東京夜景~Tokyo Night Scene~

多忙なので本日は簡単に載せます。
東京の夜景です。都庁やその周辺の展望台から撮影しました。
市街地の面的な広がりと都心部の密度の高さから、世界一の大都市圏として機能しています。
リニア新幹線が開通すると、東名阪の大都市圏が繋がり、世界にも類を見ないほどの超巨大都市圏が完成します。
DSC07610.jpg







DSC07618_20171110005036e7e.jpg








DSC07615.jpg







DSC07620_20171110005039ae0.jpg








DSC07630_201711100050398d0.jpg








DSC06364_201711100050354d6.jpg

整理番号P-0095-01

スポンサーサイト

Halloween 2017 NAGOYA SAKAE

昨日、10月31日はハロウィンでした。
ハロウィンはもともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でしたが、現代ではアメリカなどで子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習があります。
そのことから、日本でも若者がコスプレをして楽しむという一種のお祭りのようなものになっています。

東京では渋谷、大阪では道頓堀、そして名古屋は栄を中心にコスプレなどの仮装をした人たちが行き交い、大変なにぎわいを見せます。
名古屋では特に栄のオアシス21に仮装した若者が集い、大変なにぎわいを見せていました。



DSC09397.jpg






オアシス21に飾られていたかぼちゃ。。
ここ3、4年でハロウィンはかなり定着したと思います。
DSC09322.jpg




マクドナルドの某あの人たちの仮装をした人もいました。
DSC09346.jpg






オアシス21は地下と地上を吹き抜けでつなぐ構造の施設のため、地上からこのように覗き込むようにして下の様子を眺め事ができます。
DSC09356.jpg






だんだん人が増えていきます。
DSC09359.jpg








怪獣や女子小学生いわゆるJSのコスプレもいます、。
DSC09372_20171031233012c8d.jpg





18時から18時半にかけて急激に人が増えてきました。
参加しているのは10代後半・高校生から20代前半の大学生、新社会人くらいの年齢層で若者の熱気で溢れました。
DSC09377_201710312330142c6.jpg






本来、顔出しNGですが、適当に編集して載せます。
ハロウィンではこのように全然知らない人と写真を撮ったり、お喋りをして楽しむことができ、非日常感を味わえます。
DSC09391.jpg






19時過ぎにピークを迎え、オアシス21は満員御礼状態に。
スタバの中にも仮装した人々がなだれ込んでいきます。
もうめちゃくちゃな状態で非日常的すぎて面白いですね。
DSC09394.jpg





20時過ぎにピークを迎えたのち、オアシス21に収容しきれなくなってきて、遂には大階段、上の公園まで人があふれだしました。
ハロウィンといえば渋谷のスクランブル交差点を中心とした渋谷の仮装若者の大群が有名ですが、名古屋・栄のオアシスも負けず劣らず若者の熱気に包まれました。
来年は更に2倍、3倍と人が増え、オアシス21から大階段、公園、そして久屋大通公園、もちのきの広場からまた地下へ潜り、オアシスへという人の流れや循環が感じられるような会場になっていったらと思います。
DSC09398.jpg


整理番号P-0094-01

名古屋港ポートビルから見た伏見、栄、金山等

少し前に投稿した名古屋港ポートビルから見た景色の続きです。
多忙で時間が無いため、少し簡単にまとめたいと思います。






DSC08107_20171028012127d42.jpg







名古屋港ポートビルから見た金山・栄方面の景色です。
現在は金山南ビルや名古屋テレビ塔が目立ちますが、丸栄・栄町ビルの再開発や中日ビルの再開発など複数の再開発計画が出ており、リニア開業を期に建設ラッシュが起こる見込みです。
DSC08098.jpg





納屋橋から伏見界隈の景色です。
真っすぐに伸びる道路が印象的でした。
DSC08095.jpg






鶴舞から熱田、千種方面の景色です。
名古屋駅前の超高層ビルが200m級の超高層ビルのため、100m~200mほどの一般的な超高層ビルはあまり目立たないですが、こうして拡大してみると結構高いですね。
DSC08074.jpg


