まちびらきした「ささしまライブ24」 vol.2 公園

2017年10月7日に名古屋市が愛知県名古屋市中村区に位置する「ささしまライブ24」のまちびらき宣言を行いました。
ささしまライブ24地区は旧国鉄笹島貨物駅跡地の約12.4haと中川運河船だまり周辺を含む地区で、地区全体で再開発事業が行われていました。
10月下旬に愛称募集の授賞式があるようで、ささしまライブ1号公園、高架下広場、堀止緑地のいわゆる親水空間の名称もまもなく決定するものと思われます。



◆参考資料、引用元
ささしまライブ公式サイト ささしま親水空間の愛称大募集!



DSC07879_R.jpg




1号公園と呼ばれていたエリアです。
この記事を書いているときはまだ公園や親水空間全体の名称が決まっていないため、ここの正式名称はわかりません。
インターロッキング舗装と芝生で構成された大きな広場で、イベントなども開けるようです。
20171025222405466.jpg






名古屋高速都心環状線の高架下に広がる「高架下広場」の東側です。
ベンチがあり、目の前には中川運河 堀止乗船場という一息つける空間が広がります。
20171025222452536.jpg






高架下広場には修景施設があります。
この修景施設の水は露橋水処理センターで高度処理された水で、中川運河の水質改善のために使われるほか、地域冷暖房の熱源としても使われます。
中川運河のもう少し下流に水処理センターがあり、高度処理された水はここ船だまりへ送水されて放流されます。
水の循環によって船だまりの水質を改善することが目的のようです。
20171025222455757.jpg






ささしまライブから金城ふ頭までを結ぶ定期運航水上バス「クルーズ名古屋」の舟券売り場も設置されています。
ここで気づいたのですが、1号公園と高架下広場の間にある道路がアスファルト舗装で、公園が空間的に分離されてしまっていることや、電柱がやや目立ちます。
今後の改修工事の際に道路のインターロッキング舗装化や無電柱化(電線の地中化)などが行われると良いですね。
20171025222458641.jpg







そして高架下広場西側には児童遊園のような空間も整備されました。
汽車ポッポやアスレチックなど子供たちが遊べる遊具が設置されています。
20171025222502006.jpg





中川運河船だまりの西側には「堀止緑地」と呼ばれる広い芝生広場が整備されています。
階段を少し登ったところにかなり広い芝生広場があり、休日にはグローバルゲートやマーケットスクエアなどにショッピングに来た子連れのファミリーがここで少し遊ぶのでしょうか。
20171025222504548.jpg





面積的にはややこじんまりとしていますが、名古屋では珍しく新都心のような雰囲気があるささしまライブ。
こうした水景施設や親水空間が整備され、街にせせらぎと潤いが出てきました。
20171025222506824.jpg





都市計画道路椿町線・笹島線は現在も建設中で、完成すると名古屋駅太閤通り口や名駅通・ささしまライブ24東交差点方面へアクセスできるようになります。
20171025222510030.jpg





堀止緑地から見た東側です。
船だまり東側にあった駐車場や倉庫が解体されています。
親水空間に隣接しているので賑わいの生まれるような施設やホテルなどの宿泊施設ができると良いですね。
20171025222512466.jpg

整理番号 まちづくり0002-02 (2017年10月11日撮影)
スポンサーサイト

まちびらきした「ささしまライブ24」 vol.1グローバルゲート

2017年10月7日に名古屋市が愛知県名古屋市中村区に位置する「ささしまライブ24」のまちびらき宣言を行いました。
ささしまライブ24地区は旧国鉄笹島貨物駅跡地の約12.4haと中川運河船だまり周辺を含む地区で、地区全体で再開発事業が行われていました。
ささしまライブの中枢を担う複合施設「グローバルゲート」が2017年10月5日に開業し、周辺の愛知大学、マーケットスクエアささしま、Zepp Nagoya、中京テレビ放送本社、JICA中部 なごや、ロイヤルパークスERささしま等を含め、ささしまライブの各施設※が完成しました。
そのまちびらきしたささしまライブ24地区について数回に分けてまとめたいと思います。

