日進赤池箕ノ手土地区画整理事業 (日進赤池ヒルズ)

日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)は愛知県日進市の赤池駅南南側で行われている土地区画整理業で40.56ヘクタールもの広大な森林を開発し、大型商業施設と新興住宅街にする計画です。





◆過去の記事
→2014年5月20日投稿 日進赤池箕ノ手土地区画整理事業 (日進赤池ヒルズ)
→2015年2月5日投稿 日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)












■概要
・名称   日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)
・開発面積 40.56ha (405,552.52㎡)
・着工   2009年度
・完工   2018年度予定
・総事業費 111億2000万円
・計画戸数 1,440戸
・計画人口 3,510人
・施工   徳倉建設
(2015年6月28日撮影)





北側から見た日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)のアリオ建設予定地です。
事業地の北西側にはイトーヨーカドーのショッピングモール版である「アリオ」ができます。








西側から見たアリオ建設予定地です。








数年後にはここにズラリと新興住宅が建ち並ぶ予定です。







現在は荒れ地となっていますが、ここには調整池ができます。
また、奥の森は宅地となる計画です。







一部、既存の住宅地が短冊状に残されていたりします。
ここは街路が通り、宅地化されます。







都市計画道路赤池箕ノ手中央線です。
日進赤池ヒルズのメインストリートの一つになりますが、残るは舗装するだけとなってます。







反対側も整備が進んでいました。
こちらは掘割が完成しています。








更に進むと狭い畑があります。
ここも宅地化されるようですが造成がまだ始まっていないので今後どうなるのか気になります。






「緑のトンネル」はどうなるのでしょうか。








奥の森の右端あたりに大きめの公園ができる予定です。







こちら側は完全な住宅街となります。









開発予定地に咲く、ひまわりです。
もう夏なんですね…






南側から見た日進赤池ヒルズです。
ここにはアリオと戸建て街が建ち並ぶ予定です。







造成地とマンションの間からは御嶽山も望めました。









一部ではこの陽に道路が開通し、交差点の信号機も機能していました。








交差点より南側はまだ造成中でした。






反対側の北側に振り向くと赤池駅があります。
赤池駅は名鉄豊田線と名古屋市営地下鉄鶴舞線が通っており、豊田まで一本、伏見まで一本という利便性の高い立地となっています。
ちなみに栄と名古屋駅は途中で乗り換えが必要となります。






元々は森だったここの細い道からの景色も大きく変わり、今は造成地が広がっています。







数年後、どの様な街並みになるのか楽しみですね。


整理番号

スポンサーサイト

日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)

日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)は愛知県日進市の赤池駅南南側で行われている土地区画整理事業で40.56ヘクタールもの広大な森林を開発し、大型商業施設と新興住宅街にする計画です。




◆公式サイトへのリンク
→日進赤池ヒルズ公式サイト



◆過去の記事
→2014年5月20日投稿 日進赤池箕ノ手土地区画整理事業 (日進赤池ヒルズ)












■概要
・名称   日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)
・開発面積 40.56ha (405,552.52㎡)
・着工   2009年度
・完工   2018年度予定
・総事業費 111億2000万円
・計画戸数 1,440戸
・計画人口 3,510人
・施工   徳倉建設
(2014年12月8日撮影)





北西側から見た日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)です。
事業地の北西側にはイトーヨーカドーのショッピングモール版のアリオができます。






アリオ出店計画地であることを示す看板です。








南東側から開発途中の日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)を見てみました。
奥にはまだ竹林が残っていることがわかります。






日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)南東側から赤池駅の西側を見た様子です。
荒涼とした土地の奥にマンションがポツリと建っています。







日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)南部には既存の新興住宅地があります。








こちらも方も開発されるようですが、まだまだ手付かずでした。
ちなみに撮影している場所あたりが日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)の中心部あたりでまだ工事は北側がメインで南側行われていなさそうでした。






こんな荒涼とした場所に数年後は大規模な新興住宅地ができると思うと胸熱です。
今後どのように開発されていくのかかなり興味があります。





 
ここには南北縦方向の住宅地内道路ができます。








反対側には竹林と廃墟っぽい建物があります。











現地の看板にはこの様に工事状況がわかる写真が貼られていました。








日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)の中心部です。
この目の前に豊田西バイパスへ伸びる大通りができる予定です。(計画図を見ると交差点はできなさそうです)







現地看板に貼られていた施工図です。
桃色に塗られ、宅地整形と書かれた下のバツ印のあたりから地図の左方向に上の写真は撮影しています。








ここには大通りができます。
赤池方面は結構整地されていました。









対して南側は、まだ木が伐採されたばかりでこれから整地という感じでした。







まっすぐぬかるみのあるあぜ道をゆっくり進むと雑木林に囲まれた小さな畑がありました。
日進市の都市計画図を見る限り、ここは写真と直角方向に街路ができ、宅地にされるようですが、よくわかりません。








もの凄い竹林です。
本当にこんな所が住宅街になるのでしょうか。。








日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)の中心部からアリオの計画地を見た様子です。







日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)の西側から見たアリオの計画地です。








北側の街区は最寄り駅の赤池駅まで直ぐです。
赤池駅は名古屋市営地下鉄鶴舞線と名鉄豊田線の駅で、鶴舞線は都心の丸の内と伏見まで一本で行くことができ、豊田線は名前の通り、トヨタ自動車の本拠地、豊田市まで一本で行くことができ、アクセスは結構いい場所です。









ミッドランドスクエアから見た日進市方面です。
右真ん中辺りの森が日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)の開発用地南側です。
今回は日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)の南半分をあまり撮影できなかったので次回は南半分もしっかり撮影して来ようとおもいます。


整理番号 日進-0001-02

【日進市】プラセシオン赤池?