整理番号P-0093-02

名古屋港ポートビルから見た名古屋駅前の超高層ビル群

少し前に名古屋港にある「名古屋港ポートビル」に行ってきました。
2年半前くらいに撮影した時にはそれほど超高層ビル群は迫力が無い状態でしたが、この2年半で超高層ビル群の密度が高まり、かなり都会的になっています。

→2015年1月23日投稿 名古屋港ポートビルから見た景色





DSC08088.jpg





名古屋駅から伏見、栄方面にかけての超高層ビルや高層ビル群です。
御園座や納屋橋の再開発も行われたため、前と比較するとかなり高層ビルの密度が高まった印象です。
東京や大阪と比較するとまだまだ超高層ビルの総数が少ないですが、それでも三大都市圏の名に恥じない都市景観になりつつあります。
DSC08082.jpg






名古屋駅西側、駅西エリアに建ったベルヴュオフィス名古屋(名鉄イン名古屋駅新幹線口)も含めた名古屋駅前の超高層ビル群です。
ベルヴュオフィス名古屋(名鉄イン名古屋駅新幹線口)は地上23階建て、高さ93.520mと高さは100m近い超高層ビルですが、ミッドランドスクエアやJRセントラルタワーズの目の前では小さく感じます。
リニア開通を機に駅西の駅前も再開発で200m級の超高層ビルやホテルが建つと良いですね。
DSC08090.jpg






中村区や中川区には住宅街が広がります。
東京でいえば東側の江戸川区や足立区のような平野の下町で、駅前の再開発もそれほど進んでいません。
以前、地下鉄金山線が計画されていた時には西の起点として中川区の戸田駅が計画されていましたが、現在は白紙になってしまったようです。
ちなみに戸田駅南側は田園地帯が広がり、まだまだ開発余地があります。
仮に地下鉄が開通すると大化けするかもしれませんね。
DSC08091.jpg






最後は名古屋駅から伏見、栄、金山にかけての名古屋都心部です。
名古屋駅前の超高層ビル群だけを抜き取ると、ロサンゼルスの超高層ビル群にそっくりです。
また時間があれば伏見や金山、栄方面の景色も載せたいと思います。
ロサンゼルスの超高層ビル群
DSC08107.jpg


整理番号P-0093-01

向野橋から見た名古屋の超高層ビル群

名古屋駅の南、ささしまライブから徒歩10分程の場所に向野橋(こうやばし)というJR名古屋車両区を渡るための橋があり、その端からはささしまライブから名古屋駅まで広がる超高層ビル群を眺めることができます。




DSC07292.jpg





10月5日にオープンするささしまライブのランドマーク「グローバルゲート」の建つささしまライブ24地区に拡大します。
中央の超高層ビルが「グローバルゲート WESTタワー(名古屋プリンスホテルスカイタワー)」で地上36階、地下2階建て、高さ170m (建築物高さ159.96m) の超高層ビルです。
→2017年4月19日投稿 【竣工】 グローバルゲート 高層タワー (名古屋プリンスホテルスカイタワー)

右側のベージュ色の高層マンションは「ロイヤルパークスERささしま(地上19階建て、高さ59.525m)」で、その奥の鉄塔は「中京テレビ放送新社屋(地上11階、塔屋1階建て、高さ159.29m(建物高さ60.90m)」です。
ささしまライブ24は名古屋の新都心のような雰囲気の街並みとなっており、グローバルゲートやZeep Nagoya、マーケットスクエアというような商業施設のみならず愛知大学など研究教育機関もあります。
DSC07301.jpg






向野橋を渡り終えて北側から見た名古屋駅方面の景色です。
この数年で景色は一気に変わりました。
2020年以降は名鉄名古屋駅の再開発やノリタケ工場跡地の再開発が行われ、2027年リニア開通まで更に超高層ビルが増えるかもしれませんね。
DSC07310.jpg






少し名古屋駅前の超高層ビル群にズームしてみます。
左側からルーセントタワー、ほとんど隠れてしまっていますがJPタワー名古屋、JRゲートタワー、JRセントラルタワーズ、大名古屋ビルヂング、ミッドランドスクエア、シンフォニー豊田ビル、モード学園スパイラルタワーズです。
DSC07311.jpg