※但し、都市計画道路椿町線・笹島線は現在も整備中



◆参考資料、引用元
ささしまライブ公式サイト
毎日新聞 名古屋 「ささしまライブ」 まちびらき宣言




◆過去の記事
→2017年4月19日投稿 【竣工】 グローバルゲート 高層タワー (名古屋プリンスホテルスカイタワー)
→2017年4月22日投稿 グローバルゲート 大和ハウス名古屋ビル











■概要 
・名称  グローバルゲート
・所在地 愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60番7 
・階数  高層タワー:地上36階、地下2階建て 
     大和ハウス名古屋ビル:地上17階、地下2階建て
・高さ  高層タワー:170m (軒高159.96m) 
     大和ハウス名古屋ビル:約90m(建築計画の概要:88m)
・構造  鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造 
・敷地面積 17,267.00㎡(グローバルゲート全体) ※公式資料:約17,200㎡
・建築面積 11,272.08㎡(グローバルゲート全体) ※公式資料:約11,300㎡
・延床面積 156,857.39㎡(グローバルゲート全体)公式資料:約157,500㎡
・着工  2014年10月2日 
・竣工  2017年3月31日
・設計  竹中工務店 
・建築主 ささしまライブ24特定目的会社(豊田通商、大和ハウス、日本土地建物、名鉄不動産) 
・施工  竹中工務店 
・最寄駅 ささしまライブ 




グローバルゲートは「高層タワー(名古屋プリンスホテルスカイタワー)」、「大和ハウス名古屋ビル」の2棟の超高層ビルから成り立ち、低層階に商業施設が入っています。
高層タワーの31階から37階に合計170室のプリンスホテルが名古屋初進出で入居し、正式名称は名古屋プリンスホテルスカイタワーとなっています。






2017年10月5日に開業したグローバルゲートの都市型商業施設です。








商業施設中央に配置された吹き抜け空間の「オープンエアプラザ」です。






グローバルゲートに入っているテナント一覧です。
東隣に建つマーケットスクエアささしまを運営する東急不動産SCマネジメントが運営しています。

グローバルゲートShops&Restaurantsのコンセプトは「GREEN STYLE(グリーン スタイル)」で、施設面積約9,200㎡(約2,700坪)となる1階~4階の商業ゾーンには、暮らしを彩るライフスタイル雑貨、こだわりのレストランやカフェ、生活を豊かにするサービス店舗などが入ります。









随所に緑化が施されています。









3階には大きなテラスがあり、テラスに面した商業施設へ出入りできる大開口があります。
非常に大きな開口部でとても開放的な空間です。









都市型商業施設の屋上にある屋上庭園の「二十四節季ガーデン」です。
階段状のデッキや様々な種類の植物が植えられている屋上緑化が特徴的です。







都市型商業施設屋上の「二十四節季ガーデン」です。










蝶がいました。
蝶の種類によって好む花や植物の種類があるようですが、ここはそのようなことを意識して植物の種類を選んだのでしょうか。
ちなみにモンシロチョウはキャベツに集まってきたりします。








屋上庭園南側にある「グリーンウォール」です。
プランターユニットを平面的にずらし重ねることで印象的な空間を演出されており、プランターのすき間からは光と共に風が吹き抜ける空間となっているようです。

また、緑化技術と太陽光発電システムがハイブリットに構成されており、独特なデザインとなっています。





「グリーンウォール」に設置されたプランターユニットや太陽光発電システムです。










屋上には農園もあります。
屋上では環境学習や食育体験ができる本格的な農園が配置され、穫れた野菜をレストランで提供したりするようです。








屋上にも店舗があります。








屋上庭園からはささしまライブの高層ビル群を見渡せます。









屋上庭園に設置されている屋外階段はカンチレバー構造で柱が無く、ガラス張りで美しいですね。







3階にはブリッジのような渡り廊下があります。
色つきガラスや天井の木格子がなかなか良い雰囲気でした。






オープンエアプラザです。
木々が美しく、緑豊かな広場を都会的な商業施設が囲います。









トヨタ系のカフェも出店しており、自動車が展示されていたりします。









グローバルゲートの北東の玄関口「ウェルカムプラザ」です。
こちらも吹き抜けに樹木が植えられています。








今回はここまでです。
次回、時間のあるときに第二段としてグローバルゲート周辺の開発を書きます。
最後はグローバルゲートの某所から見た薄の奥に建ち並ぶ名古屋駅前の超高層ビル群です。

