  地上38階、地下2階建て
・高さ  134.96m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 416戸(非分譲住戸76戸含む)
・敷地面積 5,536.63㎡
・建築面積 1,401.83㎡
・延床面積 43,839.36㎡
・着工  2014年8月1日
・竣工  2017年12月上旬
・建築主 目黒駅前地区市街地再開発組合(東京建物、首都圏不燃建築公社)
・施工  大成・竹中建設共同企業体
・最寄駅 目黒
(2016年10月24日撮影)




北西側から見たBrillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) サウスレジデンスの様子です。







西側から見上げた建設中のBrillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) サウスレジデンスの様子です。








北東側から見た建設中のBrillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) サウスレジデンスの様子です。








「駅前に森を創る」というコンセプトのもと、サウスレジデンスとノースレジデンスの間は「森の広場」と呼ばれる樹木本数約900本もの多種多様な樹木の植栽や、ベンチが丘段状に並ぶウッドテラスや芝生スペースを配し、自然とふれあえる憩いの空間となっているようです。
敷地内の緑化面積は約5,344㎡もの広さとなります。


整理番号B-0294Sー03

Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンス

Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンスは東京都品川区上大崎3丁目1番で建設中の40階建て、高さ145.31m、総戸数528戸の超高層タワーマンションで、40階にビューラウンジ、パーティールーム、ゲストルームがあり、エントランスなどのある2階には、フィットネスルームやキッズルーム、ラウンジが配置されており、更に屋上には居住者用屋上テラスなどがあるようで、共用施設が充実しています。








◆過去の記事
→2015年3月12日投稿 Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒)
→2016年4月5日投稿 http://kiribou0634.blog.fc2.com/blog-entry-1617.html





DSC04388.jpg







■概要
・名称  Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンス
・所在地 東京都品川区上大崎3丁目1番
・階数  地上40階、地下2階建て (オフィス棟は28階という情報あり)
・高さ  145.31m
・構造  鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
・総戸数 528戸(非分譲住戸208戸含む)
・敷地面積 11,674.37㎡
・建築面積 6,089.90㎡
・延床面積 126,671.42㎡
・着工  2014年8月1日
・竣工  2017年12月上旬
・建築主 目黒駅前地区市街地再開発組合(東京建物、首都圏不燃建築公社)
・施工  大成・竹中建設共同企業体
・最寄駅 目黒
(2016年10月24日撮影)



北西側から見上げたBrillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンスの様子です。









西側の外壁面は中央部分が鈍角となっており、上空から見るとホームベース型になっています。








東側から見上げたBrillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンスです。









Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒) ノースレジデンスと隣のオフィス棟との間隔はかなり狭くなっています。
地震の揺れでぶつかるのではと思いましたが、超高層ビルや超高層マンションは「時刻歴応答解析」と呼ばれる実際に地震が起きた際の揺れを想定して、建物にかかる力や変形を求めるので問題は無いかと思います。
ちなみにオフィス棟とノースレジデンスが1棟扱いとなっていることから、同時に地震時の変形シミュレーションをされているかと思います。









最後は六本木ヒルズ展望台から見た建設中のBrillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒)です。
DSC03638_20161116232629447.jpg


整理番号Bー0294Nー03

目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟

目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟は東京都品川区上大崎で建設中の27階建て、高さ約135mの超高層ビルでBrillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒)ノースレジデンスと同一敷地に建つオフィス棟となります。
現在、この目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟が再開発区域で最も建設が進んでいます。






◆過去の記事
→2015年3月12日投稿 Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒)
→2016年4月7日投稿 目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟







DSC04379.jpg






■概要
・名称  目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟
・所在地 東京都品川区上大崎3丁目1番
・階数  地上27階、地下2階建て
・高さ  約135m(詳細不明/高さ推定)
・構造  鉄筋コンクリート造、鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 11,674.37㎡
・建築面積 6,089.90㎡
・延床面積 126,671.42㎡
・着工  2014年8月1日
・竣工  2017年11月30日予定
・設計 大成建設・竹中工務店設計共同企業体
・建築主 目黒駅前地区市街地再開発組合(東京建物、首都圏不燃建築公社)
・施工  大成・竹中建設共同企業体
・最寄駅 目黒
(2016年10月24日撮影)







西側から見上げた目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟の様子です。









東側から見上げた目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟の様子です。









低層階は工事が続いており、資材搬入のスペースとしても必要なエントランスはほぼ最後に仕上げを行います。







よく目を凝らして見ると2から3層程度のピロティ空間であることがわかります。







奥ではBrillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒)ノースレジデンス、サウスレジデンスも建設中で迫力ある建設現場となっていました。









目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟の室内も施工が進められ、アルミカーテンウォール越しに天井も見ることができました。








六本木ヒルズ展望台の東京シティビューから見た目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟の様子です。
タワークレーンが目立ちます。
DSC03634.jpg



整理番号Bー0294oー02

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)は東京都品川区西品川の東海道新幹線と湘南新宿ラインで囲まれた場所で行われている再開発事業で、西側のB街区には22階建て、高さ82.59mの大規模タワーマンションが建ちます。













■概要
・名称  西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
・所在地 東京都品川区西品川一丁目778番1他
・階数  地上22階、地下2階建て
・高さ  82.59m
・構造  鉄筋コンクリート造(免震構造)
・総戸数 423戸
・敷地面積 10,153.09㎡
・建築面積 2,799.99㎡
・延床面積 41,429.90㎡
・着工  2016年1月5日
・竣工  2018年6月30日予定
・建築主 西品川一丁目地区市街地再開発組合(住友不動産)
・施工  前田建設工業
・最寄駅 大崎
(2016年5月14日撮影)






建築計画の概要板です。








西側から見た西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)の様子です。
ちなみに外観はタワーマンションというよりは大規模な高層マンションで、北側がセットバックした階段状の外観をしています。



整理番号B-0402-01

検索フォーム

プロフィール

きりぼう

Author:きりぼう
超高層ビル、沿線開発、都市開発巡りをしております、きりぼうです。

このブログでは主に、超高層ビルをメインとして、都市開発、鉄道高架化事業、都市景観、区画整理事業、風景写真を載せていこうと思ってます。

よろしくお願い致します。


Profile:
・22歳男子大学生
・愛知県瀬戸市在住
・瀬戸西高校→愛知淑徳大学 建築4
・趣味は写真、散歩
・性格は優しめの職人気質
・好きな食べ物は焼きそば、甘い物

最新記事

錦二丁目7番第一種市街地再開発事業 Nov 21, 2017
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト Nov 21, 2017
中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。) Nov 20, 2017
Tステージ岡崎ウイングタワー Nov 20, 2017
プレミスト千早タワー ツインマークス エアタワー Nov 19, 2017
アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 Nov 19, 2017
新橋一丁目プロジェクト Nov 18, 2017
新国立競技場(仮称) Nov 18, 2017
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉 Nov 17, 2017
プラウド高岳 Nov 17, 2017

カテゴリ

PR

PR

賃貸物件

PR

老人夫婦

閲覧者数 2016.03.25-