向野橋から反対側、西側を見てみます。
名古屋周辺の均衡エリアは市内の地下鉄線沿線と三河方面以外、駅前の超高層マンションが少なく、尾張地方の地上の鉄道沿線エリアでの駅前再開発や超高層マンションの建設が待たれます。
また、都心近接エリアにはこのような車両基地など広大な敷地が残っている場所もあり、東京品川の車両基地と同様に大規模な再開発が行われる可能性もあります。
DSC07317.jpg

整理番号P-0092-01

庄内川のほとりから名古屋駅前の超高層ビル群

ネットで話題の大いなる田舎名古屋の画像でよく使われる場所です。
川沿いはごく普通の住宅街となっており、庄内川の堤防内のみ畑が広がります。
何だか不思議な光景ですね。
ちなみに最寄り駅は二ツ杁駅です。
それにしても下のリンク画像の時代より超高層ビルがかなり増えましたね。
https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggE_lsMT7eyJmr_SnD7mPMnQ---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-13143102953


DSC06881.jpg






畑だけでなく、農機具を収納しておく掘っ立て小屋や既存樹木もあり、ちょっとした集落のような雰囲気です。
名古屋駅前の超高層ビル群と田舎?田園地帯?畑?・・・異世界感半端ないですね。
DSC06874.jpg






ここは一体どこでしょう・・・本当に名古屋なんでしょうか。
DSC06857.jpg





畑の背後に200m級の超高層ビル群。
そのような光景を見られる場所は日本国内ではここだけでしょう。
DSC06844_201709270116378e0.jpg






もう少し東へ移動すると整備された河原、河川敷の芝生広場の向こうに名古屋駅前の超高層ビル群が望め、大都市近郊の自然豊かな公園といった雰囲気になります。
ネットの画像に騙されて名古屋駅すぐのところに田舎が広がっていると誤解されている方がいるかもしれませんが、こういうからくりでした。
DSC06821.jpg


整理番号P-0091-01

東山スカイタワーから見た景色6 安城、刈谷、知立、岡崎方面の景色&チッタナポリも見える!

今回はスカイタワーから見た安城市、刈谷市、知立市、岡崎市の三河方面の景色と知多半島の先端にあるチッタナポリ方面の景色を載せます。

愛知県名古屋市千種区の東山公園に建つ展望塔である東山スカイタワーに行ってきました。
ここからは名古屋駅前の超高層ビル群のほか、養老山脈、北は岐阜、御岳山、南は刈谷、安城、東は豊田、岡崎まで眺めることのでき、タワーの高さは134mもあります。
ちなみに入場料は大人300円、65歳以上の名古屋市在住者で100円となっています。




スカイタワーから見た愛知県安城市方面の景色です。
安城市の中心、安城駅北側には「ゼルクシティ安城」というツインタワーのタワーマンションが建っており、25階建て、高さ90.0mの「シンシアフォート B棟 (SB棟)」と24階建て、高さ86.1mの「ネクサスフォート B棟 (NB棟)」の高さ約90mの二棟の超高層タワーマンションが隣接して建っています。

また、駅南東側には22階建て、高さ68.26m (軒高66.66m)の「アルデァ (ARDEA)」が建っており、駅周辺には商業集積された街並みとタワーマンションが連なるため都会的な景観を持ちます。
そういえば愛知県内でツインタワーのタワーマンションが建っている場所がこの安城くらいしか思いつきませんが、他にどこかあったでしょうか。
DSC02865.jpg





同じく安城市の三河安城方面と、手前の知立市方面です。
三河安城は東海道新幹線の三河安城駅があり、在来線の駅もあるため周辺には高層マンション群が形成されています。

三河安城の手前には知立市の知立駅前で建設中のエムズシティ知立ザ・タワー(地上21階建て、高さ約70m(高さ推定/詳細不明))が建設中で、名鉄名古屋本線の知立駅は三河線との分岐駅で、豊田市方面と刈谷市、碧南市方面へ分岐する名鉄のターミナル駅の一つとなっており、一日平均乗降客数も32,152人(2015年度)と名鉄全駅で9位となっています。