奥まった場所にあるのでもしかしたら行ってない方もいるかもしれません、ぜひ見つけてみてください。



整理番号 まちづくり0002-01 (2017年10月11日投稿)

東岡崎駅周辺地区整備北東街区有効活用事業

東岡崎駅周辺地区整備北東街区有効活用事業は愛知県岡崎市の名鉄名古屋本線東岡崎駅北東側と乙川との中間地点で計画されている再開発計画で、レストランやカフェなどの飲食店舗やコンビニなどの物販店舗、ホテルなどの施設が整備されます。

東岡崎駅からはペデストリアンデッキで接続される計画で、駅から市内各所への移動に便利なレンタカーやレンタサイクルなどのサービスも行われます。
また、乙川沿いには明代橋公園も整備され、単なる交通結節点としてだけでなく、、市民の交流・生活拠点を創出し駅周辺の活性化を行うものとされています。




◆参考資料、引用元
岡崎市 北東街区有効活用事業
内田やすひろの政策日記 「東岡崎駅周辺地区整備 北東街区有効活用事業」の概要決定!




higasiokazakiseibi20170002.jpg








2017年9月現在の東岡崎駅周辺地区整備北東街区有効活用事業の計画地です。
まだ更地となっており、ここに地上9階建て、高さ33.4mのホテル棟と地上5階建て、高さ16.8mの北店舗棟・駐車場棟、地上3階建て、高さ11.4m の南店舗棟が建設されます。
20170903162031272.jpg




更地ですが、既に特定事業のお知らせ板が設置されています。
工事着手時期については明記されていませんでしたが、説明会も開催済みなのでそろそろ着工されることでしょう。
20170903162034476.jpg




乙川です。春には葵桜の名で愛される河津桜並木が美しく、岡崎城と並んで観光地としても名を挙げます。
この乙川沿いにカフェやレストランが入る北店舗棟・駐車場棟が建設されますから、桜が満開になる春には大変賑わうものと思います。
20170903162041136.jpg






徳川家康の産土神として江戸幕府の厚い保護を受け、安産の神様で有名な六所神社です。
鳥居が名鉄名古屋本線の踏切手前にあるちょっと不思議な神社です。
20170903162148946.jpg

整理番号 まちづくり0001-01

検索フォーム

プロフィール

きりぼう

Author:きりぼう
超高層ビル、沿線開発、都市開発巡りをしております、きりぼうです。

このブログでは主に、超高層ビルをメインとして、都市開発、鉄道高架化事業、都市景観、区画整理事業、風景写真を載せていこうと思ってます。

よろしくお願い致します。


Profile:
・22歳男子大学生
・愛知県瀬戸市在住
・瀬戸西高校→愛知淑徳大学 建築4
・趣味は写真、散歩
・性格は優しめの職人気質
・好きな食べ物は焼きそば、ラーメン、甘い物

最新記事

名古屋(名駅、栄、伏見etc.)の超高層ビルを含む再開発 MAP 2017秋進行中の開発情報 Nov 24, 2017
栄タワーヒルズ Nov 23, 2017
ロイヤルメドゥ香里園タワー Nov 22, 2017
住友不動産御成門タワー Nov 22, 2017
錦二丁目7番第一種市街地再開発事業 Nov 21, 2017
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト Nov 21, 2017
中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。) Nov 20, 2017
Tステージ岡崎ウイングタワー Nov 20, 2017
プレミスト千早タワー ツインマークス エアタワー Nov 19, 2017
アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 Nov 19, 2017

カテゴリ

PR

PR

賃貸物件

PR

老人夫婦

閲覧者数 2016.03.25-