日進市の赤池駅北側でマンション計画が出ました。
丸美産業の地上15階建てのマンションです。











■概要
・名称  不明 (プラセシオン赤池?)
・所在地 愛知県日進市赤池2丁目103番他
・階数  地上15階階建て
・高さ  45.50m
・構造  不明
・総戸数 不明
・敷地面積 2,105.44㎡
・建築面積 811.86㎡
・延床面積 7,171.77㎡
・着工  2014年6月2日
・竣工  2015年2月15日
・建築主 丸美産業
・施工  未定
・最寄駅 赤池






建築計画の概要です。
着工は2014年6月2日になっていますが施工者は未定でした。
現在、全国的に建設作業員の不足が多々あるようですがここもまだ決まっていませんでした。






南側から見たマンション予定地です。
赤池の丘の中腹に立地します。







数年後には赤池駅南側にイトーヨーカドーのショッピングモール版であるアリオが数年後に完成する予定で赤池駅から名古屋の都心まで地下鉄鶴舞線が通る好立地です。



整理番号N-0002-01

日進赤池箕ノ手土地区画整理事業 (日進赤池ヒルズ)

日進赤池箕ノ手土地区画整理事業は愛知県日進市の赤池駅南南側で行われている土地区画整理事業で40.56ヘクタールもの広大な森林を開発し、大型商業施設と新興住宅街にする計画です。





→日進赤池ヒルズHP 










■概要
・名称   日進赤池箕ノ手土地区画整理事業(日進赤池ヒルズ)
・開発面積 40.56ha (405,552.52㎡)
・着工   2009年度
・完工   2018年度予定
・総事業費 111億2000万円
・計画戸数 1,440戸
・計画人口 3,510人
・施工   徳倉建設








■日進赤池ヒルズ街区図





開発中の日進赤池ヒルズを北側から見た様子です。地下鉄鶴舞線赤池駅に最も近い、北側の街区には商業施設が並ぶ予定です。









トヨタ西バイパスから西側に向かう大通りがここにはできます。
既に、マンホールが設置されていました。




開発中の日進赤池ヒルズを西側から見た様子です。
日進赤池ヒルズの北側の街区には東海地方初出店となるイトーヨーカドーのショッピングモール版である「アリオ」が建設されます。
ここ最近、愛知県内では東郷町の「ららぽーと」や長久手市の「IKEA」など新たに大型商業施設の建設計画が次々と出てきており、郊外の開発が進んでいます。






既存の道路はここで終わりになっていますが将来的に日進赤池ヒルズの街区まで接続されるのでしょうか。






巨大な土管?のようなものが転がっていました。土管は身近なものだとドラえもんの空き地に出てきますがそれの数倍の巨大なものでした。





日進赤池ヒルズを南北に貫く大通りの現在の様子です。
少しずつ道路としての形になってきました。







日進赤池ヒルズから赤池駅方面を見た様子です。
横長のマンションはベリスタ赤池でこのマンションのあたりに地下鉄の入り口があります。






街区を南北に分ける道路の現在の様子。
現在は北側のみ開発が進んでいますが今後、この道路より南側も開発される予定です。






南北を隔てる道路から北側街区を見る。






現在、南側の街区は気が生い茂っていますが数年後には新興住宅街へと変貌します。






こんなとんでもない場所が住宅街になるという事が想像がつきません(笑)、






日進赤池ヒルズの中心部あたりです。
中心部は住宅街と公園になります。






現在は竹が生い茂っています。
赤池駅前というと地下鉄も通じており、都会というイメージでしたが駅から数分歩くとこのような感じです…







この様に、柵で仕切られている場所とそうでない場所がありました。








木が完全に切り倒されていました。






oh…もの凄く衝撃的な光景でした。
名古屋では戸建て思考が強く、都心にタワーマンションが余り建たず、現在もこの様に山を切り開いて都市開発が進んでいます。
もう少し都心に近い場所でタワーマンションが建てばこの様に山を切り開く必要性はないと思いますが、この様に山を切り開いてまで都市開発が行われるという事は名古屋は都市圏がまだまだ広がるという未来があるということなのでしょうか。。。







こちらの平地も宅地化されます。
2018年の日進赤池ヒルズの完成が待ち遠しいですね!!
4年後の2018年にどの様な街になっているのでしょうか!!






整理番号 N-0001-01

検索フォーム

プロフィール

きりぼう

Author:きりぼう
超高層ビル、沿線開発、都市開発巡りをしております、きりぼうです。

このブログでは主に、超高層ビルをメインとして、都市開発、鉄道高架化事業、都市景観、区画整理事業、風景写真を載せていこうと思ってます。

よろしくお願い致します。


Profile:
・22歳男子大学生
・愛知県瀬戸市在住
・瀬戸西高校→愛知淑徳大学 建築4
・趣味は写真、散歩
・性格は優しめの職人気質
・好きな食べ物は焼きそば、ラーメン、甘い物

最新記事

名古屋(名駅、栄、伏見etc.)の超高層ビルを含む再開発 MAP 2017秋進行中の開発情報 Nov 24, 2017
栄タワーヒルズ Nov 23, 2017
ロイヤルメドゥ香里園タワー Nov 22, 2017
住友不動産御成門タワー Nov 22, 2017
錦二丁目7番第一種市街地再開発事業 Nov 21, 2017
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト Nov 21, 2017
中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。) Nov 20, 2017
Tステージ岡崎ウイングタワー Nov 20, 2017
プレミスト千早タワー ツインマークス エアタワー Nov 19, 2017
アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 Nov 19, 2017

カテゴリ

PR

PR

賃貸物件

PR

老人夫婦

閲覧者数 2016.03.25-