少し前まで知立駅は8位でしたが、2015年度に名鉄大曽根駅の一日平均乗降客数が32,936人と激増してきたため、9位に順位が転落しています。
DSC02866.jpg






名古屋都市圏の東端に位置する岡崎市方面です。
実際は更に東、豊橋市までは名古屋の通勤圏ですが、市街地が田園地帯によって分かれながらも近い距離で隣接しているのはこの岡崎市までで、岡崎を越えると山間部が広がります。

岡崎市は八丁味噌が有名な都市で、味噌煮込みうどんや味噌カツなどが名古屋名物のため、東京や大阪では味噌=名古屋と思われる方が多いですが、味噌といえばこの岡崎市です。
現在は東岡崎駅周辺で都市開発が行われているほか、岡崎城公園北側には岡崎タワーレジデンスと岡崎ウィズスクエアの二棟の超高層タワーマンションが建設されています。
DSC02851.jpg






今、勢いのある刈谷方面の景色です。手前には特徴的な形状をした鳴海給水塔や奥の方には渥美半島の大山も確認することができます。

刈谷市の中心、刈谷駅前には「アルバックスタワー刈谷駅前(23階建て、高さ82m)」というタワーマンションが建っており、駅周辺も再開発され、イベント広場の「みなくる広場」も整備されています。
このみなくる広場は屋根付きの屋外ステージも設置されており、ダンスやバンドなどの屋外コンサートも開けます。

個人的には駅前で屋外ライブが開けるような駅を都会だと思っており、刈谷もついに都会?になりました。
また、現在、刈谷駅北口でも再開発が計画されており、20階建て、高さ70.5mのタワーマンション兼複合施設が2020年完成予定で計画されています。
刈谷市議会議員 さはらみつやす 1)刈谷駅北口が大きく変わります。
DSC02872.jpg






おまけで知多半島方面の景色です。
東山スカイタワーから知多半島先端付近の師崎まで約50kmほどありますが、その師崎に建つチッタナポリA棟 ナポリタワー(34階、高さ111m)を確認することができました。

更に東山スカイタワーから67km離れた三重県鳥羽市の神島も確認でき、夏でありながら非常に視界の良い日であったことが分かりますが、まさか67km先まで見渡せるとは思っていなかったので大変、驚きました。
DSC02874.jpg

整理番号P-0089-06

インスタ映えするお皿を選びにいこう!焼き物の街瀬戸市の風景写真・せともの祭り2017

少し前からインスタ映えという言葉が流行しています。

写真共有サービス・SNSの「Instgram」(インスタグラム)に写真をアップロードして公開した際にひときわ映える、見栄えが良い、という意味で用いられる表現らしいですが、投稿写真は友人との思い出写真や風景写真、作った料理の写真など様々です。


今回は料理やスイーツなど盛り付ける際に使うお皿をインスタ映えするように、焼き物のまち愛知県瀬戸市にお皿を選びにいこうと題しまして、瀬戸の風景写真を載せます。







愛知県瀬戸市の尾張瀬戸駅周辺には陶磁器店が数多くあり、お店にはインスタ映えに一役買ってくれそうなお皿がズラリと並んでいます。
更に2017年9月9日、9月10日には瀬戸物のお祭り「せともの祭り」が開催されます。

駅周辺で歩いていける範囲で行われるので、大きめのキャリーバッグを持って電車で買いに来られるのをおすすめします。
瀬戸市内の道路は名古屋とは違い非常に狭く、また、車で来た方がたくさん買えるから良いとしているネットの声もありますが、そもそもキャリーバッグに入らないほど買ってどうするの?と疑問に思います。

もし入りきらなければ宅配もありますし、東京などの都会では都心で買った大きな家電や商品を宅配なんてのは当たり前です。






尾張瀬戸駅(瀬戸駅)周辺は小規模な再開発が行われ、歩道のインターロッキング舗装もなされています。
南垂れの陽当たりの良い丘に昔ながらの住宅や商店、工場が建ち並ぶ景色が特徴的です。








一時代前の雰囲気が残る商店街です。
瀬戸市の中心には「銀座通り商店街」、「末広商店街」の二つの商店街があります。
こうした商店街はロードサイドショップが便利な車社会では歩く人も減り、シャッター街化が激しく何とも寂しいものです。

しかし今後は都市のコンパクトシティ化やモーダルシフトなどで歩く人が増え、このような商店街が復活を遂げる可能性があります。
商店街は店舗面積が小さく、置ける品数が少ないのがデメリットですが、高齢者目線でいえば店内を歩き回る必要性が少なく、買い物しやすいのではないかと思います。
そのような理由から、商店街に隣接した場所に大規模な高齢者住宅があれば良いかと個人的には思いました。









街路灯に掲げられた旗、良いですね。
陶都1000年。人口減少が著しい瀬戸ですが、新瀬戸駅周辺などの現代的な地域を再開発して東京郊外都市のような高密度な住宅を創り出し、鉄道を品野方面へ延伸して名古屋都心へ出やすい地域を増やせば沿線に宅地もでき、人口は増加するかと思います。









銀座通り商店街を抜けると、深川神社があります。そこそこ規模の大きい神社で就活の時にどうしようもなくなった際、助けていただいた神社です。

ここの神社、願い事が叶います。
もちろん、真面目に生活して積極的に行動しなければ何ともならないと思いますが、おすすめです。








名古屋近辺ではなかなか見られない狭い道路に急坂。
車が走りにくいというデメリットはありますが、雰囲気は抜群に良いですね。
趣味が写真の方が散策されると、こうした空間は本当に楽しいと思います。






駅前にある窯神橋です。
瀬戸市の橋は瀬戸物が用いられているものが多く、凝った意匠の橋が数多くあります。
実は橋巡りをするだけでも楽しい魅力的な街だったりします。
DSC01579.jpg





建物一つ一つは小さいですが、新旧様々な外観デザインの建物が並んでおり、表情豊かな街並みです。
DSC01584.jpg






尾張瀬戸駅北西側にこのような古い家屋も残っています。
こうした古い家屋は建て替えずに残して欲しいものですし、周囲の建物も純和風な建物にしなければいけないという建築協定や景観条例を作っても良さそうですね。

都市の魅力って何だろうと考えた際、自分は「多種多様な街並みが隣接しあっている都市で、誰もが使えるバリアフリーな公共交通移動手段が充実していながら、その土地の文化や歴史を感じられること」だと思います。
自然や歴史、文化(芸術)を感じ、放牧的な街並み、都会的な街並みが隣り合う、そんな都市が魅力的に思えます。
瀬戸市に足りないのはあとは「都会っぽさ」だけだと思います。



整理番号P-0090-01

検索フォーム

プロフィール

きりぼう

Author:きりぼう
超高層ビル、沿線開発、都市開発巡りをしております、きりぼうです。

このブログでは主に、超高層ビルをメインとして、都市開発、鉄道高架化事業、都市景観、区画整理事業、風景写真を載せていこうと思ってます。

よろしくお願い致します。


Profile:
・22歳男子大学生
・愛知県瀬戸市在住
・瀬戸西高校→愛知淑徳大学 建築4
・趣味は写真、散歩
・性格は優しめの職人気質
・好きな食べ物は焼きそば、ラーメン、甘い物

最新記事

名古屋(名駅、栄、伏見etc.)の超高層ビルを含む再開発 MAP 2017秋進行中の開発情報 Nov 24, 2017
栄タワーヒルズ Nov 23, 2017
ロイヤルメドゥ香里園タワー Nov 22, 2017
住友不動産御成門タワー Nov 22, 2017
錦二丁目7番第一種市街地再開発事業 Nov 21, 2017
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト Nov 21, 2017
中区丸の内3丁目709番東建ホテル計画 (※名称は未発表の為、管理人が暫定で付けています。) Nov 20, 2017
Tステージ岡崎ウイングタワー Nov 20, 2017
プレミスト千早タワー ツインマークス エアタワー Nov 19, 2017
アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 Nov 19, 2017

カテゴリ

PR

PR

賃貸物件

PR

老人夫婦

閲覧者数 2016.03.25-